SCP-869
評価: +2+x
scp-869.jpg

SCP-869を含む施設の写真記録、収容前に撮影

アイテム番号: SCP-869

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-869を含む施設は財団フロント企業であるスーパータスティック・カーニバル・プロモーションズ(Supertastic Carnival Promotions)により所有及び運営され、本来の目的通りに営業及び一般公開されます。SCP-869の代わりに新たな従業員用通行橋が建設されます。SCP-869はスタッフと一般市民のどちらに対しても進入禁止を維持します。SCP-869の両端は警備員として配置された財団職員により未承認のアクセスを防ぐべく監視されます。

SCP-869およびその先の空間における調査は3名以上のグループからなるレベル1職員により行われます。調査担当の職員は1940年代後半のアメリカにおける主流ファッションの衣装を着用せねばならず、所持金は10ドル以下かつすべて1948年以前の貨幣でなければなりません。時代に合わせた地方警察、FBIエージェント、財団職員のIDバッジが施設スタッフとの交渉を有利にするため用意されます。調査担当の職員は1948年の財団が把握していない機材、電子機器、その他所持品を持ち込んではなりません。職員は閉園の1時間前であるPM8:00までにSCP-869を退出しなければなりません。

説明: SCP-869は、アメリカ合衆国の[編集済み]にある海に張り出した桟橋上に建設された遊園地、█████████・ヒストリック・プレジャー・ピア(█████████ Historic Pleasure Pier1)に属する、従業員用の通行橋です。SCP-869は194█年に建てられ19██年の[編集済み]台風の被害を受けて取り壊されるまで同じ場所に存在していた、ある桟橋遊園地を再建する際に同時に建設されました。

SCP-869の異常な性質は、遊園地が開園しており、悪天候により閉鎖されているアトラクションが1つもない場合に現れます。この条件が満たされると、陸地側から桟橋側に向けてSCP-869を渡る人間のうちおよそ██%が、橋の中央辺りで陸側とも桟橋側とも視覚的なコンタクトを失います。これは徒歩でも乗り物に乗っていても発生します。調査チームが撮影した写真の法科学的分析によると、この作用で消失した人物は、1948年の夏に同じ場所に存在していた桟橋遊園地と物理的に同一な空間に移動すると結論づけられています。

scp-869-2.jpg

1948年半ばに撮影された旧桟橋

SCP-869の特性が発見されて以降に行われた調査では、異常空間内での一般人へのインタビュー及び回収したカレンダーや新聞などの証拠物件が、桟橋遊園地がオープンしてから█年後にあたる1948年7月24日であることを例外なく示しました。時刻は異常空間外と同一でした。これまでの調査により異常空間内では、調査チームが直接関与した場合を除き、まったく同じ時間にまったく同じイベントがまったく同様に発生することが示されました。異常空間内で他の調査チームを目撃したチームは存在しません。

SCP-869を通じてコミュニケーションを行う手段は発見されていません。無線、携帯電話、衛星通信、その他無線通信手段は機能せず、SCP-869に電話線を通す試みは設置チームの異常空間への侵入が例外なく失敗するという結果に終わりました。

SCP-869を通って異常空間から帰還しようと試みると、それが閉園以前(48/7/24のPM9:00)に行われたのであれば、必ず成功します。異常空間内の正面入り口を通って遊園地を出た調査チームは、1948年に存在したのと同様の状態にあると認められた、[編集済み]本土に類似した場所に到達しました。異常空間内の人物を説得しSCP-869を通じて本土に向かわせたところ、それらの人物は異常空間外の岸に到達しませんでした。閉園まで異常空間内に留まった職員が帰還した例はありません。異常空間内で消息を絶った人物の生存または死亡を示す証拠は見つかっていません。

SCP-869は20██年に█████████・ヒストリック・プレジャー・ピアがオープンしてすぐ、陸地から桟橋に向かった園の従業員が複数人行方不明になったことで財団の注意を惹きました。現在までに15名がSCP-869で消失したことが確かめられており、11名が民間人、4名が財団職員です。調査内容の一覧と消失者の詳細なデータは文書869-332-Bを参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。