SCP-805-JP
評価: +23+x
bui.JPG

写真を撮る際に絵を描くSCP-805-JP-1

アイテム番号: SCP-805-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-805-JPはサイト-81██の収容ロッカー内へと保管されます。一日に二回、担当の職員は専用の白色の防護服を着用し、決められた時間にSCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2の状態を観察します。この際に必要が見受けられた場合はSCP-805-JP-1と会話を行ってください。会話を行う場合、10分以内に済ませます。その後、ロッカー内へと再度保管され、施錠されます。担当となる職員は観察ごとに交代し、同職員が長期間SCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2と触れ合うことがないようにしてください。

説明: SCP-805-JPは、一般的なA5サイズの無地のダブルリングノートです。ノートは発見した時点で67枚の用紙が綴られていました。SCP-805-JPは一般的なノートとしての機能を有していますが、筆記することと用紙を破りとること以外の影響を受けることはありません1

SCP-805-JPに綴られている用紙には、用紙内に描かれた鉛筆(以下、SCP-805-JP-1)と、同様に描かれている消しゴム(以下、SCP-805-JP-2)が存在します。これらは未知の染料によって描かれており、SCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2は、用紙内をすべるようにして移動します。また、その際にページ間の移動を行うことも可能です。これらの存在は知性および自我を持っていることが確認されており、特にSCP-805-JP-1はページ内に文字を書き起こすことで積極的に会話を試みようとします。また、SCP-805-JP-2は、油性ペンやボールペンで書かれた文字であっても消すことができるようです。SCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2は、SCP-805-JP外部の用紙へと移動することはできません。

SCP-805-JP-1もしくはSCP-805-JP-2が描かれているページを破りとった場合、破りとったページからは異常性が失われます。また、破れたページ内のSCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2は消失し、SCP-805-JPの一番端の用紙内にそれぞれ再出現します。この際、SCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2は強い苦痛2を訴えます。SCP-805-JPの用紙数には限りがあるという点と、SCPオブジェクト保護の観点から、これ以上のページ数減少をもたらす実験は現在停止されています。

SCP-805-JPは、███県の███高校に潜入していたエージェントが「相手のいない交換日記」という噂話に着目し、当時SCP-805-JPを利用していた女子生徒数人からの証言を得た結果発見されました。SCP-805-JPが回収された後、所有していた女子生徒たち、及びその周辺の人物には記憶処理が施されました。

以下は、SCP-805-JP-1およびSCP-805-JP-2の両方、もしくは片方の存在するページに文字を書き込むことで行ったインタビュー記録です。

Kenka.JPG

仲違いしているSCP-805-JP-1とSCP-805-JP-2

補遺: 後に███研究員の部屋から、胸部から頭部に当たる部位の"白色部以外"が削りとられた███研究員の遺体3と、周囲に散乱した消しゴムの"くず"のようなものが発見されました。また、███研究員の活動履歴を確認した結果、インタビュー記録-805-2の前日にSCP-805-JP-1と会話を行っていたことがわかりました。この出来事によってSCP-805-JP-2はSCP-805-JP内部に描かれた対象を"削除"することができるのだと判明し、同時に、白色部及び描かれていない対象を"削除"することは出来ないということも発覚しました。以降、SCP-805-JPを扱う職員は顔、及び全身を覆う専用の白色の防護服を着用するように義務付けられました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。