SCP-916-JP
評価: +65+x

Anomalousアイテム番号: AO-916-JP-MTYTKLR
説明: 新潟県妙高市で事故死した████氏と同一と思われる人間。DNAやその他特徴も████氏のものと一致した。
回収日: 1991/10/10
回収場所: 山形県山形市の交番
現状: 標準人型格納個室に収容。 現在は冷凍冬眠装置に収容。

新たな情報によりこの記録文書は更新されました。

 

SCP-916-JP.jpg

SCP-916-JP

アイテム番号: SCP-916-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在SCP-916-JPは冷凍冬眠装置に収容されています。SCP-916-JPは可能な限り長期の生存を維持しなければなりません。SCP-916-JPには追跡装置を埋め込み、収容施設外からの信号を受信した際はただちに確保に赴いてください。SCP-916-JPの死亡を伴う実験は収容違反が発生する可能性が高いため、レベル4以上の職員3名の同意が必要となります。死亡が確認されたSCP-916-JPへの蘇生措置は禁止されています。

説明: SCP-916-JPは日本人男性に見える人型存在です。████氏が新潟県妙高市の交通事故で死亡したその二時間後、████氏を名乗る男性が山形県山形市の交番に保護を求めた事で財団に発見されました。████氏の遺体が存在しているにも関わらず、山形市に現れた男性は████氏とDNA、身体的特徴、所持品が完全に一致しました。記憶に関しては、自身にぶつかりそうになったトラックを目撃した部分まで有しており、衝突の瞬間は記憶になく、突然池の中1に移動したと証言しています。

SCP-916-JPは通常の人間と変わりない身体構造ですが、死亡した際にその異常性が発揮されます。SCP-916-JP(SCP-916-JP-1)が死亡すると、離れた地点2に生前のSCP-916-JP-1と同一個体(SCP-916-JP-2)が発生します。SCP-916-JP-2の発生の際、発生場所において同体積の固体又は液体が消費されますが、消費される物質に関わらずSCP-916-JP-2はSCP-916-JP-1と同一の組成である事が判明しています。SCP-916-JP-2は、所持品3を含みSCP-916-JP-1が問題無く生存していた直近の状態で発生します。

発見当初、SCP-916-JPは死亡した████氏と同一存在である事が確認されました。しかしその後の周辺調査において他に異常性が確認されず、有益な情報も得られなかった事からAnomalousアイテムAO-916-JP-MTYTKLRに分類されていました。AO-916-JP-MTYTKLRは2007年09月16日に起きたGOC過激派による攻撃によって財団施設が破壊された際に死亡が確認されましたが、GOC撃退後の施設復旧作業中、サイト内のカフェテラスに隠れているAO-916-JP-MTYTKLRが再発見されました。カフェテラスの監視映像には、大理石の床から起き上がるようにして発生したAO-916-JP-MTYTKLRの姿が映し出されていました。更なる調査が行われた結果、AO-916-JP-MTYTKLRはAnomalousアイテムからKeterクラスのSCP-916-JPへと再分類されました。
 
 
事件記録002- - 日付2007/09/16

実験記録004- - 日付2007/09/16

対象: AO-916-JP-MTYTKLR

目的: AO-916-JP-MTYTKLRが死亡した際に何が起こるかの調査。

実施方法: 追跡装置を体内に埋め込んだ上で麻酔に掛け、安楽死させる。

対象の死亡が異常性の原因と考えられ、上記の実験が実施されました。対象の死亡が確認された後、20km離れた山中から追跡装置の信号をキャッチ。現場に急行した所、昏睡状態のAO-916-JP-MTYTKLRと同一組成の存在(SCP-916-JP-2)を発見しました。この時、近くの樹木の一部が対象と同体積消失している事も確認されました。
発見から八分後、SCP-916-JP-2の死亡を確認。その後、対象に取り付けた追跡装置と同一の信号を日本海沖230km地点から受信しました。
山中で発見されたSCP-916-JP-2の体内からは安楽死に用いた薬物が検出され、この残留薬物が対象の死亡原因である事が判明しました。財団が新たなSCP-916-JP-2を確保し、解毒作業を成功させるまでに五度4のSCP-916-JP-2の発生を齎しました。木曾町で確保された最新のSCP-916-JP-2に解毒作業が行われた事で対象の更なる死亡は阻止され、事件の目撃者にはAクラスの記憶処理が施されました。

