SCP-788-JP
評価: +91+x

アイテム番号: SCP-788-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-788-JPの100m周辺は部外者の立ち入りを禁止し、18箇所に振動センサーを設置した高さ3mのフェンスによって隔離されます。侵入者を検知した場合、直ちに排除及び記憶処理を行ってください。
SCP-788-JPの境界の外側四隅には、直径・高さともに10cm程度の円錐型に形状を整えた塩を設置してください。また、14日間隔でSCP-788-JP内に塩300gの散布が行われます。
常時2箇所に設置された監視カメラによって状態が監視されますが、SCP-788-JPの範囲の増大が確認された場合、臨時に塩の散布を行ってください。

説明: SCP-788-JPは、██県██郡██村に存在する直径68mの円形の更地であり、その中央には一人分のものとみられる人間の白骨が半分地面に埋まる形で存在しています。
SCP-788-JP内部は一切の植物が自生せず、それにより目視によってSCP-788-JPの範囲を確認することが可能です。また、プロトコルが実施されなかった場合、SCP-788-JPの範囲が拡大し、その範囲に自生していた植物は同質量の土へ変化することが確認されています。

SCP-788-JP内に接近すると、範囲中央が震源であると思われる小さな地響きが繰り返し発生します。また範囲内に侵入した場合、前述の地響きは停止し約3秒後にSCP-788-JP中央方向から衝撃が発生します。実験によって、その際に侵入物体が受ける撃力は10kN・s前後であるという結果が算出されましたが、侵入した物体がSCP-788-JP内に留まっている限り衝撃は発生し続け、繰り返されるほどに大きくなります。その撃力の上限は判明していません。
十分な強度と重量を持った車両等で強引に侵入する事は可能ですが、中央付近に到達しても衝撃の増大以外に特筆すべき現象は発生しません。

SCP-788-JPは、蒐集院より委託されたオブジェクトの1つです。蒐集院がSCP-788-JPを発見した当時、SCP-788-JPは村内で『悪霊の縄張り』と呼ばれていました。その場所には基本的に住民が近寄ることはありませんでしたが、範囲拡大を防ぐために村内で独自に制定された対処法が村人たちによって実施されていました。神道に基づく一連の儀式を半年に一度行うというその手順は蒐集院にそのまま引き継がれましたが、財団がそれを継承した後、手順の一段階目を行った時点でも十分な効果が現れることが発見され、大幅に簡略化された現在の収容プロトコルに至りました。
現在██村は廃村となり、SCP-788-JPについて知る住民およびその子孫はいないものと考えられています。しかし、██村からは一部資料が発見され、当時の儀式内容と被害者の記録が確認できました。その中で、当初は現在よりも範囲が大幅に小さかった1という記述が残されていますが、蒐集院が発見した時点では現在とほぼ同等の範囲まで拡大していたと記録されています。範囲が拡大した時期・原因については明確な資料が発見されていません。

以下、Dクラスを用いた侵入実験記録です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。