SCP-7891-KO-EX
評価: +4+x
agfig6.jpg

栽培室で栽培しているSCP-7891-KO

アイテム番号: SCP-7891-KO-EX

オブジェクトクラス: Safe Explained

特別収容プロトコル: SCP-7891-KOの栽培地は、サイト-19内部、第7891番隔離施設内で常に高い湿度と光の遮蔽を行わなければなりません。栽培室には、対象の採取命令を受けたセキュリティクリアランスレベル4以上の職員のみが入室可能であり、採取者は常に防護マスクを着用しての作業を行い、作業が完了した後は全身を完全に消毒しなければなりません。採取されたSCP-7891-KOは第7891番収容室に収容されています。

補遺7891-KO-1: SCP-7891-KOはExplained指定され、これ以上特別な封じ込め手順は必要とされなくなりましたが、栽培室は残され、記憶処理剤の生成のための材料として栽培され続けています。

説明: SCP-7891-KO-EXは、一般的なマッシュルーム(Agaricus Bisporus)のような形状をしていますが、普遍的なマッシュルームと異なり非常に甘い香りを放っています。このキノコは18██年██月██日、「記憶を失う呪術」を使用する呪術師の噂を調査するため、エージェント・K████がアフリカに派遣された際にその噂の真相と共に発見・収容されました。後に、この呪術師一族は███不足のため断絶し、このキノコに関する噂も消失しました。このキノコの栽培地で発見された胞子は財団による輸送後、アフリカでの栽培地はすべて財団が派遣したエージェントによって破壊されました。

SCP-7891-KO-EXの一部を摂取する、その胞子を吸入するなどした場合、摂取した人物は最も新しい記憶を失います。記憶消失の影響範囲は摂取、吸入した量に応じて変化しますが、現在判明しているものでは、10gを摂取したり、2gの胞子を吸入すると、およそ1時間の記憶が消失します。

現在の財団の持つ技術では、対象がどのようにこのような効果を発生させるのかは解明されていません。 補遺7891-KO-2参照。

文書#7891-KO-01: O5への手紙
SCP-7891-KOの記憶消去の効果は本当に驚くべきものです。この効果を投与量などをうまく合わせることが出来た場合、既存の「後頭部強打による記憶消失の誘導」という、過激で副作用も強く、効果も薄い手法に代わる記憶処理剤の生成が可能になると思われます。
- ███████博士

文書#7891-KO-02: ███████博士の手紙の返信
███████博士、私達O5評議会は、あなたの意見に全面的に同意いたします。
しかし、まだ7891-KOがどのような効果を与え、この方法が安全であるかどうか、そして副作用が発生しないか、まだ調査の段階ににあるのではないでしょうか?十分な実験が行われた後、再び検討します。
- O5-7

補遺7891-KO-2: 19██/██/██に、新たに開発された技術を用いて、SCP-7891-KOを摂取する、胞子を吸入することで強力な █████████████と██████████、そして███████████████の化合物を生成し、ニューロンの逆成長を引き起こすことが発見されました。また、逆成長した神経細胞は、一切の副作用なしに再び育つということも判明しました。現在、この逆成長が記憶消失を引き起こす原因であると考えられています。

文書#7891-KO-03: O5評議会が科学部門に送信したメッセージ
SCP-7891-KOの記憶消失の原理が解明されたため、今後、SCP-7891-KOの栽培と使用を科学部門に一任します。科学部門では対象を利用して、記憶処理剤の生成を開始してください。
- O5-7

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。