SCP-880-JP
評価: +43+x

アイテム番号: SCP-880-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-880-JPは現在セクター-81██の収容室内に、15本がそれぞれ個別にオブジェクト破壊装置つき収容用ロッカーに収容されています。各SCP-880-JPはロッカー内に寝かせた状態で置かれ、両端をそれぞれ2本ずつの鉄串で串刺しにしてロッカー内に固定します。ロッカー内には赤外線センサーが設置されています。このセンサーによって何らかの動きがSCP-880-JPに確認された場合は、オブジェクト破壊装置を起動させ該当するSCP-880-JPを無力化してください。

実験の際はレベル3職員1名と研究主任の許可を得た上で行ってください。使用済みのSCP-880-JPは縦に切断し無力化した後に焼却処分してください。

未収容のSCP-880-JPは現在にまで確認されていませんが、存在していた場合の脅威を考慮し財団はSCP-880-JPを「不良商品のリコール」をカバーストーリーとして調査、捜索を行っています。

説明: SCP-880-JPは一般的にちくわとして知られる水産加工食品と同様の形をした物体です。財団では当初3本入りのパックを24個確保しましたが、実験による破棄と後述のイベントを阻止する為の処分により現在では開封済みの15本のみが監視下に存在します。原材料を分析した結果、一般的なちくわ同様にスケトウダラや卵白、塩、砂糖等から作られたことが明らかになっています。しかしながらその原材料に見合わないほどの柔軟性と引っ張りへの耐久性を有します。1また、収容当時から現在まで腐敗の兆候は一切見られません。

SCP-880-JPの異常性はその中心部にある穴に存在します。SCP-880-JPの左右いずれかの両端から進入し穴の内壁に触れた物はいかなる物でもその場から消失したかのように見えます。2これは物体の一部がSCP-880-JPの穴に入るようであればその全体の大きさを問いません。この性質はSCP-880-JPとその穴を内壁の繋がりが断たれる様に切断し破壊する事で失われます。3SCP-880-JPとその穴を破壊した際、そのSCP-880-JP個体の内壁に触れて消失したように見えた対象がSCP-880-JPと同様の損傷を受けた状態で出現します。

SCP-880-JPは2003年、██県の幼稚園で昼食の時間に複数の児童が死体として発見された事件の調査中に発見されました。死体発見当時、被害にあった児童達は築山の裏で弁当を食べており、SCP-880-JPはこの男子児童の弁当のおかずとして入っていたようです。財団はこの児童の自宅とその周辺を捜索、被害児童の母親がSCP-880-JPを購入したスーパー等から24袋のSCP-880-JPを確保しました。関係者には記憶処置が施され事件は隠蔽されました。

実験記録001 - 日付2003/11/21

対象: SCP-880-JP-1

実施方法: SCP-880-JP-1の穴にその直径と同等のプラスチック棒を挿入。棒の長さはSCP-880-JP-1の二倍。

結果: 棒をSCP-880-JP-1に差し込んだ時点で棒が消失。挿入した穴の反対側から覗いたところ、SCP-880-JP-1の穴を通して向こう側を見ることが出来る。

実験記録002 - 日付2003/11/21

対象: SCP-880-JP-1

実施方法: SCP-880-JP-1の穴に紐を通す。この時紐がSCP-880-JP-1の穴内部の壁面に触れないようにした。

結果: SCP-880-JP-1の穴を紐が完全に通過。この時点では紐は視認可能。紐を引き抜く際に穴内部の壁面に接触したことで紐が消失。

分析: 穴の壁面に触れる事が異常性を及ぼすきっかけになっているようだ。

実験記録003 - 日付2003/11/21

対象: SCP-880-JP-1 ミルワーム

実施方法: SCP-880-JP-1の穴内部にミルワームを投入。その後SCP-880-JP-1を縦に切断する。

結果: 穴に侵入したミルワームは消失。SCP-880-JP-1を縦に切断した所SCP-880-JP-1の内部から縦に切断されたミルワーム一匹と先述の実験で使用した棒と紐が出現。SCP-880-JP-1は異常性を失った為焼却処分。

分析: 我々がこれらを何もない空間として認識しているだけなのか?

