SCP-873
評価: 0+x
theball2.jpg

最小の量子干渉のもとで、SCP-873がおよそ18██年のイヴァン ██████博士の机を映し出しているところ

アイテム番号: SCP-873

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-873 はサイト19の安全な部屋に置かれます。 (改訂 収容プロトコル更新を参照) SCP-873の継続的な360度観測を維持するために、3つの広スペクトル高解像度カメラが設置されます。 記録された映像データは財団のセキュアネットワークに保存され、要求に応じてクリアランスレベル2以上の職員に対してアクセスが許可されます。SCP-873への物理的な調査やテストは許可を受けたレベル3以上の職員に限られます。 (改訂 収容プロトコル更新を参照)

収容プロトコル更新 19██/██/██: 追って通知のあるまで、SCP-873への物理的アクセスはSCP-873の記録ビデオへのアクセスとともに、サイト管理者直々の許可を受けた研究員に制限されます。

収容プロトコル更新 20██/██/██: 追って通知のあるまで、SCP-873への物理的アクセスはSCP-873の記録ビデオへのアクセスとともに、O5の許可を受けたレベル4以上の研究員に制限されます。

収容プロトコル更新 20██/██/██: SCP-873は恒久的にサイト██に移転され、少なくとも地上から 2000km、ほかのSCP収容施設や人口の多い地域から少なくとも100kmは離れた場所に、コンクリートで覆われた金庫の中で収容されます。監視ビデオは暗号化され、レベル4以上の身がアクセスすすることのできるセキュアな専用のデータウェアハウスへ送られます。質量や体積、見かけ上の屈折率に変化が出た場合はただちにO5司令部へ報告しなければなりません。

説明: SCP-873は全長138mmの球体オブジェクトで、検出可能な質量は5.3kgです。オブジェクトは傷のないガラスや水晶でできているような外見ですが、その構成素材を決定するためのすべての試みは結論が出ませんでした。サンプルを取り出そうとする試みはすべて失敗し、スペクトル分析ではそのオブジェクトに関連される吸収スペクトルはありませんでした。この異常性質のため、SCP-873の屈折率は推定値です。

オブジェクトは透明ですが、その球へ入った光子の内50%のみがそこから放出されます。一方で、SCP-873自身を起点する変動する量の光子が放出されています。(このことは量子もつれとコヒーレント光源を使用して確かめられました。)SCP-873から放出される光子は、時空間の異なる場所に置かれた SCP-873と同一のオブジェクトに当たった光によるものと考えられています。このオブジェクトはSCP-873-プライム(またはSCP-873’) と呼ばれます。SCP-873およびSCP-873’の異常効果は同一のようであり、つまりSCP-873’の観測者にはSCP-873へ当たった光子の50%をSCP-873’が放出しているようにみえ、一方SCP-873はSCP-873’に当たった光子の50%を放出します。

さらに、SCP-873から放出される光はそれ自身に異常性はありませんが、出力される映像の時系列は真逆になっています。SCP-873の観測者にはSCP-873’が正確に毎秒1秒の速度で時をさかのぼっているように見えます。この効果は SCP-873’の観測者にとっても同じであり、観測者はSCP-873から来る映像が同じ1:1の比率で時をさかのぼっているように見えます。

SCP-873とSCP-873’の観測者が知覚する時間が異なるにもかかわらず、書き言葉によるコミュニケーションが可能です。残念ながら情報の伝達はしばしば量子干渉に妨げられ、書かれたメッセージが解読できなくなってしまいます。干渉が検閲のパラドックスの形をしていることが理論化されています。

現在の観測と実験は、18██年にツァーリ・アレクサンドル一世の宮廷にいる物理学者、イヴァン・██████████博士に所持されている SCP-873’から来る映像の記録です。

補遺1:

補遺2:
補遺3:
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。