SCP-792-JP
評価: +33+x
6.png

電源に接続したSCP-792-JP

アイテム番号: SCP-792-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-792-JPはサイト-81██の標準的Safeクラス物品収容ロッカーへ、施錠された専用ケースに入れた状態で収容されます。
SCP-792-JPを用いた実験を行う際はその内容を担当博士に事前報告し、承認を得た上で行ってください。実験に使用されたDクラス職員に関しては、任期が終了するまで定期的な聞き取り調査が行われます。

説明: SCP-792-JPは、███████社製"██████████(カラー:ホワイト)"に酷似したLED机上照明であり、後述する異常性を除いた主な差異として、製品型番などの表記が一切為されていない事、アームの可動域が大幅に広くなっている事が挙げられます。
通常製品と同様に、プラグを電源に接続してスイッチを切り替えることでLEDが点灯します。基本的には通常製品と同様に白色の発光が見られますが、LEDの光が届く中の一定範囲(範囲角度150°・LEDを中心に約6m、以下効果範囲と呼称)の中に一人の人間がいた場合、その光はやや青みがかった色に変わります。
効果範囲内にいる人間(以下被験者と呼称)は外部からの刺激に対しての反応が鈍くなり、効果範囲から外されるか照明が切られるまで放心状態が続きます。その状態の被験者に対して、任意の人間の過去の体験(以下、SCP-792-JP-1と指定)について話す事で SCP-792-JPの異常性が発揮されます。SCP-792-JP-1について一定の詳細な情報が語られた時点で異常性が発揮されると考えられていますが、その正確な基準は不明です。

SCP-792-JPの異常性が発揮された後、被験者はSCP-792-JP-1が自分の記憶であると思い込むようになり、それに付随して語られていないはずの情報を認識します。
また、その後被験者の本来の過去の記憶は、SCP-792-JP-1の時期の前後から徐々に喪失します。記憶喪失の速度は遅く、一ヶ月が経過した被験者は自発的に記憶の喪失に気づく事はありませんでした。但し、SCP-792-JP-1に関して何らかの矛盾を指摘した場合、記憶の喪失は急速に行われ、二週間後にSCP-792-JP-1を除く自分の記憶を全て失いました。
この時、SCP-792-JP-1の本来の体験者、及びそれを被験者に語った人間に対する影響は確認されませんでした。

実験の結果、SCP-792-JPによって任意の人間に特定の技能を習得させることは難しく1、また、誰の体験にも基づかない架空の体験談をSCP-792-JP-1として伝えた場合はSCP-792-JPの異常性は発揮されない事、最終的に死亡した人間の記録をSCP-792-JP-1として伝えた場合は被験者は死亡すること2が判明しています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。