SCP-781-JP
rating: +3+x

アイテム番号: SCP-781-JP
haunted-1309865_640.jpg

SCP-781-JPの画像

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-781-JPの周囲1kmはサイト-81██の管理下に置かれます。変装したセキュリティー担当者は一般人の侵入を阻止してください。

実験を行う場合は主任研究員である出洲博士の許可を得た上で、SCP-781-JPの敷地内に建設された臨時サイト-81██の実験棟で行ってください。なお、児童を利用した人体実験の際は倫理委員会の検閲を通過した後に実験の申請を行ってください。

SCP-781-JP内にいる児童の死亡が確認された場合、児童の戸籍調査を行い死亡扱いとなっているのかの調査が行われます。なお、2011年現在もこれらの状況に変動は見られないため、今後は裏付け調査のみが行われます。

追記プロトコル: 2012年現在、SCP-781-JP-1以外にも3体の実体が確認されています。実体の要求とそれに伴うSCP-781-JPの対応に関しては日本理事会とO5評議会の決定のより確定されます。

説明: SCP-781-JPは██県██市██町の郊外に位置する孤児院および孤児院を中心とした直径800m圏内の土地です。SCP-781-JPは2011年現在も通常の孤児院として運営されており、██市により1982年4月12日から正式に登録されている施設であると判明しています。建築物に使われている材木等には何ら異常性は見られず、通常の物品同様に損傷します。なお、建築業者などにも問い合わせたところ建物の設計図や建築記録の存在が明らかとなりました。しかし、これらの資料や記録、証言等には実際の現状と幾つか異なる点が見られ、SCP-781-JPに関連して発生する現象からも現実改変による歪曲された事象であると思われます。

外見や内部の構造は洋館を模した物であり、庭は遊び場、一階部分は食堂と勉強用の教室、二階部分は児童用の寝室(およそ5部屋、一部屋にベッドと勉強机が4つ設置されている。)として活用されています。

SCP-781-JP内部には一体の人型実体(以下、SCP-781-JP-1)と複数人の人間の児童が生活しています。なおSCP-781-JP-1に関しては頭部が奇蹄目ウマ科の生物、特にアラブ種の物と類似した特徴を有している頭骨に置き換えられているという特徴を有しており、その点を除いて対象の身体的特徴は通常の成人男性と大差はありません。しかし、SCP-781-JP-1を捕獲する試みなどは対象が透過する等の事象により成功しておらず、後述する異常性などからも高度な現実改変を発生させる個体であると予想されます。

SCP-781-JP内部の異常性は2段階に分けられ発生します。

s_Happy
SCP-781-JP内で生活している児童

1段階目の異常は内部に人間の児童(年齢、人種などに制限は無いと思われる)が侵入した際に発生します。児童がSCP-781-JP内部に侵入した場合、その時点で外部への脱出が不可能になります。これらの原因には不可視の障壁や空間のループなどが挙げられ、SCP-781-JP-1に連れてこられた児童のみがこの影響を受けます。この影響を受けた児童は平均で2年間、最長で8年間をSCP-781-JP内で生活し、その間はSCP-781-JP-1による一般教養などの教育や食事、衣類の提供が行われます。なお、この現象の発生に関して児童は何ら異変を感じてはおらず、一般的な現象であると認識しています。児童の数はこれまでに最大で36人が確認されており、全員の戸籍調査をした結果、追加される児童も含めて全員が実在する個人であることが判明しています。

これらの児童はSCP-781-JP-1によって不定期かつ頻繁に連れて来られており、これには対象が所有する自動車1が利用されます。現在、これの追跡は目標の消失などにより成功していません。

この期間が終了した場合、異常性は2段階目へと移行し、その時点でSCP-781-JP内で生活していた児童は例外なく全員が何らかの事象により死亡します。これらの事象に一貫性は無く、SCP-781-JP-1がこのプロセスに関与しているのかも未だ明らかとなっていません。

