SCP-890-JP-RE 培養肉のジャータカ
評価: +30+x
cultured01.jpg

蓋を外した状態のSCP-890-JP-RE。

アイテム番号: SCP-890-JP-RE

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-890-JP-REはサイト-8163のBSL3防疫区画に、本体と蓋を合わせた状態で収容されます。SCP-890-JP-REを用いた実験は防疫区画内で実施し、実験後は乾熱滅菌処理を施してから再収容してください。オートクレーブ等、SCP-890-JP-RE本体が濡れる可能性のある滅菌方法は用いないでください。

説明: SCP-890-JP-REは色絵磁器製の平鉢です。高さ9.1cm、直径24.2cmの円形の鉢で、同じ材質の蓋が付属しています。

SCP-890-JP-REの内面に任意の液体が付着しているとき、液体と触れている部分にSCP-890-JP-RE-Aと指定される細胞が出現します。SCP-890-JP-RE-Aは異常な生存能力および増殖能力を有するヒト骨格筋筋芽細胞です。SCP-890-JP-RE-Aは最低限の培地1さえ存在すれば温度や二酸化炭素濃度を調整していない環境でも活発に増殖、分化し、骨格筋組織を形成します。SCP-890-JP-RE-Aから得られた遺伝子の解析結果から、SCP-890-JP-RE-Aの起源は血液型O型Rh+のアジア系女性であると推定されています。

発見経緯: SCP-890-JP-REは████/11/23に、京都市上京区[編集済]の路地にて桐箱に入った状態で発見されました。発見現場付近には重度の刺傷を負った2人の成人男性が倒れており、発見時点で1人は既に死亡、もう1人は意識不明の重体でした。現場の状況から、どちらか一方が刃物を持って他方を襲撃し、乱闘の末に差し違えたものと見られます。

京都府警の初動捜査により、死亡した男性は京都市会議員の橘███氏(当時48歳)、重体の男性は同市内に住む西洋画家の須山██氏(当時35歳)と特定されました。SCP-890-JP-REの異常性確認に伴い、事件の捜査は府警警備部経由で財団に移管されました。

事件経緯およびSCP-890-JP-REについてなんらかの事情を知っている可能性が高いことから、須山氏はPOI-5819-JPとして要注意人物指定されました。POI-5819-JPは意識不明のままサイト-8163に移送された後、治療によって会話が可能な状態まで回復しました。POI-5819-JPに対する尋問によって得られた証言を以下に示します。

cultured02.jpg

POI-5819-JPの自宅より回収されたスケッチ。POI-5819-JPの証言によれば、これはPOI-5819-JPが"椎名さん"をモデルとして描いたものです。

意識回復以降、POI-5819-JPは重度の持続的な抑うつ状態にあります。突発的な自殺企図を含む異常行動に備え、適切な治療と厳重な監視を継続してください。

補遺: 事件翌日、POI-5819-JPの自宅に1通の封筒が届きました。封筒に書かれた宛名が"早瀬様"となっていたことからPOI-8519-JPの証言にあった"石榴倶楽部"との関連が疑われ、財団による回収が決定しました。封筒に差出人の氏名や住所は記されておらず、京都聚楽郵便局の消印が押されていました。封筒内には三つ折りの便箋1枚(文書890-JP-RE-01と指定)が入っていました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。