 
2007/09/16: 上記の事件を受けて、AO-916-JP-MTYTKLRはオブジェクトクラス未定のSCP-916-JPに認定されました。
 
 
 
実験記録005- - 日付2007/09/23

対象: SCP-916-JP

目的: SCP-916-JP-2が生前のどの時点の状態で発生するのかを調査する。同時に、接触している生命体も複製するのか確認を行う。

実施方法: 胆嚢、腎臓の一つを摘出。腸内に、生きた人回虫ひとかいちゅうを収めた不溶性カプセルを残す。覚醒した対象には記録装置を付けた腕輪を装着させ、ポメラニアンを抱かせた状態で対象に気付かれないように終了する。使用する生物には追跡装置を埋め込み、雄のみを用いる事とする。

結果: 対象の頭部を狙撃後、兵庫県摩耶山中の民家にSCP-916-JP-2が発生。発生場所からは対象及び人回虫に埋め込んだ追跡装置の信号が確認されるも、ポメラニアンの信号は確認されず。確保後の調査により、対象は胆嚢、腎臓の一つが摘出されている状態である事が判明した。対象の腕輪は財団が装着させた物と一致した。腕輪の記録装置には、着弾二秒前に突然民家へと移動している対象の姿が映し出されており、抱かれていたポメラニアンの姿は映像が民家へと切り替わる際に消失していた。対象の記憶も記録映像と一致する事が確認された。摘出していた胆嚢と腎臓は対象の体内に戻され、人回虫を収めたカプセルは回収された。

分析: SCP-916-JP-2はSCP-916-JP-1の“完全”な状態で発生するものではないという事が確認されました。装着物の複製は生物にまで及びましたが、何処どこまでを装着物とみなされるのかは更なる実験を行わなければわかりません。

補遺: 実験後、この民家に住む男性が行方不明となっています。その後一年間民家を監視するも異常は確認されませんでした。

実験記録006- - 日付2007/09/23

対象: 実験記録005でSCP-916-JP-2の体内から回収した人回虫。

目的: SCP-916-JP-2と共に複製された生物にも異常性が伝播しているかを確認する。

実施方法: 追跡装置を埋め込んだ人回虫を終了する。

結果: 追跡装置の新たな反応は無し。

分析: SCP-916-JPの能力は伝播しない事が確認されました。SCP-916-JPは“死亡すると生前の自分を複製する”という異常性を持った自分を複製しているのでしょう。なので、他生物を複製したとしてもそれは異常性を持たない“複製された生物”となると思われます。異常特性を持った生命体を使用した場合はその特性ごと複製しそうですが、それを確認する必要性はないと思われます。

実験記録008- - 日付2007/09/25

対象: SCP-916-JP

目的: 死亡したSCP-916-JP-1が蘇生した場合どうなるのか調査。

実施方法: 対象をショック死させ、SCP-916-JP-2が確認された後にSCP-916-JP-1に蘇生措置を行う。

結果: 霧崎博士により実験は中止。

蘇生に成功した場合、SCP-916-JPが二体に増える事が容易に予想されます。仮に蘇生後のSCP-916-JP-1が異常性を喪失していたとしても、それを確認する事の有用性を見出せません。どちらの結果も予想にしか過ぎませんが、それらの確認は不要と判断します。 - 霧崎博士

 
 
補遺: SCP-916-JPは死亡した際に『自身の最も健全な状態』ではなく『問題無く生存していた状態』でSCP-916-JP-2を発生させるものと考えられます。『毒物を摂取する前』ではなく、『体内の毒物が効果を発揮する前』の状態でSCP-916-JP-2が発生しているのがその証拠です。SCP-916-JPは確保当時から加齢が進んでおり、このまま老衰死を迎えた場合、最悪の事態として老衰死とSCP-916-JP-2の発生を永遠に繰り返すNK-クラス世界終焉シナリオが引き起こされる事が考えられます。SCP-916-JPはKeterに再分類され、特別収容プロトコルは超長期的に生存を保ったまま収容する現在の物へと変更されました。

SCP-916-JPを無力化する研究は現在も進行中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。