SCP-911-JP
評価: +22+x
button.jpg

SCP-911-JP-A

アイテム番号: SCP-911-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-911-JP-Aは電池を抜いた状態で、オブジェクト収容金庫へ保管してください。
SCP-911-JP-Aを用いた実験はすべてのケースで、医療検査を終えた被験者で行います。これは被験者がDクラス職員であっても同様です。

実験の申請は、被験者の診断書とともに担当職員へ申請してください。実験後の被験者は希望がある場合、Cクラスの記憶処理を受ける事ができます。

説明: SCP-911-JPは緊急用呼び出しボタンの形状をしたSCP-911-JP-Aと、ボタンを押した際に出現するSCP-911-JP-B及びSCP-911-JP-Bが出入りするSCP-911-JP-Cで構成されます。

SCP-911-JP-Aは9V角形電池の入る電池ボックスがあり、規格に対応した電池を入れる事で活性化します。活性化した状態で何らかの怪我、病気を持つ被験者が素手でボタンを押すと、部屋の出入り口(SCP-911-JP-Cとなります)よりSCP-911-JP-Bが現れます。被験者が全くの健康体である場合や、ロボットアームを通した操作であった場合は特に何の反応も示しません。また、一度被験者となった人物が再度ボタンを押した場合も同様に何も反応を示しません。

SCP-911-JP-BはSCP-911-JP-Aで呼び出される医師(SCP-911-JP-B-1)及び看護師(SCP-911-JP-B-2以降)です1。SCP-911-JP-Bは呼び出した被験者を診察し、症状に応じた外科手術を被験者の意思とは無関係に行います。SCP-911-JP-Bの手術はほとんどのケースで部分麻酔で行われ、被験者は手術の一部始終を目視する事が可能です。が、SCP-911-JP-Bによる手術手順は一般的なそれではなく2、目視した被験者は大きな精神的負担を伴います。手術により診察された病状、怪我は治りますが、甚大な手術痕を残す結果となります。詳細は実験記録、映像記録を参照してください。
術後SCP-911-JP-Bによる被験者へのアフターフォローはありません。

SCP-911-JP-CはSCP-911-JP-Bが部屋を出入りする境界です。これは部屋についている開口部であればどんなものでもよく、ドア、窓、排気口等様々なものがSCP-911-JP-Cになり得ます。また、開けた先が外へ通じているかは問いません。

SCP-911-JP-Bの動作を制止させる試みは、職員への精神干渉によりすべて失敗に終わっています。SCP-911-JP-Bへ干渉しない場合、職員の同席は特に注意を払われず、ビデオ撮影も可能です3

補遺: 実験記録


付記: 実験映像の閲覧を希望される職員は、██博士まで申請してください。

補遺: 事案911-ほ

SCP-911-JP-Bによる治療の限度を知るため、財団のフロント企業が経営する病院へ被験者の提供を申請しました。結果、現在の医学では治療が困難とされる、重い心臓病を患った██歳の少女が提供されました。病状については財団の精密検査でも裏付けられています。
少女と家族へは治療は失敗するかもしれない事、命の保証は出来ない事、成功しても病院への長期入院が必要な事4について同意書を取り、被験者となって貰いました。
被験者の呼び出しに応じSCP-911-JP-Bが現れ、診察が行われました。SCP-911-JP-B-1は臓器の移植が必要である旨を宣告し、手術を始めました。被験者に全身麻酔を施した後、SCP-911-JP-B-1は自らの胸部を切り開き、明らかに通常の物とは異なる大きさの心臓を取り出しました。取り出された心臓は被験者へ移植されましたが、患部へ入りきらない部分は外へ露出しました。
術後、被験者の健康状態は良好ですが、露出した心臓は徐々に肥大化をし、被験者の胸部を侵食し始めました。このため、被験者は新たにSCP-911-JP-Dと指定されました。

実験より半年後、SCP-911-JP-Dについて得るものが無いと判断され、終了されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。