SCP-796
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-796

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-796は機動部隊Mu-7(航江隊)によって追跡されねばなりません。部隊はSCP艦船ゴダイヴァ、公的にはアメリカ海軍艦船ダッキーを基地として活動しなければなりません。ゴダイヴァはミシシッピ川に停泊し、調査の度に#A632を行う必要があります。

SCP-796aは██████に移動されました。SCP-796bはSCP-796aが対象を変更するまで施設に留め置かれます。変更の際には、以前の対象は聴取を受け、対象となる前の任務を継続するよう移送されます。職員はみな新しいSCP-796bが発見され収容されるまで、何らかの影もしくは大型の猫を目撃した際に報告を行わねばなりません。

説明: SCP-796aは影のような物で、猫のような肉食動物の形をとります。細部ははっきりしませんが、SCP-796が現在「餌食」として選んだ対象にとってはそうではありません。対象の陳述するところによると、このSCPは尋常でない大きさで完全に真っ黒な色をしたピューマ(Puma concolor)のようであるとのことです。明るい光の下ではこのSCPは完全に見えなくなります。現在「狙われている」のでなければ、かなり鋭敏な人物か媒体だけでしか影のような物の位置を特定できないことが知られています。

物理的には、この生物はほとんどまったく実体を伴っていません。この生物がいる場所に入っていってもほとんどの場合は無害です。しかしながら、これは何かやわらかい物質で足跡を残していくのです。光学分析では結論は得られませんでした。

SCP-796aは危険そうには思われませんが、もうすぐ危機に陥る人物に惹きつけられるということがテストから示唆されました。そうであれば、これは早期に脅威を検知する指標として有効になるでしょう。更なるテストが推奨されます。

事故記録 #796-█/██/08:

補遺: われわれはついにこれを管理下に置きました。収容方法を変更し、航江隊は新しいSCPを発見する任務に戻るように。前任者が持ち得なかった機会に私は恵まれた。管理された実験の始まりだ。―レイ博士

観察記録 #796-001:

補遺: ある職員は彼女が子どもの頃祖母から聞いた話とSCP-796に類似性があると主張しています。おそらくは無関係だと思いますが、彼女の祖母は昔ミズーリにいた部族の出身でした。私は助手のひとりをネイティブアメリカン神話学に割り当てることにします。できるだけすべての手がかりを常に追わねば。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。