死亡した児童等に関してはSCP-781-JP内で死亡したと同時に戸籍上においても死亡したという記録が発生します。またそれに伴い、SCP-781-JP内で生活していた期間内でも本来の住居等で生活していた記録や証言、死亡したであろう地点には児童本人の痕跡や遺体が出現します。これに伴いそれらに関係する行政機関においても通常の事件同様に扱われる為、被疑者や関係者等も存在し、対象の逮捕とその後の裁判も問題なく行われます。なお、大半の被疑者はSCP-781-JP内で生活していた児童の親族であり、児童は被疑者の虐待によって死亡したと認識されています。

以下は確認された死亡原因の統計です。(なお、この統計は厚生労働省の発表している児童の死亡事件および事故案件の統計とは一致していません。)
窒息死 約1% この死因の場合、突如児童が倒れそのまま死亡するという現象が発生する。乳幼児の場合はSCP-781-JP-1が抱きかかえた状態でこれが発生すると思われる。
転落死 約3% この死因の場合、突如児童がその場から消失し直後上空から落下してくるという事象が発生する。
轢死 約7% この死因の場合、突如児童が不可視の物体による強い衝撃を受けるもしくは圧縮されることにより死亡する。圧死した場合、遺体には時たまタイヤ痕などが確認される。
凍死 約5% この死因の場合、児童はその場で突如しゃがみ込み、数時間後低体温症やその他の付随する症状により死亡する。この際、財団の職員などが保温処置などを行ったとしても一切効果が無く、死亡のプロセスは問題なく完了する。
溺死 約12% この死因に関しては2種類のケースが存在し、突如児童が空中に浮遊し水中で溺れた時と同様の挙動を見せるケースと後頭部を突如何らかの力によって押さえつけられそのまま溺死するケースが存在する。検死の際、肺の内部には河川や湖の物と思われる水と浴槽に使われたと思われる水が一個体ごとに確認された。
打撲や骨折に伴う内臓や脳の損傷 約15% この死因の場合、児童は突如何らかの力により全身を打撲、最悪の場合は腕、足、肋骨、頭蓋骨等を骨折するという重傷を負い死亡する。これらの症状に対し財団の医療班が治療を行ったが縫合や手術をした瞬間、容体が元に戻るという事象が確認された。
餓死・衰弱死 約57% 大半の児童は餓死、またはそれに付随して衰弱死する傾向にある。これらの事象は食事や栄養投与を行わせたとしても発生し、一度これらが発生した場合、急速に症状が悪化し死亡する。

SCP-781-JP-1はこれらの事象が発生している間は側でこれを観察しており、死亡を確認した後、例外無く速やかに全ての死体を焼却処分します。その後、新たな児童をSCP-781-JPへと連れてきた後、その他の児童と同様に衣食住の提供を行います。

補遺: SCP-781-JPは2003年10月24日に行われたサイト-81██への通信を切っ掛けに発見されました。当時、サイト-81██には詳細不明の救助要請と思われる通信を受信しており、クリアランスレベル3以上の職員のみが利用できる緊急伝達用通信が利用されたためすぐさま財団諜報部が逆探知を開始しました。結果、SCP-781-JPの所在が判明し、後の調査によりこれらの通信がSCP-781-JP-1によって行われた物であったと判明しました。なお、この時点でSCP-781-JP-1はSCP-781-JPと児童の保護を要求しており、しかし前述の異常性により児童の移動が困難であった為SCP-781-JPに臨時サイトを建設することでこれを可能にしました。

SCP-781-JP-1は過去に█████・████という組織(SCP-781-JP-1は企業と証言)に所属しており、現在それらの組織から逃亡中であると証言しました。その為、敵対組織からの逃亡を確実な物とするため財団に救難要請を出したと予想されています。現在、SCP-781-JP-1は組織に関する情報を意図的に制限しており、インタビューに関しては全面的な拒絶を示しています。その為、組織やSCP-781-JP-1の全貌の把握には至っていません。

2011年現在も児童の出現と死亡は発生しており、異常性は継続しています。

以下はSCP-781-JP内で生活している児童に対して行ったインタビュー記録の抜粋です。

追記: 以下は事案781-JP-1-234に関する概要です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。