実験記録004 - 日付2003/11/21

対象: SCP-880-JP-2 アカゲザル

実施方法: アカゲザルの右手の指をSCP-880-JP-2の穴に挿入させる。その後SCP-880-JP-2を解剖台上で縦に切断する。

結果: アカゲザルはその場から消失。SCP-880-JP-2を切断したところ右手から頸部、左肩付け根に沿って切断された状態でSCP-880-JP-2の上に出現。SCP-880-JP-2は異常性を失った為焼却処分。

分析: 物体のごく一部でも内壁に触れれば影響の対象となって、体にはオブジェクトに加えられた影響が現れるのか。または中央部の空間もオブジェクトの一部であり、それが破壊された為に対象にも損傷が出現したのか。再出現(可視化)はSCP-880-JPが異常性を失った事が関係していると推測される。

実験記録005 - 日付2003/11/28

対象: SCP-880-JP-3 アカゲザル

実施方法: 異世界への転移を想定し、アカゲザルにビデオカメラを装着しSCP-880-JP-3の穴の内壁に接触させる。

結果: アカゲザルがその場から消失すると同時に映像と音声の通信が途絶える。その後一切の通信ができないまま30分ほどが経過。SCP-880-JP-3に変化がないことを確かめた上で実験室に入室、SCP-880-JP-3を縦に切断した所、SCP-880-JP-3上にアカゲザルが出現。頭部から臀部にかけて鋭い刃物で切断された様な状態で死亡していた。

装備していた通信機器を分析したところ、SCP-880-JP-3の穴から指を外し実験室内を徘徊するアカゲザルが記録されていた。その後アカゲザルは入室した研究員と入れ違うように実験室からの脱走し、監視室を経て廊下にまで侵入した。記録はSCP-880-JP-3を切断した瞬間にアカゲザルが廊下から転移し実験室内に出現したことを示している。SCP-880-JP-3は異常性を失ったため焼却処分。

考察: 一度内壁に触れてしまえばSCP-880-JPから離れてもその効果から逃れることはできないようだ。そして映像、音声記録にもその効果は及ぶらしい。このオブジェクトの異常性の正体は私たちが対象を認識できなくなる認識災害なのかもしれない。にしても、原因は何だ?このちくわの穴の中には元々何があるんだ?確かめておきたいものだ。

実験記録006 - 日付2003/12/07

対象: SCP-880-JP-4

実施方法: SCP-880-JP-4を長さ4cmになるよう輪切りにする。SCP-880-JP-4片の一つを穴の内部に触れない方法で裏返し、その後その内面を観察。

結果: [削除済み]

分析: SCP-880-JPの内壁を外側に向けることを禁じます。また、今後の収容および実験はセクター81██内部で行うものとし、SCP-880-JPの研究主任として鳶田研究補佐を任命します。 ―サイト-81██管理者

補遺1: SCP-880-JPは不定期的に自身の内壁を外に向けようとする"裏返しイベント"を起こすことがあります。セクター-81██に移送された直後に発生した"裏返しイベント"ではSCP-880-JP-5の内側の12%ほどが外側をむき、エージェント・██の狙撃により無力化されるまでに運送に関わった10人の職員とその周辺にあった32の機器を失う結果となりました。オブジェクトの柔軟性、耐久性から、一度イベントが発生してからおよそ5時間程で完全に表裏が逆転すると推定されます。なお、現在の収容プロトコルによって1█回の"裏がえりイベント"が阻止されています。

なお、完全な長さを保った状態のSCP-880-JPが全て裏返った場合被害がどの程度の範囲まで及ぶかは未知です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。