SCP-815
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-815

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-815は、標準のキーパッド付き保管ロッカー以上の特別な取り扱いを必要としません。Meyers博士から許可書を受けて下さい。いかなる状況下でもDクラス以外の職員に SCP-815を開封させてはいけません。SCP-815はアクシデントを避けるため、注意深く取り扱って下さい。

説明: SCP-815はsnake nut canという商品です。Salted Mixed Nutsと表記されている小さい缶で作られたありふれたいたずら道具です。実際には、布で覆われたスプリング4つが(『スネーク』に相当する)入っていて、開封時に飛び出てきます。X線やマルチスペクトル画像化では缶や『スネーク』の異常な性質をまだ測定できていません。

開封時、『スネーク』は即座に缶の中から消滅し、最も近くにいた人間の顔(メモ参照)に向かって異常な力で爆発します。ハイスピードカメラの映像で『スネーク』は下部の空洞から現れることがはっきりしました。通常、鼻、頬骨、上顎に深刻な被害を受けます。結果として、被験者は命にかかわる脳障害を回避し、出血死、ショック死または処分されるまでは生き延びます。

およそ15秒後、缶はひとりでに再封され、別の通常な『スネーク』が現れます。『スネーク』が壊れずにその異常な速度を達成する方法は知られていません。

メモ: SCP-815は最も近い人間を狙うことを、研究者は頭に入れておけ。たとえロボットに開けさせてもだ。こういう事故で大掃除するハメになるのは俺は嫌なんだよ、諸君。
- Meyers博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。