SCP-928-JP
評価: +32+x

アイテム番号: SCP-928-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-928-JPは標準人型オブジェクト収容室に拘束した状態で収容し、半径30mの範囲は通常時は立ち入り禁止区域としてください。実験などで出入りする際もレベル3以上のセキュリティクリアランスを持つ財団職員以外は侵入させないでください。収容室内部は常にカメラで監視してください。

説明: SCP-928-JPはSCP-928-JP-AとSCP-928-JP-Bで構成されます。

SCP-928-JP-Aは[編集済]社のキャラクターである「███████」に酷似した身長4.8m、重さ███kgの着ぐるみです。人間が1人入ることができ、どこで製造されたかの特定には未だ至っていません。SCP-928-JP-Aを破壊する試みは全て失敗しています。

SCP-928-JP-BはⅩ線検査により存在が確認されたSCP-928-JP-Aの内部に入っている年齢不詳の男性です。一部の皮膚や骨がSCP-928-JP-Aの内側の生地と組織レベルで結合しているため、SCP-928-JP-BからSCP-928-JP-Aを脱がす試みは全て失敗しており、身元の特定には至っていません。日本語と英語を話すことができ、その声は声優の████氏のものと酷似しています。食事や排泄は必要としません。SCP-928-JP-AからSCP-928-JP-Bを出す試みは全て失敗しています。

SCP-928-JP-Bの異常性は、SCP-928-JP-Aの周囲半径30mにいる人間の思考を読み取る能力を有していることです。この能力に制限はなく、対象が範囲外に出ると読み取りは不可能になります。そして、この能力でSCP-928-JP-Aの「中の人」に関する思考を知覚すると、SCP-928-JPはその思考をした人物のもとへ向かい、SCP-928-JP-Aの手の部分から長さ約20cmの極めて鋭利な爪を伸ばして対象が死亡するまで攻撃し続けます1。対象が死亡すると、SCP-928-JPは不明な方法で死体を直径約3cmの肉片に分解し、SCP-928-JP-Aに融合させます。そして約6時間をかけて、融合した肉片は「███████」の着ぐるみとしての本来の色、体型、質感を保つように変型します。この能力の影響で、現在のSCP-928-JP-Aの身長・体重は一般的な着ぐるみの値を大きく上回っています。

SCP-928-JPは201█年に██県にある[編集済]社のテーマパーク内にて発生した[編集済]事件にて発見されました。関係者には記憶処理を施し、カバーストーリー「無差別通り魔事件」が適用されました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。