SCP-860
評価: +2+x
bluekey.jpg

SCP-860

アイテム番号: SCP-860

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-860はセクター-██の保管室の小さな木箱に保管されています。オブジェクトは単独では不活性であるため、これ以上の封じ込め手順は必要ありません。

説明: SCP-860は一般的な形状をしたダークブルーの鍵です。ブレード部には一見してランダムな時間間隔で一連の数字が出現します。この数字は後にUTM座標であると判明しました。封じ込め下に入ってから数字は3回変化し、██████(ドイツ)、██████(イングランド)、サイト-██の座標を示しました。

SCP-860は示された座標の地域に位置するあらゆる扉の錠前に挿入可能で、錠前に対する正しい鍵と同様に機能します。SCP-860は扉に取り付けられた錠前でのみ機能し、その他の型の錠では機能しません。

SCP-860によって解錠された扉を開いた場合、扉は通常の行き先には繋がりません。代わりに小さな森の中を走る幅80センチメートルの小道の中央に繋がっており、この場所はSCP-860-1と指定されています。全ての観察において、森の中に立ち込める青色の霧の存在が指摘されています。

woods%20night.jpg

SCP-860-1

何らかの人物がSCP-860-1に進入すると直ちに、扉は自動で閉鎖されます。SCP-860-1内部からは、扉は無限に続くコンクリートの壁に取り付けられているように見え、施錠されています。SCP-860-1内部に人員が存在する状態で外から扉を壊す試みは成功していません。SCP-860-1内部から扉を壊す試みは[編集済]という結果に終わりました。詳細は文書860-IIIを参照してください。

SCP-860-1内の小道は通常、無限に続く別のコンクリートの壁に取り付けられた扉へと続きます。この第二の扉はSCP-860が使用された扉の通常の目的地へと繋がっています。

SCP-860-1内を探索した職員からは他に多数の異常事象が報告されています。これらの探索の詳細は文書860-Iから860-IVに記載されています。

探索IV(文書860-IVに記載)の事象以降、SCP-860の実験はレベル4職員のみに許可されています。

事案860-██-12: 探索IVから██日後の████年██月██日、SCP-860は封じ込めユニットから████メートル離れた███博士のオフィスの机上で発見されました。アイテムの封じ込めロッカーは開かれていませんでした。監視映像からは、午前██:██に突如として机上に鍵が実体化したことが示されました。SCP-860が移動した状況と原因は現在のところ不明です。この事案は███博士に深刻な影響を与えました。精神鑑定が推奨されています。

補遺: 下記は探索I - IVの記録です。レベル2以上の職員は文書860-IとIIへのアクセスが可能です。文書860-IIIとIVへのアクセスはレベル4以上の職員に限られます。

文書860-ⅠとⅡ
文書860-ⅢとⅣ

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。