SCP-886
評価: -1+x

アイテム番号: SCP-886

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-886-AアルファおよびSCP-886-A-03は、生物サイト66で人型収容区画に収容され、毎日三回、栄養価の高い食事が配給されます。

SCP-886-B-2-01からSCP-886-B-2-03は、適切な気候制御のできる、屋内の運動場として設計された収容室886-デルタに収容されます。

研究のための適切な理由が提示されたならば、SCP-886のさらなる固体を繁殖させられます。 研究が保証されていないならば、SCP-886-AとSCP-886-Bの子供たちは出生の直後に殺害されることになっています。

説明: SCP-886は、周期的な無性生殖ができる特殊な哺乳類の総体的な呼称です。 SCP-886-Aはアイルランド系の一卵性双生児の人間の女性(ホモ・サピエンス)です。また、SCP-886-Bは一卵性双生児の雌の飼いならされたアイルランド系ヤギ(Capra aegagrus hircus&color)です。SCP-886-Aと886-Bは、彼女らの種と同様の行動をとり、彼女らに共通するする異常性以外は普通です。

SCP-886-A-アルファは、SCP-886-Aの最も古い実例です。SCP-886-Aは、平均的な知性と背丈の人間の女性(37歳)です。 1年に1回、春の間にSCP-886-A-アルファは、SCP-886-Bの双子を自発的に妊娠します。 それは、標準的なヤギの妊娠(平均140-160日間)とほぼ一致しています。

SCP-886-Bは、白い毛皮で平均的なサイズの雌ヤギです。 SCP-886-Bは親しみやすく、とてもおとなしいです。収容の間、人間へ攻撃性の少しも示しませんでした。 SCP-886-Bのミルクと肉は、問題なく摂取できます。異常性は、伝染性であるように思われません。

2年半で、SCP-886-Bは、一人の人間の幼児を、自発的に妊娠するようになります。SCP-886-Bから生まれる幼児は、SCP-886-A-アルファと遺伝的に一致し、SCP-886-A-XXと称されます。彼女らが記述されている異常性を示し始めるまで、SCP-886-A-XXは15歳まで通常の人間の女性として成長します。

SCP-886-A-アルファは彼女が異常性を示し始めた理由や方法を知らず、予兆も無く始まりました。

補遺 - SCP-886の回収: 地方紙が週末コラムで彼女の異常妊娠に関して報道したとき、SCP-886-A-アルファがエージェントDonellyによって発見されました。 コラムが短いフィクションであると明らかにしたカバー・ストーリーが公開され、関係する一般人は適切に処理されました。

派遣されたタスクフォースによりSCP-886-A-アルファは自動車事故の装いの下で回収されました。家族と友人、特に姉妹と娘は、異常性の発生を監視されています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。