SCP-818行動予定規則
評価: 0+x

SCP-818-A: 行動予定規則

下記の時刻はSCP-818の習慣の予定について1分の範囲で正確です。より詳細な規則 (SCP-818のとる歩数や10分の1秒の範囲で記録された時刻を含む) は████博士に要請すると閲覧可能です。この規則は、エージェント・███████と█████博士が7週間に渡る時間をかけて、SCP-818に従わせるようにしたものです。この収容方法の有効性の維持の促進のため、この規則に逸脱するあらゆるすべての行動について注意する必要があります。

8:43 A.M. - SCP-818が起床し、ベッドから壁に向かって北方向に歩行する。その後、SCP-818は壁の周辺を歩いて8週し、さらにその部屋でちょうど南の位置に至るまで歩き続ける。

9:11 A.M. - SCP-818は南の壁の方を向く。

9:51 A.M. - SCP-818は不意に向きを変え、部屋の中央にまで歩行する。その後、天井の照明を凝視する。この間、いかなる場合でもSCP-818の行動を妨害してはならない。事件報告SCP-818-3Zを参照

10:38 A.M. - SCP-818はベッドに戻って寝転がり、壁の北西の湾曲箇所を凝視する。この時点で、像に基づく色の浮動を観察することができる。

11:41 A.M. - SCP-818は起き上がってテーブルにまで歩いていき、そこで膝をついて座る。この間、SCP-818に接近することができる。そのときにSCP-818に話しかけるべきではない。

12:58 P.M. - SCP-818は立ち上がり、最東の壁の方に進む。その後、壁の周辺を沿って16週する。

1:43 P.M. - SCP-818は突然急に向きを変え、素早くテーブルの所に戻り、再び腰を下ろして膝をついて座る。

3:00 P.M. - SCP-818は音もなく鳴き始める。この間、いかなる場合でもSCP-818の行動を妨害してはならない。

3:43 P.M. - SCP-818はベッドに戻る。そのとき目を開けたり閉じたりする。

4:15 P.M. - SCP-818はベッドから出て、再びテーブルの元に戻る。このときSCP-818に接近しても安全である。そのときにSCP-818に話しかけるべきではない。このとき、SCP-818に接近するべきではない。報告SCP-818-7NおよびD-1922補助終了報告を参照

5:30 P.M. - SCP-818は危険な段階に入る。この段階の間、SCP-818は自身の能力を発揮し、色を変化させたり、でたらめに物体を生成したり、部屋を走り回ったりする。████████博士は、これはある種の「癇癪」であると考えているそうだ。つまり、SCP-818のこの行動は、SCP-818がかつて毎日癇癪を起こしていたときのそれであるというのである。ともかく、この間は絶えず注意してSCP-818を観察する必要がある。

5:38 P.M. - SCP-818は癇癪を起こすのをやめ、ベッドに横たわる。このとき、再び泣いているように見える。

5:47 P.M. - SCP-818はベッドから起き上がり、部屋の最北の点にまで歩行する。その後、部屋を横切って最南の点に移動し、再び元の場所に戻る。この時点から不活動状態に入るまで、SCP-818の行動はより不規則なものになり、下記のようないくつかの例外的な行動をとることが言及されている。エージェント・███████と█████博士はSCP-818の行動について、少しの点を除けば、この部分をSCP-818が規則的な行動をとるように改善することができなかった。両氏が確認できたSCP-818の例外的な行動については次の通り。

6:00 P.M.6:45 P.M.の間 - SCP-818は叫び声を上げ、テーブルの表面を叩く。

6:30 P.M.8:00 P.M.の間 - SCP-818はある種の物体を出現させる。一般に、この物体は出来そこないの塊のようで、泥、木または金属でできているように見える。この間のSCP-818の予測不能な特質により、この物体を解析することができていない。

7:00 P.M.8:00 P.M.の間 - SCP-818は7分間呼吸を止め、床に倒れこむ。

6:00 P.M.9:15 P.M.の間 - SCP-818は小さな物体をいくらか出現させ、最大のものから最小のものという順番で並べ始める。時折、SCP-818の本質的な能力が発現し、能力によって物体の大きさが変化する。これによってその物体を大きさの順に並べ替えられなくなり、SCP-818は極度の動揺や怒りを見せるようになる。もしこれらの物体が安定化することがなければ、規約█████を執行し、すぐに██████博士に通報すること。

9:21 P.M. - SCP-818はベッドに戻って横たわり、目を閉じて、不活動状態に入る。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。