SCP-896
評価: +1+x

アイテム番号: SCP-896

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: 公に広く周知されているため、SCP-896の物理的収容は不可能です。しかしながら、SCP-896の特異な性質は財団の努力と████ █████(SCP-896の公開・ホスティングを行っている企業)の協力によって大幅に無力化されました。

SCP-896のオリジナルのコードをホストしているサーバはサイト-15に保管されます。5台の標準的なデスクトップコンピュータがSCP-896-1をインストールされた状態で前述のサーバに接続されています。SCP-896をインターネットやサイト-15の全てのネットワークに接続することは許可されませんが、物理メディアを用いて定期的に修正パッチが追加されます。

SCP-896の使用を希望する職員は2人のレベル4管理者の許可を得ることが義務付けられています。財団職員は別途通知があるまでSCP-896を使用することを禁止されます。財団の貴重なデータが損なわれる可能性があるため、レベル4以上のいかなる職員もSCP-896の使用を禁止されます。SCP-896に使用されたクラス-D職員は必ずSCP-896の影響について定期的な観察を受けなくてはならず、収容手順はセキュリティ違反が発生しないよう個別に調整されなくてはなりません。

説明: SCP-896は一般に████ █ ████として知られるオンラインロールプレイングゲームです。一般に公開されているSCP-896のバージョンは特異な効果を示しません。しかしながら、███ ████によって開発されたオリジナルのコードは████ █ ████のSCPとしての分類を満たす効果を示します。

SCP-896は通常のオンラインロールプレイングゲームと同様に機能します。オンラインロールプレイングゲームのシステムや用語に詳しくない場合は財団のものではない一般の論説を参照してください。

SCP-896の異常な振る舞いは、ユーザーがキャラクタ作成時にユーザー自身の姓と名をアバター名として使用した場合にのみ現れます。これが発生した場合、ユーザはキャラクターに『刷り込まれ』ます。刷り込まれると、アバターのステータスについてのいかなる変更もユーザーに直接影響を生じるようになります。この現象がどのようにして発生するかは十分に理解されていません。現在の仮説では、SCP-896はユーザーに強力な『肉体を上回る精神力』を与え、それによって彼らの肉体や環境を変化させているものと考えられています。

ユーザーの能力に影響を与えるステータスには6つの種類があります。ゲーム中でステータスを上昇させると、ユーザーの対応する身体的・精神的特性が増強します。しかしながら、ある1つのステータスが他の全てのステータスよりも15パーセント上回った場合、ユーザーの他のすべての身体的特性は悪化します。ゲーム中のステータスと実際の能力との対応関係は以下に示されます。

体力 (STR): 自明です。アバターの体力が上昇すると、ユーザーの体力も上昇します。
素早さ (AGI): 高い素早さのアバターのユーザーは高い身体動作の正確さとコントロールを示しました。この長所によって、求められる動作を技術や正確性を犠牲にすること無く高速で行うことができるようになります。
スタミナ (STA): スタミナの上昇はユーザーに食事や睡眠無しで持久する能力に効果を示し、身体耐久性を高め、疾病や物理的ダメージに対する耐性さえ与えます。
カリスマ (CHR): カリスマは人間に対する深い理解をユーザーに与え、それを利用して他人を自身の望み通りに操る能力を与えます。
知力 (INT): 高い知力の値によって、ユーザーに情報保持力と問題解決能力の増強が与えられます。
賢さ (WIS): ユーザーに状況と人々への深い理解能力を与え、最良の問題解決策を発見する力を与えます。『最良の問題解決策』が被験者の道徳・倫理的優先度に基づくものである点に留意すべきです。

回収ログ: SCP-896の効果はベータテスト中に初めて発見されました。MTF ミュー-4の定期的な監視によって効果について詳細に記述された社内メールが傍受され、速やかなSCP-896の確保が行われました。SCP-896は既に一般大衆によって公開が期待されており、ゆえにプロジェクトの隠蔽は選択されませんでした。SCP-896は特異な振る舞いが発現しないよう十分なコードの改変をなされた上で一般に公開されました。旧版のベータコードは直ちに修正され、SCP-896は事実上収容されました。

実験ログ SCP-896-A:
コンピュータゲームに対する知識、財団の指示への順応性、および平均以下の身体・精神的特性を持つという条件から、5人のクラス-D職員が試験のために選抜されました。各クラス-Dはグループ内で特定の1つのステータスを試験する目的で役割を割り当てられました。読解を容易にするため、D-896-aからD-896-eはこれ以降より以下に示す役割名によって言及されます。

D-896-a: ナイト - スタミナに特化したキャラクター。
D-896-b: バーサーカー - 体力に特化したキャラクター。
D-896-c: クレリック - 賢さに特化したキャラクター。
D-896-d: 魔法使い - 知性に特化したキャラクター。
D-896-f: 吟遊詩人 - カリスマに特化したキャラクター。

実験ログ SCP-896-B:
レベル3研究員である████博士が自身の能力を増強するべくSCP-896を過剰を避けて用いました。████博士は負の効果を避けるべく各ステータスを均等に増加しました。████博士は53歳であり健康的な状態にあり、SCP-896の利用当初と比較して7パーセントの筋力と知能指数の向上が見られました。████博士は20██年の感謝祭の週末の間に『ゲームマラソン』を行うことを決め、SCP-896を約█時間継続してプレイした後に死亡しました。検屍の結果重度の関節炎、早期発症型のアルツハイマー病、白内障、そして複数の腫瘍の進行が確認されました。検屍官は████博士の死因を老衰と結論付けざるをえませんでした。財団職員によるSCP-896の使用は、レベル上げと加齢効果の相互関係が理解されるまで停止となります。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。