SCP-902
評価: +13+x
box.jpg
SCP-902

アイテム番号: SCP-902

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-902は北極基地シータに移管されています。このサイトに保管されている唯一のSCPです。このサイトは50人の保安要員のチームが配置されることになっています。現時点でSCP-902の研究は行われていません。その番号以上のSCP-902に関する知識は、レベル3以下のスタッフに制限されなければなりません。限られた人数のシニアスタッフだけはSCP-902の存在を知っておかなければなりません。O5の一人だけがSCP-902のことをいつでも知ることが許されています。北極基地シータ内部から機密が漏れた場合、基地にある水爆を遠隔爆破されることになります。SCP-902は、早すぎる破壊から常に守らなければなりません。

説明: SCP-902はだいたい成人の頭ぐらいの大きさの箱です。測定値は30cm x 15cm x 19cmです。約30年前に使用されていたタイプの弾薬箱に見えます、およそ60年間も財団に保管されていたにもかかわらず。SCP-902は鉛で作られています。SCP-902の内部のアイテムの構成は不明です。SCP-902は、「カチカチ」と表現される音を出します。この音を聞いた人は誰でも、カウントダウンしていると確信するようになります。箱を開いた時、中は空っぽのようです。しかし、カチカチ音は残り、オブジェクトはカウントダウンを継続します。SCP-902を知るなら誰でも、個人同士の接触やこの報告書を読むことでも、箱の中にあるもの全てが恐ろしく危険であると、確信するようになります。そしてカウントダウンが完了したらすぐに、破壊される必要があります。完了する前ではなく。SCP-902に暴露したスタッフは、中のオブジェクトを見つけようと、決まって箱の開け閉めを繰り返し続けるでしょう。

オブジェクトは存在しない。オブジェクトは存在する。破壊されなければならない、カウントダウンが止まる時に。我々は偉大な仕事を続けている。我々は止められなければならない。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。