SCP-923-JP
評価: +34+x

アイテム番号: SCP-923-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-923-JPはすべて、サイト-8181の収容ロッカーに保管されます。実験記録057の結果を受けて、SCP-923-JPによる実験は音声入力ではなく、厳重な監視の下でのソフトウェアキーボード入力で行われることが義務付けられました。

説明: SCP-923-JPは、携帯型ゲーム機████████ ███で動作するソフトウェアカートリッジです。ネットワーク機能を有効にした状態でSCP-923-JPをゲーム機本体に挿入し起動すると、「くじ太教授のなぜなに体験ツアー」と書かれたタイトルロゴと、大学帽を被ったクジラを模した姿のキャラクター「くじ太教授」が画面に表れます。何らかのボタンを押すか下画面のタッチパネルに触れると画面が変わり、上画面にはくじ太教授と質問を促す文章が、下画面には日本語入力に対応したソフトウェアキーボードが表示されます。この時にキーボード、もしくは音声入力によって日本語で何らかの質問を行うと、質問者はその解答となるものが存在する場所に(衣服や所持品も一緒に)瞬間的に転移します。解答となるものが複数存在する場合は、現在地から距離的に最も近い場所が選ばれます。もしこの時に質問者がゲーム機本体を保持していなければ、転移先からは自力で戻ってくる必要があることに留意してください。ただし、質問者が「質問の答え」もしくは「質問の結果による転移先」を知っている場合は、転移は行われません。

SCP-923-JPには説明書は付属していませんが、パッケージ裏面に次のような文面がイラストや画面写真などとともに印刷されています。

”本物”の知識がここにある――
百聞は一見に如かず!
くじ太教授と一緒に、君も探究の旅に出かけよう!
1

―知識は宝― Knowledge Labo.ナレッジ ラボ

SCP-923-JPは、██県██市の██動物公園で「ライオンの飼育室内に突然女の子が現れた」という通報があったことから発見・収容されました。ライオンが休息中だったこともあって少女に怪我はなく、その後目撃者および関係者には記憶処理が行われカバーストーリー「施錠ミス」が適用されました。この少女は通信販売サイトでSCP-923-JPを購入したと述べていますが、該当のサイトは既に閉鎖されており、「ナレッジ ラボ」なる企業・団体についても現時点では手がかりが掴めていません。その後の調査で9個のSCP-923-JPが発見され現在はすべて収容されましたが、未確認のSCP-923-JPが存在する可能性もあることから、機動部隊ま-196("インターネット探検隊")が捜索を続けています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。