SCP-860
評価: +2+x
bluekey.jpg

SCP-860

アイテム番号: SCP-860

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-860はセクター-██の保管室の小さな木箱に保管されています。動くことはないので厳重に保管する必要はありません。

説明: SCP-860は一般的な形のダークブルーの鍵です。バラバラの間隔で数字(後にUTM座標と判明)が鍵の刃に刻まれています。保管中SCP-860は3回数字を変え、██████(ドイツ)、██████(イングランド)、サイト-██の座標を示しました。

SCP-860は示された座標内のどんな錠前の扉に差し込むことができ、施錠することができます。SCP-860は錠前が取り付けられた扉でのみ使うことができます(鍵を使わない錠前では使用できない)。

SCP-860を扉の解錠として使用した場合、扉の先は別の場所につながります。その代わり、小さな森の空き地の幅80cm程の小道の中央につながり、ここをSCP-860-1とします。すべての観察において森の中に青色の霧が立ち込めているのが確認されています。

woods%20night.jpg

SCP-860-1

誰でもSCP-860-1に入ると、すぐに扉は自動的に閉まります。SCP-860-1の中では扉は大量のコンクリートの壁に取り付けられており施錠されています。SCP-860-1に人が入るとSCP-860-1の外から扉を壊すことはできません。SCP-860-1側から扉を壊すと[編集済]。詳細は文書860-Ⅲ参照。

通常SCP-860-1内の小道は別の大量のコンクリートの壁に取り付けられた扉へと続きます。この第二の扉はSCP-860が使われた扉の本来の目的地へと繋がっています。

SCP-860-1内の探索でたくさんの怪奇現象が報告されています。これら探索の詳細は文書860-Ⅰから860-Ⅳに記載されています。

探索Ⅳ(文書860-Ⅳに記載)の出来事以降、Level4の職員にのみSCP-860の実験が許されています。

事案860-██-12: ██/██/████、探索Ⅳから██日後、SCP-860は保管室から████m離れた███博士のオフィスの机で発見されました。保管箱は解錠されていませんでした。監視カメラで確認すると午前██:██に突然机の上に出現しました。なぜ、どうやってSCP-860が移動したかは不明です。この事案は███博士に重大な影響を与えました。精神鑑定を推奨します。

補遺: 下記は探索Ⅰ~Ⅳの記録です。Level2の職員は文書860-ⅠとⅡを参照することができます。Level4以上の職員のみ文書860-ⅢとⅣを参照できます。

文書860-ⅠとⅡ
文書860-ⅢとⅣ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。