SCP-910-JP
評価: +163+x

アイテム番号: SCP-910-JP
いたずらな標識.gif

変形するSCP-910-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: SCP-910-JPを回収する試みは全て失敗に終わっており、現在は発見された地点から半径██kmの範囲で封鎖を行っています。一般人がこの地域の通行を試みた場合は自然保護の理由で立入禁止区域にあると説明してください。SCP-910-JPは910-JP監視塔を用いて常に形状の変化を監視されねばならず、変化があればただちに記録されます。第一次910-JP回収作戦以降SCP-910-JPは財団職員に敵対的であるため、如何なる職員もSCP-910-JPへの接近は許されません。

説明: SCP-910-JPは████████から███████までに続く平地に敷かれた道路の傍らに存在します。通常は標識令に規定されている「一時停止」の道路標識の外見を維持しており、構成素材は今のところ不明です。標識部位は通常の手段で損傷を与えることが可能ですが、損傷は未知の方法によって即時に再生します。支柱部位は如何なる手段を用いても損傷を与えることができませんでした。
SCP-910-JPの標識部分はあらゆる道路標識標識に変形することが可能1で、各標識に関連する超常現象を発生させます。その種類は非常に多岐に渡り限界範囲は未知数です。詳細は現象記録910-JP-Aを参照してください。


SCP-910-JPは知性と人格を有していると推測されています。過去の実験ではSCP-910-JPの性格は「悪戯好き」「人を囃したてる」などと報告されており、接近した人間に保有する能力を用いて怒らせたり困らせたりする行動傾向を見せています。人間が周辺に存在しない時は比較的大人しくなりますが、完全な不活性状態ではなく、特に何の意味もなく能力を行使する様子が報告されています。現在、SCP-910-JPとの直接的なコミュニケーションは実現していません2
SCP-910-JPの標識部位に全体の20%以上の欠損を与えると、超常現象の発生を一時的に食い止めることができますが、SCP-910-JPはハザードシンボルを用いて攻撃的になります。これまでに「放射能標識3」「津波4」「高電圧5」「[削除済]」「[削除済]」などが確認されています。

補遺: SCP-910-JPに損傷を与え続けて抑止を行い、支柱を地面から引き抜くという回収計画が承認されました。過去に3度失敗と改案を重ねて実行されましたが、現状では回収は不可能と判断されました。判断の決め手となったのはSCP-910-JPの驚異的な再生能力と第三次910-JP回収作戦で確認された「[削除済]」「[削除済]」の標識による攻撃でした。回収作戦失敗後、keterクラスへの格上げが要請され承認されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。