SCP-829-JP
評価: +7+x
appetite-1239149_640.jpg

SCP-829-JP

アイテム番号: SCP-829-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-829-JPはサイト-8173の植物育成室に収容されています。サイト-8173にはブロッコリーの持ち込み、およびサイトの食堂においてブロッコリーを使用した料理の提供を禁止しています。財団は各国、特に米国における爆発事故を調査します。未収容のSCP-829-JPが存在する危険性に注意してください。

説明: SCP-829-JPはブロッコリーの一種です。食用として流通しているブロッコリーとの遺伝子的差異はほぼありません。

SCP-829-JPを摂食した人物がブロッコリーを摂食する事を嫌っていた場合、SCP-829-JPの異常性は発現します。SCP-829-JPの摂食者の脳内のアドレナリンが、平常時に人間が好まない食材を摂食した際に分泌されるアドレナリンと同程度の数値まで達した場合、SCP-829-JPの摂食者は爆発します。爆発の規模は摂食した人物の体重と同量のC4爆薬と同等です。

爆発までに人体に起こる具体的なプロセスは解明されていませんが、上記のアドレナリンの数値の上昇によって異常性が発現することから、SCP-829-JPによる爆発は脳内のアドレナリンと何らかの化学反応によって発生するものと推測されます。

Bukkorori.jpg

街頭の監視カメラが撮影したSCP-829-JPによる爆発

摂食した人物の爆発は体内のSCP-829-JPを中心に発生しており、喉から胃にかけての上体の爆発に続いて下肢の爆発が発生するまでに若干の時間差が生じます。このため、上半身での爆炎は下半身の爆発による爆風で上空へ放出されます。SCP-829-JPの爆炎を直接視認した人物は、ブロッコリーを摂食することに意欲を見せます。この摂食意欲は周囲の説得などで解消される微弱なものですが、ブロッコリーを摂食することを好まない人物もブロッコリーの摂食に意欲を表します。

補遺: SCP-829-JPは日本生類創研との関わりが疑われていた研究施設の爆発事故現場から回収されました。施設からはどこかへ輸送される直前だったと思われるSCP-829-JPが発見、回収されています。現場の近隣住宅にはカバーストーリー「薬品工場の火災事故」「外国産農薬使用ブロッコリーの回収」を適用しました。以下は現場から回収された文章の内容です。

米国の企業からの依頼、「ブロッコリー嫌いを直そうキャンペーン」の試作品。
先方は食べやすいブロッコリーを期待してるらしいが、それじゃ問題の解決にはなってない。
誰にでも食べられるブロッコリーを作っても意味がない。
無理矢理食べさせるブロッコリーなんて意味がない。
だれでも自分からブロッコリーを食べるようにしなくては。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。