SCP-913
評価: 0+x

アイテム番号: SCP-913

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-913は厚さ1mのカーボン・スチールで補強された、改良型の人型収容室に収容することになっています。SCP-913には標準的な人型用家具が提供され、また要望に応じて録画された娯楽素材が提供されます。収容室への接触は、補強されたカーボン・スチール製のドアを通じてのみ許可されます。

2時間ごとに、SCP-913は文書913-2に記述されている栄養価の高いサプリメントを与えられます。栄養の吸収を促進するため、SCP-913には中心静脈カテーテルが挿入されています。睡眠時は、静脈を通じて栄養サプリメントが投与されます。カテーテルは3ヶ月ごとに交換されます。

「ミスターズ」に関する現在の規定に従い、SCP-913はサイト-██のホール██内に収容されます。

説明: SCP-913は極めて速い代謝能力を持った、アフリカ系アメリカ人の中年男性に見えます。SCP-913は正常な人間に推奨される1日のカロリー摂取量を、2時間ごとに必要とします。また、体温は[編集済み]。

SCP-913は2時間中に一定量のカロリーを摂取できないと、トランス状態に入ります。そうなっている最中は、SCP-913は視界に入る全ての固形物を破壊し、摂食します。この摂食には、木材やプレスチック、金属といった通常は消化できないものも含まれ、生物と他の物質を区別することはありません。睡眠中であっても飢餓状態になるとSCP-913は目を覚まします。SCP-913はこの状態において自身の行動を自覚しており、高密度の物質を摂食すると激しい不快感を表します。

SCP-913は推定3000Nの力で対象を引き裂くことができ、また食事中は推定5000Nの力で対象に噛みつくことができます。SCP-913は、トランス状態でない時にはこの力を発揮することはできません。

SCP-913の肝組織に対する検査では、肝臓が異物に反応して未知の酵素を生み出していることがわかりました。これらの酵素は基質を最大98%の効率で代謝させ、あらゆる薬物や毒物を効果的に中和します。これには記憶消去剤や麻酔薬も含まれます。

SCP-913はサイト-██の[消去済み]のエントランスで発見されました。

補遺913-1: SCP-913の右ふくらはぎに、「リトル・ミスターズ®の一員、ミスター・はらぺこ by ワンダーテインメント博士」という文字が入れ墨されています。発見以来、SCP-913はシャツとズボンを着ていますが、どちらにも「博士の特注品」というブランド名がタグに縫い付けられています。この表示は文書SCP-909-aの「7」の項にも見られます。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。