SCP-785-JP
評価: +51+x

アイテム番号: SCP-785-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 現代社会において、SCP-785-JPは一般人の会話から発生し得る存在となっています。SCP-785-JPを抑止する方法としてSCP-785-JPおよびそれに近い言動や考え方を否定する情報の流布が続けられていますが、確実な成果は上げられていません; SCP-785-JP(-2)を遠因とした有益な事例が継続して発生しているため、否定的情報に強い説得力を持たせることが困難となっているためです。

現在、SCP-785-JPへの対処法は、SCP-785-JPが異常な現象の発生源になるという情報の抑止が中心となっています。SCP-785-JP関連現象の第1段階に相当する情報が確認され次第、関与した人物への記憶処理と情報の隠ぺいが行われます。

SCP-785-JP関連現象の第2段階が発生している対象者Bの実例は、発見され次第、まずは監視の対象となります。対象者Bの収容や保護が必要と判断された場合は、強制的な拘束といった、SCP-785-JP-2による反発を招くような対応は控えてください。

説明: SCP-785-JPは会話中の発言です。発言をした対象者Aとそれを聞いた対象者Bが特定の人間関係にあり、その発言内容が特定の主旨に該当していたならば、その発言はSCP-785-JPとなります。発言内容において重要な要素はその主旨であり、その発言をSCP-785-JPとして成立させるにあたって、特別な言い回し等は必要ありません。

SCP-785-JPが発言された場合、最大で2段階の特異な現象が発生します:

SCP-785-JP関連現象 - 第1段階: 対象者Aは、SCP-785-JPを発言して1年以内の就寝中に、警察署で取り調べを受ける夢を経験します。どの夢の事例でも取り調べの担当者は共通の人物: SCP-785-JP-1であり、SCP-785-JP-1は非常に高圧的な態度で、対象者Aが本当にSCP-785-JPを発言したのかどうか、執拗に追及します。SCP-785-JP-1は取り調べの中で拷問器具を見せびらかし、身体的な刑罰や死刑を示唆する発言を行う等により対象者Aを脅迫します。

対象者Aが取り調べに対して明確な回答を行うことで、夢は終了します: 対象者AがSCP-785-JPの発言をはっきりと認めた場合、SCP-785-JP関連現象は次の段階へ進みます。発言の事実を否定した場合、この段階で特異な現象は終了します。

SCP-785-JP関連現象 - 第2段階: 対象者Aの死後、第2段階の現象が開始されます。なお、現在までに対象者Aの死とSCP-785-JPとの因果関係は認められていません。

第2段階においては「一定の」人物が、対象者Bの周囲に現れる対象者Aの姿: SCP-785-JP-2を視認するようになります。SCP-785-JP-2は基本的に、対象者Aの死亡時点よりも若い頃の姿で観測されます。例外なく、SCP-785-JP-2は口から大量の血を流していると報告されています。下顎が完全に欠損しているSCP-785-JP-2の実例も少なくありません。

SCP-785-JP-2を観測することのできる人物には、対応する対象者Bに憎悪や害意を抱いているという傾向が見られます: 記録によれば、前述の悪感情が強ければ強いほど、その観測者はより鮮明にSCP-785-JP-2を認識するようになり、またSCP-785-JP-2が「睨んでくる」「近づいてくる」等と主張するようになります。

[データ削除済]

なお、1件のSCP-785-JP関連現象における対象者AとBが1名ずつとは限りません。同じ対象者Bに複数体(多くは2体)のSCP-785-JP-2が観測されるケースも確認されています。


以降の情報は専門の研究人員や上級職員の他に、対象者Aの候補となった職員に対しても閲覧権限が与えられます。

注意: 通知を受けた職員は、必ず下記にアクセスしてください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。