SCP-924
評価: 0+x
icewater.jpg

捕獲直前のSCP-924の標本

アイテム番号: SCP-924

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-924の全標本はサイト46内の7m x 7m x 7m の独立した海水タンクに収容されています。海水は定常温度1.6℃ (35°F)に維持しなければなりません。全監視地点は強化ガラスで建設してください。実験または清掃のためにタンクに入る必要がある場合は、水温を7℃ (44.6°F)に上げてください。これらの条件以外でタンクに入ることは禁止されています。

各SCP-924には毎月85キログラムの新鮮な肉を供給してください。

SCP-924の野生標本の捕獲または排除は特別機動部隊タウ-2「ポーラ・パスファインダーズ」により実行されます。

説明: SCP-924は体長約2m(6.5フィート)の青白い人間型生物の種です。この存在は人間の水死体のような外見をしています。いくつか骨状のものが付属しており、頭部では(鹿の)枝角のように成長します。さらに一組の外鰓が胸郭の下に位置しています。彼らは最大時速30kmで泳ぎ、深さ1kmまで生存が可能です。SCP-924は正常な活動のため、氷点温度に近い北極圏環境を必要とします。周囲の水温が4℃ (39.2°F)を超えた場合、夏眠の状態に陥ります。

SCP-924は適切な奇襲場所である氷の穴を使うか、単に自ら氷を破壊して水中から獲物に襲いかかる待ち伏せ型の捕食者です。SCP-924は匂いと振動の両方について高度な感覚を持っており、かなりの距離から、あるいは氷越しに獲物を追跡することができます。攻撃が成功した場合、標的はSCP-924に即座に溺死させられます。この直後、標的の死体は消費のためにSCP-924に海底に引きずりこまれます。

SCP-924は1-6時間後に引き込んだ死体を手放します。回収された遺体には、体内器官及び筋肉の液化または消費に加え、長期の水没と高化圧のあらゆる形跡が現れています。死体は高濃度の悪性バクテリアも含み、それは人体に接触した時、ほとんどの種類の結合組織、筋肉組織を破壊し、同時に表皮、骨を無傷のまま残します。被捕食後、最大2週間にわたってバクテリアはその体内で活性を示します。

SCP-924は[編集済]周辺の地域内で起きたアイスフィッシングする釣り人たちの一連の謎の失踪として最初記録されました。当種は周辺の温度が上がるにつれて体内活動が不活発になるため、正常な活動のために氷点下の環境を必要としますが、一方で冬季には獲物を見つけるために南へ渡りをすることが知られています。SCP-924の遭遇した最南端は、ミシガン州、████████から約3マイルの地点です。

補遺: 20██年██月██日の事件で、結果的に犠牲者は出なかったものの、SCP-924は水の外で自立し行動する能力を持つこと、不用心な漁船に対し攻撃が可能であることが判明しました。特別機動部隊タウ-2はこれに応じて手順を改定しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。