SCP-889-JP
評価: +20+x
BBQ-PIT.jpg
発見時のSCP-889-JP

アイテム番号: SCP-889-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-889-JPはサイト-8105の大型器物収容庫に配置され、常に二名以上の警備員によって警備されます。それ以外には特別な措置は必要ではありません。現在のところSCP-889-JPに対する実験は許可されておりません。

説明:SCP-889-JPはメーカー不明の、車輌などで牽引する大型のガス式バーベキューピットです。サイズは長さ190 cm、奥行き60 cmにもなります。非常に大型である事意外は通常の使用にはまったく問題ありません。しかしSCP-889-JPの異常性は内部に食材等を入れずに火を入れ、蓋を閉めた時に現れます。ガス管を繋ぎ点火を行うと数分から数秒後に内部になんらかの物体が出現します。発生した物体は火にさらされた時間に関わらず火の通った状態で発見されます。この出現現象は視覚やカメラなどによる観測状態では発生しません。

SCP-889-JPは200█年に千葉県██市の███沼付近の私有地にて発見されました。持ち主不明の遺棄物として土地所有者に利用され、予熱を行った際に異常が発現。持ち主が警察に届けたためエージェントに補足される事となりました。

実験記録889-JP-3

実験対象:SCP-889-JP
実験方法:重量計に載せた点火可能状態のSCP-889-JPを点火。内容物無し。
結果:点火してから37秒後に重量が70 g上昇。内部には複数のトカゲの焼死体を発見。
思わずエージェント・カナヘビの安否を確認してしまったよ。

実験記録889-JP-4

実験対象:SCP-889-JP
実験方法:耐熱加工したカメラを内部に仕込み、重量計に載せた点火可能状態のSCP-889-JPを点火。内容物無し。
結果:三時間経過するも異常現象は認められず。

実験記録889-JP-6

実験対象:SCP-889-JP
実験方法:重量計に載せた点火可能状態のSCP-889-JPを点火。内容物無し。
結果:点火してから5秒後に重量が5700 g上昇。内部に軽く焦げ目の入った七面鳥の丸焼きが確認された。
きっちりと下処理がされていた。ソースがあれば文句なしだったな。

実験記録889-JP-7

実験対象:SCP-889-JP
実験方法:重量計に載せた点火可能状態のSCP-889-JPを点火。内容物無し。
結果:点火してから37秒後に重量が4700 g上昇。内部に焼け焦げた無数のオオエンマハンミョウが確認された。
今日の実験はこれまでだ。

実験記録889-JP-13

実験対象:SCP-889-JP
実験方法:重量計に載せた点火可能状態のSCP-889-JPを点火。内容物無し。
結果:点火してから249秒後に重量が45400 g上昇。蓋を開けると沸騰した、チーズの混入した海水が噴出し実験者は軽い火傷を負いました。

実験記録889-JP-18

実験対象:SCP-889-JP
実験方法:重量計に載せた点火可能状態のSCP-889-JPを点火。内容物無し。
結果:点火してから2秒後に重量が65700 g上昇。内部に人間の焼死体が確認された。調査の結果遺体のDNAは点火作業を行った██博士と一致。結果を聞いた██博士は著しい神経症に陥ったため実験管理者から除外されました。

インシデントログ:889-A7
実験記録889-JP-18の46日後、重度の躁鬱状態と診断を受け隔離を受けていた██博士が突如サイト-8105に現れました。
彼は著しい精神錯乱状態でSCP-889-JPの収容庫内に侵入.自ら灯油を浴び,点火した状態のオーブン内に入り込みました。すぐに警備員による消化作業と治療が行われましたが、およそ50分後に死亡を確認。この事件からSCP-889-JPへの全ての実験申請は凍結されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。