SCP-8900-EX
評価: +75+x
このアーカイブ情報は参照専用です。
現在、SCP-8900-EXに対しての封じ込め手段は講じられておりません。
SCP-8900-EX.jpg
SCP-8900が[編集済]のドイツ兵数人に影響を及ぼしている。

アイテム番号: SCP-8900-EX

オブジェクトクラス: Keter

特別収用プロトコル: その極端な封じ込めの難しさから、SCP-8900はKeterに分類されました。実際の所、現時点では封じ込めることはできないでしょう。

SCP-8900に感染した人や物品は、検疫後直ちに瞬間焼却により処分されます。その結果生じた炎は感染の拡大を防ぐため、完全な暗闇の中で真空吸引により消火します。財団職員がSCP-8900に感染した人や物品に接触することは、どのような状況であろうと許可されません。

補遺-8900-1: 完全な暗闇はSCP-8900の生物への症状拡散を防ぐことが発見されました。エージェント・ハーカーとミリアムは、この研究のため拘留され続けています。

説明: SCP-8900は接触によって拡散する、可視スペクトルに影響を与える複雑な知覚現象です。この現象は最近開発された技術を用いて撮影することができますが、この異常現象を撮影することは現象の迅速な拡散を招くため、推奨されません。

SCP-8900は現在未収容であり、理論的にも封じ込め不可能です。この現象は1800年代中期から後期に、特定の撮影技術の副産物として発生しましたが、その影響は写真乾板のみに限定され、拡散することはありませんでした。興味深い事実として、SCP-8900の症状が写真に現れたのは、写真技術の開発[編集済]と考えられます。今日我々が知るSCP-8900が出現したのは、おそらく1935年前後の█████株式会社の"インテグラルトライパック"██████████技術の実験によってと思われます。

補遺-8900-2:

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。