SCP-895
評価: +19+x

収容エリア895-06のライブ映像(30m範囲)

アイテム番号: SCP-895

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-895は地下およそ100mにある個室に封印されています。カメラ、マイク、その他記録装置を"レッドゾーン"と呼ばれる10m以内に運ぶときは許可を得た上で2人以上のLevel3の職員を同行させてください。

当サイトの職員が少しでも異常行動や精神障害の徴候を見せた場合、即座に隔離し状況によっては殺処分します。

説明: SCP-895は█████ █████に修繕された飾り立てたオーク材の棺です。██/█/██、SCP職員の霊安室にて発見(当該監視カメラには普段通りの映像が録画されていた)。霊安室スタッフはSCP-895がどこからどのようにして持ち込まれたのか判らないと回答しています。SCP-895をエージェントが開放すると中は空であることが判明しています(しかし、ライブカメラで監視していた職員は[削除済]が写っていたと報告)。通知があるまでは、SCP-895を封印します。

SCP-895にビデオ、カメラ、記録装置を50m以内に近づけるとはっきりと乱れ、定期的に不穏な幻覚を映し出します。5m以内でSCP-895を撮影すると大抵の被験者は精神障害を引き起こしヒステリーになります。この現象は範囲内の監視者の身体には影響を与えません。

付録895-01: SCP-895の復元記録(██/█/██)から音声抜粋

03:41L - 指揮官: チーム1、こちら指揮官。全一般職員の出入りを制限、退避させた。君たちは中に入り中身の確認をしてくれ。
03:41L - T1リーダー: 指揮官、こちら1リーダー。了解、入ります。
03:43L - T1リーダー: ロビー到着。映像の確認お願いします。
03:44L - 指揮官: チーム1、こちら指揮官。映像では…[中断]…壁が血まみれだ、確認してくれ。
03:44L - T1リーダー: 確認できません、指揮官、ここは綺麗な状態です。なんの変化もありません。
03:45L - 指揮官: …消えた。チーム1、幻覚が現れたら報告する。
03:45L - T1リーダー: 了解、指揮官。チーム1はこれより保管区域に侵入する。
03:47L - T1リーダー: 保管区域到着、対象を確認。
03:48L - 指揮官: む、動いたな…チーム1、対象が動いているか確認してくれ。
03:48L - T1リーダー: …指揮官、確認できません、動いているようには見えません。対象は通常通りです。
03:48L - T1リーダー: 2、それを開けろ。
03:48L - 武器を構える音に続いてSCP-895が開く音。
03:49L - T1-2: リーダー、中は空です。
03:50L - T1リーダー: 指揮官、こちら1リーダー。対象には何も入っていません。
03:51L - T1リーダー: 指揮官、聞こえますか?
03:51L - 指揮官: 叫び声と嘔吐の音。
03:51L - T1リーダー: 指揮官、聞こえますか、応答してください?!
03:52L - T1リーダー: くそ、ここから出るぞ。それは閉めておけ!

付録895-02: [削除済]が発生し3名が亡くなり、SCP-895のレッドゾーンが5mから10mに拡大、用心のため保全員のシフトを4時間に減らしました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。