SCP-888-JP-RE メビウスの輪ゴム
評価: +32+x

本報告書の編集及び削除機能は凍結されています。

kurauchiwagomu

倉内博士の研究室にて撮影されたSCP-888-JP-RE

アイテム番号: SCP-888-JP-RE

オブジェクトクラス: Möbius

特別収容プロトコル: SCP-888-JP-REはサイト-8195内の低脅威度物品ロッカー内で保管して下さい。

説明: SCP-888-JP-REは██社製の業務用輪ゴムです。SCP-888-JP-REは、サイト-8195の備品課で購入され、同サイトに勤務する倉内博士の研究室に支給されていました。

SCP-888-JP-REの異常性は、財団基準の報告書にSCP-888-JP-REの異常性の説明を記述し、オブジェクトクラスを分類する際、オブジェクトクラス欄に「Möbius」という語句を記入してしまう事です。本報告書の執筆者は、本報告書の内容に疑念を抱く、または他者に報告書の問題点を指摘された場合についても、最終的には必ず「本報告書に記載されているオブジェクトクラス欄を修正すべきではありません。その異常性についての説明も同様です」と言う結論に至ります。

SCP-888-JP-RE実体、倉内博士とその研究室、サイト-8195の購買課とその流通ルート、██社は全て調査されましたがSCP-888-JP-REの情報災害以外の異常性は発見されず、SCP-888-JP-REの異常性の起源は不明のままです。

補遺1: 本報告書の執筆者である倉内博士からSCP-888-JP-REの調査を引き継いだ坪野研究員からの提言です。

本報告書には複数の矛盾点が存在します。報告書ではSCP-888-JP-REの異常性が「オブジェクトクラスが変更される」のみであるとされています。しかし、それが真実である場合当オブジェクトの異常性は「異常性発覚前に報告書が作成される」事で始めて発見されます。当然異常性が認められないオブジェクトの報告書は作成されない為、この異常性は本来発見されないはずです。
また、報告書には執筆者が異常性の説明を記述した後にオブジェクトクラス「Möbius」を分類すると書かれていますが、SCP-888-JP-REはオブジェクトクラスの分類を行う前に異常性を認識する事が出来ないため、これもまた矛盾が発生します。

倉内博士はSCP-888-JP-REの異常性の影響を受けているため、検査に不備が存在する可能性が高いです。また、報告書の改竄が行われていたり、何らかの現実改変が行われた可能性も考慮する必要があります。本報告書の破棄や大幅な修正を行う可能性も視野に入れ、SCP-888-JP-REの再調査を提言します。
- 坪野研究員

補遺2: 再調査を行った早川研究員からの提言です。

再調査の結果、SCP-888-JP-RE、██社、倉内博士及びその研究室、坪野研究員、サイト-8195は実在せず、矛盾点の具体的な検証は不可能である事が明らかとなりました。

本報告書の内容は明らかに実態と異なっており、早急に何らかの措置を取る必要があります。
現在判明している内容から想定される現象と行うべき措置については以下の通りです。

概要 具体例 課題 本報告書への措置
SCP-888-JP-REとその異常性は実在しませんが外因により報告書が作成されています。 未収容状態のSCiPや外部組織によって、直接もしくは職員を操り偽の情報を含んだ報告書が作成された場合など。 財団の基本理念である確保・収容・保護を覆しかねない情報攻撃を受けています。 課題への対策を考える上で、現在唯一の痕跡となっている本報告書は修正せずに保護すべきです。
SCP-888-JP-REは実在していませんが本報告書自体には異常性が実在しています。 実体がなく本報告書に異常性だけが存在している場合。
報告書に纏わる矛盾などを含めて異常性と見なす場合など。
本報告書の説明などを修正すると、異常性が喪失する可能性があります。 本報告書を新規SCiPとして異なる内容の報告書を作成した後、本報告書自体は修正せずに収容・保護をすべきです。
何らかの現実改変能力が絡んでいます。 SCP-888-JP-REとそれに関連していた人や物は実在していましたが、何らかの理由で存在を消された場合など。 現実改変能力に巻き込まれる可能性があります。 現状ではSCP-888-JP-REに関わる物は本報告書以外実在していないため、改変の影響が安定している可能性は高いと言えます。ただし、本報告書への対応次第で再活性化する可能性が高まるため、取り扱いに注意すべきです。
坪野研究員が本報告書の破棄や大幅な修正などを行う意思を見せていたにも関わらず、その痕跡が見られない事から、それらの行為が改変に影響する可能性は高いと考えられます。なお、提言自体は残されている事から補遺を追加するリスクは低いと考えられますが、その保証は無いため必要最低限に留めるべきです。
また、本報告書は課題への対策を考える上で唯一の痕跡でもあるため、本報告書は修正せず保護すべきです。

SCP-888-JP-REが実在せず、既存のSCiPの報告書だけが本報告書に改変された可能性については、既存の報告書とSCiPを全数調査した結果から否定されています。

あらゆる状況において、本報告書に記載されているオブジェクトクラス欄を修正すべきではありません。その異常性についての説明も同様です。
本報告書は修正せず保護すべきです。
- 早川研究員

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。