SCP-833-JP-J
評価: +18+x

アイテム番号: SCP-833-JP-J

オブジェクトクラス: Kereter

特別収容プロトコル: SCP-833-JP-Jは発見次第出来る限りおいしく調理してください。調理の方法は「おいしい財団料理百選!」に記載されている手順通りに実行してください。SCP-833-JP-Jが美味しく調理できた場合、プロトコル「カニ鍋パーティー」を実行してください。実行時はできるだけ騒ぎましょう。

説明: SCP-833-JP-Jはカニの身に発生する異常現象です。SCP-833-JP-Jの異常性はSCP-833-JP-Jが食卓に挙げられて摂食された際に発生します。摂食者はSCP-833-JP-Jを摂食している最中、無口になります。この精神作用はSCP-833-JP-Jの甲殻構造にあると仮説が立てられてられていますが、調査中は大抵無口になるので研究が困難な状態です。

味は………おいしいです………………はい………………もっとください - ██博士

ちょっと…………しっかり…………………調査の…………ために食べて……… - エージェント・██

補遺:

……………身が………取れない……………… - ██博士

…………………はさみありますよ………………どうぞ… - D-833

ああ、どうも……………[甲殻を切る音]………………うまい…… - ██博士

博士…………はさみこっちにください…………… - エージェント・██

ほい…………………うまく切れる?………… - ██博士

………………うまい。 - ██料理長

自分、こういうの得意なんで………………………… - エージェント・██

……………醤油……………ありますか?……… - D-833

…………ポン酢しか………………………ポン酢でもうまいぞ………… - ██管理員

ポン酢?…………あっ、おいしい……………………… - D-833

だろう?………………………あっ、ポン酢切れた…… - ██管理員

…………そういえば…………実験どうします?………………… - ██博士

実験?…………………ああ、そうでしたね…………… エージェント・██

もっと……………食べたい……………いいですか?…………… - D-833

D-833………ええ………延長しますか………… - ██博士

はい……………………………許可もらいますか……………… - エージェント・██

…………いいですか?……………………… - ██博士

延長を許可する……………………うまい…………… - O5-3

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。