SCP-818-JP-J
評価: +8+x
bbq-2123432_1280.jpg

SCP-818-JP-J-1

アイテム番号: SCP-818-JP-J

オブジェクトクラス: Euclidelicious

特別収容プロトコル: SCP-818-JP-Jは現在サイト-8149の冷蔵庫内に15Lが保管されています。実験にはレベル4以上の人員の許可が必要です。

説明: SCP-818-JP-Jは宮城県██市のある飲食店で発見された数種類の物質より成り立っている液体調味料15Lです。成分調査では砂糖、みりん等が使用されていることが判明しています。その飲食店ではSCP-818-JP-Jを祖父の代からの秘伝の調味料として使用していたことが発覚しています。

SCP-818-JP-Jの異常性はSCP-818-JP-Jを料理に使用することにより発動します。SCP-818-JP-Jを使用したあらゆる料理(以下SCP-818-JP-J-1)を一口でも摂取した人物はその瞬間よりSCP-818-JP-J-1に対して賛美の言葉を発し始めます。発する言葉はほとんどの場合「うまい」や「美味しい」等の味に対する感想です。また稀にかなり大げさな言葉1を発することも確認されています。

一度SCP-818-JP-J-1を摂取した人物はその後SCP-818-JP-J-1以外の料理にも賛美の言葉を発し始めます。また再度SCP-818-JP-J-1を摂取したいという強い欲求に駆られ、周辺人物にSCP-818-JP-J-1を提供するよう要求します。これにより他者との衝突を引き起こす事も確認されています。その衝突がきっかけで器物破損や暴行等を行った例もある為、日本国内で発生した事件の3割程度はSCP-818-JP-Jが関与しているのではないか、との意見もあります。

補遺:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。