SCP-906-JP
評価: +34+x
鉄塔.jpg

SCP-906-JP-1のひとつ。

アイテム番号: SCP-906-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-906-JP-1の周囲5mに金網を増設し、金網内への立ち入りを禁止してください。立ち入りを行う場合、レベル3以上の職員の許可を得た後、財団標準火器の携帯、もしくは火器を使用できる人材との同行を必要とします。あらたにSCP-906-JP-1が発見された場合、カバーストーリー「電線工事」を適用し、同様の対処を行ってください。SCP-906-JP-1には触れないようにし、万が一触れてしまった場合、決して動かず、声を出さないようにしてください。SCP-906-JP-2が出現した場合、必要であると判断されたなら、対象への攻撃および発砲を許可します。

説明: SCP-906-JPは、高圧送電線用の鉄塔のように見える物体(SCP-906-JP-1)と、JP-1に生息する巨大な蜘蛛のような生命体(SCP-906-JP-2)で構成されています。

SCP-906-JP-1は高圧送電線用の鉄塔のように見える物体です。20██年現在、対象は鳥取県に█個、岡山県に█個発見されています。対象の外見は通常の鉄塔と変わりません。対象は異常性を発揮していない状態でも極めて頑強であり、あらゆる耐久実験においても欠損は見られませんでした。また、接続されている送電線は正常に使用されています。

SCP-906-JP-1の異常性は、「摂氏30℃以上50℃未満であり、音と振動を発する物体」が対象に触れた場合、発現します。物体の触れた部分が対象に完全に接着されます。接着力は強く、200kg以下の牽引力では引き剥がすことができません。この状態で「大声を出す」「JP-1から離れようと動く」などの動作が継続して起こった場合、SCP-906-JP-1の上部にSCP-906-JP-2が出現します。

SCP-906-JP-2は体長2mほどの巨大な蜘蛛のような生命体です。対象の姿はジョロウグモ(学名:Nephila clavata)とよく似ています。記すべき特徴として、全身が鋼鉄のような未知の物質で構成されており、衝撃に対して非常に頑強です。また、後述の行動から筋力は200kg以上であると考えられています。JP-2は各JP-1に1個体で生息しており、これまでに発見された対象は、それぞれ全て別の個体です。また、ジョロウグモの物とよく似た生殖器が確認され、それらはすべて雌の物と判明しています。現在、雄の生殖器をもった個体は発見されていません。

SCP-906-JP-2は大きな音と振動に正の走行性を強く示し、それを放つ物体に時速60kmほどの速さで近づいていきます。JP-1に接着された物体にたどり着くと、非生物であればJP-1から引き剥がして廃棄し、生物であれば[編集済み]しながら捕食します。消費行動は█時間ほどかかり、終了すると、JP-2はJP-1の上部まで戻り、消失します。

SCP-906-JP-2は機動部隊の標準火器では負傷をほとんどしません。しかし、対象は生物の捕食中であっても、攻撃を受けると逃走行動をとります。JP-2出現時において必要であると判断された場合、現場の判断での発砲が許可されています。

SCP-906-JPは198█年5月、鳥取県にて電気工員の不審な事故死が多発したことが財団の目にとまり、調査が行われたことで発見されました。また、対象が異常性を発揮する前は通常の鉄塔であったことが資料から確認されています。鉄塔を保有する██電力株式会社の幹部に扮した財団職員により、SCP-906-JP-1となった鉄塔には、特殊技術団体に偽装した財団のグループが管理にあたることになりました。

第一発見以降、SCP-906-JPの新しい個体は、4年から5年に1度ほどの、ゆっくりとしたペースで発見され続けています。通常の鉄塔がSCP-906-JP-1になる原因や、SCP-906-JP-2がどこへ消失しているのかは未だ不明です。現在、鉄塔のJP-1化を防ぐ方法の研究が進められています。

補遺1: 200█/06/30、財団収容下にあるSCP-906-JP-1において、腹部に直径60cmほどの球形物体が付着しているSCP-906-JP-2が確認されました。観察により、それは卵嚢である可能性が高いと結論付けられました。20██現在において球状物体の孵化の様子は見られませんが、初期の確認時点より肥大化していることが判明しています。SCP-906-JP-2の雄個体の捜索が現在も行われており、球形物体の奪取および保管が検討されています。

補遺2: 球状物体の模様の一部を拡大した結果、人間の顔のような模様になっている部分が発見されました。財団が調査を行ったところ、その模様の特徴は198█/05/10に死亡した電気工員の顔の特徴と95%一致しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。