SCP-931-JP
評価: +18+x

アイテム番号: SCP-931-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-931-JPは現在、専用の防音加工が施された、危険生物収容室に収容されています。SCP-931-JPの収容室は二重構造になっており、SCP-931-JPが収容されている第一収容室は、遮音材を用いた厚さ1mの壁に囲われています。内部には等間隔で吸音材としてグラスウールを使用した柱が建てられています。第一収容室の外側に作られた第二収容室には騒音計が等間隔で配置され、内部からの音漏れが無いかを24時間計測しています。

SCP-931-JPの担当職員は、防音対策を徹底することが求められます。勤務中は防音性ヘッドギアを装着し、収容室内にいる間はコミュニケーションには手話を用いて、外部の音を完全に遮断してください。第二収容室では毎日2回、計器の点検を行い、故障が発見された場合は、直ちに交換を行ってください。騒音計によって音漏れが確認された場合、直ちに補修工事が行われます。

SCP-931-JPが新たに発見された場合は機動部隊お-13("無音")を派遣し、発見された全ての個体を焼却処理してください。都市部に発生し、人間に対して被害が発生した場合はカバーストーリー「カルト組織の無差別テロ」或いは「都市部への猛獣の脱走」を適用し、事態を鎮静化に導いてください。

説明: SCP-931-JPは鳴き声で生物に幻覚を見せるスズムシの仲間です。体長は40~45mm、短翅型で一般的なスズムシとは異なり、数匹から数十匹の群れで行動します。寿命は3年と一般の種より長く、冬の間は倒木や家屋の軒下などで冬眠を行います。

SCP-931-JPは、自然音、人工音の区別なく音を覚え、本物と区別がつかないほど精巧に真似ることができます。覚えられる音は3~4種類ほどで主に大きな音や動物の興奮時の鳴き声を好んで覚えます。この能力はSCP-931-JPが通常の種と異なり、羽化後も後翅を脱落させることがないこと、その後翅が大きく、そして細かく歪んだ形で発達しており、前翅と重ねたり、こすり合わせる角度を少しずつずらすことで、実現できていると考えられています。またSCP-931-JPは仲間内で天敵に効果的だった音を教えあうことが確認されており、3年という長い寿命はこのためだと考えられます。

SCP-931-JPは、外敵に襲われた場合、一定のストレスを感じた場合に上記の鳴き声を発します。SCP-931-JPの鳴き声を聞いて、音から連想されるものを思い浮かべた生き物は、まるで実物が目の前にいるかのような幻覚に襲われます。この幻覚の効果は非常に強力で、最悪の場合、身体に一切の外傷がないにも関わらず、幻覚に襲われる症状のみでショック死を引き起こすことが確認されています。

この幻覚によって生じた、実際には存在しない外傷は記憶処理によって対処が可能ですが、本人が腕を切断されるといった重症を負ったと知覚した場合、実際に腕が切断された状態と変わらないスピードで失血性ショックに似た症状を引き起こすため、早急な対処が必要になります。また、記憶処理を行った場合でも一定の確率で重症部位のマヒなどが発生することが確認されています。

録音されたSCP-931-JPの鳴き声は、録音機器の性能が一定のレベルを超えた時点で同様の異常が発生することが確認されており、SCP-931-JPの鳴き声を録音する場合は意図的に性能の低い録音機器を使用することが推奨されます。

SCP-931-JPは199█年に██県██村の村人が、付近の██町に、村が熊に襲われたと助けを求め、その後外傷が一切ないにも関わらず、ショック死したことが財団の目を引き発見されました。当初、死亡した村人の証言から、SCP-931-JPが異常性を持った熊型オブジェクトだと予想されたため、機動部隊な-20("山狩り")を派遣しましたが、一人を残して部隊は全滅。生き残った隊員の証言から、SCP-931-JPの特異性と効果的な対策が発見され、機動部隊お-13("無音")により収容にいたりました。

収容後の実験によってSCP-931-JPの特性は人類の他には哺乳類や鳥類などにも有効に働くことが確認されていますが、魚類や昆虫などには十分な効力を発揮しないため、個体数が大きく増加することはありませんでした。このことが199█年までSCP-931-JPが発見されずにいた要因と考えられています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。