SCP-857-D
評価: 0+x

収容手順と対象の評価を表示する

2011年10月██日、O5-8による命令の下、ブリッジ博士とミュゼ (Muse) 博士により破壊に成功しました。以下はその試みの記録です。

SCP-857破壊記録
日付:11/10/██


日付: 2011年10月█日
使用品: SCP-682
結果: SCP-682はSCP-857を完全に無視しました。857を運んだD-66943につつかれると、SCP-682は彼を貪り尽くし、その過程で857は破壊されました。
次の形態: ██、█████の███████レストランにあるマグカップ。
フン!いつもの結果だな。 ― ブリッジ博士

日付: 2011年10月█日
使用品: SCP-073
結果: SCP-073に857が渡され破壊するよう指示を受けました。SCP-073は従いました。
次の形態: ブリッジ博士のオフィスにあるビーカー
ガラスで手を切らないようにね。 ― ミュゼ博士

日付: 2011年10月█日
使用品: 標準的な釘抜き付き金づち
結果: ブリッジ博士の手によって粉砕されました。
次の形態: ██、███████████の████████ホテルのビュッフェ内のジュース用グラス
やってみる価値はあるな。 - Dr. Bridge

日付: 2011年10月█日
使用品: SCP-123
結果: SCP-123はSCP-857を呑み込むことに成功しました。
次の形態: ミュゼ博士の所持品の魔法瓶
でしょうね。 ― ミュゼ博士

日付: 2011年10月█日
使用品: SCP-076
結果: SCP-076-2に857が渡され破壊されるよう指示を受けました。SCP-076-2はブリッジ博士に対して「失せろ、この[編集済]」と指示しました。
次の形態: N/A
これ誰が認可したんだ? ― █████████博士

日付: 2011年10月██日
使用品: SCP-354
結果: SCP-857がSCP-354に投げ込まれました。SCP-354の内容物に満たされるまでに表面が切断され、沈下しました。
次の形態: エージェント・ヨリックの2008年度就任記念ジョッキ

日付: 2011年10月██日
使用品: 標準的な釘抜き付き金づち
結果: ブリッジ博士の手によって粉砕されました。
次の形態: 未だ不明
えーっと、ジョッキを壊したわけだが、その、違ったようだ……まあ、その、すまなかった。 ― ブリッジ博士
次からは訊けよ、クソッタレ。 ― エージェント・ヨリック
補遺: 2011年10月██日、SCP-857がエリア-354から約250km離れた████████の[編集済]博物館に展示されている青銅のゴブレットとして発見されました。

日付: 2011年10月██日
使用品: SCP-914
結果: "rough"設定でSCP-857を処理しました。青銅の破片の山を出力しました。
次の形態: █████、████████の民家にある電子調理鍋
これは恥ずかしいわ。(Comme c'est gênant.) ― ミュゼ博士
日付: 2011年10月██日
使用品: SCP-646
結果: 週ごとの給餌の際にSCP-646に与えられ、呑み込むことに成功しました。
次の形態: サンデル (Xander) 博士の所持するピッチャー
代わりをくれなきゃダメだぞ。 ― サンデル博士

日付: 2011年10月██日
使用品: SCP-447
結果: SCP-447に覆われました。効果が失われていないことを確認後焼却しました。
次の形態: エージェント・タン (Tann) のワイングラス
うん……、スライムは常に必要のあることをするようだ。この考えは正しいだろう。 ― ブリッジ博士

「とても憂うつそうだがどうしたんだ?」ミュゼ博士がSCP-857を携えSCP-946に着席したとき、ハーモンが尋ねた。
彼女は机の上のワイングラスを爪弾くと長いことグラスを見つめた。
「このグラスにうんざりしてるノ。」
「そのグラスがどうしたんだ?」ガルシアンが言った。「なかなか良いグラスじゃないか。」
「これハさいあくなSCPなの。」
「じゃあ詳しく教えてくれ。」
ミュゼ博士はため息をついた。
「そうね、これハ神かそれに等しいものだと信じられてるらしくて、奇跡を起こすこともあれば起こさないこともあるし、ときには罪を犯した者に恐ろしいものを見せる。破壊されてもその力はおかのコップに映るし、収容措置にハ錬金術師が要るらしいんだけど私ハそんなものを専攻した専門家じゃないノ、それでも手元に保管するだけでトラブルが多くて、ちょうどO5の1人から呼び出されて壊してみることを許可するって言われたとこなノ。だけどその後来る日も来る日も失敗しただけだった。だからさいあく。」

ハーモンとガルシアンはゆっくり頷き、互いに顔を見合わせた。

日付: 2011年10月██日
使用品: SCP-946
結果: SCP-857はミュゼ博士、946-1および946-2によって破壊されました。946-1および946-2が「不条理な」存在であることに同意したため、SCP-857はもはや存在しません。
……了解した。 ― O5-8

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。