SCP-861-JP
評価: +41+x

アイテム番号:SCP-861-JP

オブジェクトクラス:Euclid

特別収容プロトコル:SCP-861-JPの予想異常性発生範囲3300㎡は現在財団フロント企業により自動車部品製造工場、及び製品の保管場として管理されています。予想異常発生範囲において飲み会・打ち上げといった飲食を伴った祝い事は全て禁止されます。また、予想異常性発生範囲の周囲300mを潜在的異常性発生範囲に指定し、人民住宅・ホテル・公民館・各種娯楽施設などの何らかの祝い事で使用される可能性がある建造物の建設は可能な限り妨害してください。もし潜在的異常性発生範囲内でSCP-861-JPの発生が確認された場合、直ちに予想異常性発生範囲、及び潜在的異常性発生範囲の再設定を行ってください。

SCP-861-JPに関する研究を行う場合は現担当者である巣鴨博士の許可を得た上で行ってください。一般人を用いたSCP-861-JPに関する研究は、現在財団倫理委員会の承認待ちです。

説明:SCP-861-JPは大分県██市に存在する約3300m²の土地に現れる異常現象です。SCP-861-JPはその土地内に存在する建物の屋内(以下会場と表記)で大学に在籍している学生1が飲み会・打ち上げといった飲食を伴う祝い事を集団で行った際に現れます。SCP-861-JPは会場内の人間を一定の基準でSCP-861-JP-AとSCP-861-JP-Bにより分け、それぞれ異なる異常性を発生させます。

SCP-861-JP-Aはアルコール類の摂取を行っている、または会場内で開催されている祝い事をある程度楽しんでいる人々です。会場内にいる大学生以外の人々もこのグループへと分けられます。SCP-861-JP-Bはアルコール類を飲まず、かつ会場内で開催されている祝い事を楽しんでいない人々です。主に以前から集団での行動を嫌いSCP-861-JP-Aに当たる人物を煩わしく思うような考えを持っていた人物がSCP-861-JP-Bとなる傾向がある事が確認されています。

SCP-861-JP内部でアルコールと食料が振舞われ約60分が経過した時点で外部へとつながる出入り口が未知の手段により施錠されます。同時に扉・窓・SCP-861-JP-Aの肉体から未知の液体が漏れ出し始めます。この液体は高温であり、常に沸騰したかのように気泡を噴き上げています。この熱で会場内にある機材が傷つくことは一切ありません。この異常にSCP-861-JP-Aは反応を行わずより激しく祝い事を楽しみ続けます。一方SCP-861-JP-Bは会場に起きている異常を認識し混乱した様子を見せます。この段階でSCP-861-JP-AはSCP-861-JP-Bからのあらゆる干渉を受け付けなくなります。時間と共にSCP-861-JP-Aの身体が完全に液状化し、室内の液体の水位も上がり続けます。SCP-861-JP-Aの身体が完全に溶け切った後でも液体からはSCP-861-JP-Aの笑い声や会話が聞こえ続けます。最終的に液体の水位は天井まで達し室内にいるSCP-861-JP-Bは窒息および熱による火傷で死亡します。

水位が天井まで達して一定時間経過した後、徐々に水位が下がりSCP-861-JP-Aの身体が元の形へと戻り始めます。液体が完全に消失し、全てのSCP-861-JP-Aの肉体が元の形に戻った時点で全ての異常性が消失します。その後は会場にSCP-861-JP-Bの死体が残されSCP-861-JP-Aは周囲に対する正常な反応を行えるようになります。全てのSCP-861-JP-AはSCP-861-JPの異常性が発生している間、アルコールを飲み友人らと会話をしていた、もしくは自身の仕事に従事していたと証言します。会場に液体が満ちていた痕跡は一切存在しませんがビデオカメラなどの記録機器により液体の存在を記録することが可能です。

SCP-861-JPは19██年に初めて異常性が確認されたものの、当時は監視カメラなどの記録機器が十分に普及していなかったこと、財団の調査では異常性を再現することが出来なかったこと等を理由に超常現象として記録されていました。事件の発生地となったホテルが事件後すぐに廃業し、それに伴い近隣の大学生が飲み会やコンパなどのイベントに利用する会場が別の場所へと変更された点もSCP-861-JPの異常性が見逃され続けた要因です。

SCP-861-JPがオブジェクトとして正式に記録されるきっかけとなった20██年の事件は、新たにSCP-861-JPの異常発生範囲内に設立されたホテルを、██大学の生徒が文化系サークル全体の追い出しコンパの会場として毎年利用していた会場の代理として利用したことが原因で発生しました。この事件により21名の死亡が確認されています。会場内に監視カメラはなくSCP-861-JPに対する調査は前回同様難航しましたが、会場内に学生が撮影用に持ち込んでいたハンディカメラの映像によりSCP-861-JPの異常性の詳細が判明しました。

SCP-861-JPに関する実験は異常性の発生対象が極めて限定的であるため困難を極めています。財団管轄下の私立大学・通信制大学に入学させたDクラス職員を用いた実験では異常性は発生しませんでした。SCP-861-JPの異常性が発生する対象として何らかの不足があったと考えられていますが、その要因は不明です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。