SCP-939
評価: +3+x

アイテム番号: SCP-939

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-939-1、-3、-19、-53、-89、-96、-99、-109は武装生物収容エリア-14の10x10x10mの収容室である1163-Aもしくは1163-B室に保管しなければなりません。両方とも強化コンクリート製の壁で、環境調整および減圧されています。これらの部屋への進入は外側の洗浄室と内側の鋼鉄の気密扉で制限されています。観察窓は厚さ10cmの防弾ガラス (訳注: ballistics glass は防弾ガラス?) の積層で作られ100kVの電気網で守られています。内部は100%の湿度と16度Cに保たれています。個体を常時赤外線カメラで監視します。SCP-939との接触、その収容区画および監視室に入るにはレベル4権限が必要です。

SCP-939-101は分割され、生物研究エリア-12にある低温貯蔵槽939-101Aから939-101Mに保存されています。SCP-939-101への接触には1名の、全ての研究と試験に参加した者を含む2名のレベル3職員のクリアランスによる認証が必要です。1度に接触できる939-101の貯蔵槽は1つのみです。低温貯蔵槽からとり出される際、SCP-939-101の体組織の温度を監視しなければならず、温度が10度Cを超えることがあれば、体組織は再び結合することになるため全ての試験は72時間にわたって中止されます。体内温度が10度Cを超えない範囲では、徘徊や解放の嘆願をしない限り、SCP-939-101の研究を続けることができます。

収容室は隔週で洗浄しなければなりません。洗浄が行われている際、SCP-939の個体は隣接した部屋へ移送されます。この際、収容室の扉と観察窓に被害がないか検査し、適宜修理ないし交換を行なってください。

別室への移送や実験を含め、SCP-939に操作を及ぼす際には強い鎮静が必要です。移送・実験手続きは文書#939-TE4を参照してください。

SCP-939の個体に対して操作を行う際やSCP-939が生息すると考えられる区画ではレベルC化学防護装備を装着しなければなりません。作業後、忘却物質の二次拡散を確実になくすため関係職員全員により標準洗浄手続きが確認されなければなりません。

事件ABCA14-939-3後、SCP-939に接触するDクラス以外の全職員は、その時間の長さにかかわらず、接触の間2つの防水電気式脈拍計を装着する必要があります。これらの計器は施設の主電源で稼働し、少なくとも1つの予備電源のある無線監視システムへ伝達します。計器両方が平坦な波形を示すか故障した場合、着用者は死亡したものと推測し、着用者からその後発せられる声を無視するよう指示され、 自動的に収容違反が宣言されます。この収容違反を受けた保安担当者は同様にこの脈拍計を装着しなければなりません。

加えて、全ての生きているSCP-939は捕獲の際に追跡装置を皮下に埋め込まなければなりません。

説明: SCP-939は真洞穴性生物に似た、退化した器官を持つ群体性の捕食動物です。SCP-939の皮膚は水分と赤外線に対する高度な浸透性を持ち、これは化学的にヘモグロビンに似た物質です。SCP-939の体長は直立時で平均2.2m、体重平均250kgですが、体重は非常に変動します。四肢の末端にかぎ爪の付いた3本の指と、それに向かい合った第4指を持ち、これらは剛毛に覆われています。 これによって登攀能力を向上させていると考えられています。頭部は延長され、眼球の残存器官も眼窩も欠落しており、頭蓋もありません。SCP-939の顎は赤く縁取られ、Chauliodus属 (ホウライエソ属) の種が持つものに似た、かすかに発光し、長さ6cmに達する牙のような歯を持ち、熱に敏感な孔に覆われています。感光器官は明暗に敏感で、全体にわたって棘状の背びれを持ちます。これらの棘は長さ16cmに達し、気圧変化や大気の流れに敏感だと考えられます。

SCP-939はあまり多くの生命維持器官を持ちません。中枢および末梢の神経系、循環器系、そして消化器官は全て存在しません。SCP-939の呼吸器系は退化し、AMN-C227以降は外見上機能しているように見えません (以下参照)。SCP-939は生理機能上、摂食も、消化活動も必要としないようで、摂取した物質は通常SCP-939の呼吸器系に蓄積し、呼吸機能に支障がでる段階になるたびに吐き戻します。多くの生命維持器官が存在しないにも関わらず、SCP-939は繁殖することができます。補遺10-16-1991を参照してください。

SCP-939が捕食対象をおびき寄せる主な方法は、最初の犠牲者の声で人間の話し声を真似ることですが、人間以外の種の声を真似るケースや夜間の狩りも記録されています。SCP-939の発声は顕著に悲哀がこもっています。SCP-939が発声を理解しているのか、聞いたことのあるフレーズを繰り返しているだけなのかについては目下研究中です。SCP-939がどのように発声機能を得たのかは分かっていません。犠牲者の声を聞いたことがないにも関わらず、声を真似ている個体の記録もあります。このため、SCP-939の存在する場所に音声認証・認識セキュリティを設置することは厳に避けてください。犠牲者は大抵の場合、頭部や頸部を一噛みされて殺害されています。咬合力は35メガパスカル以上を計測しました。

SCP-939は微小な、エアロゾル状のAMN-C227と呼称されるクラスC忘却物質を吐き出します。AMN-C227は前向性健忘症状をもたらし、被曝されている期間に加え直後平均30分にわたって記憶形成を阻害します。この物質は無色,無臭、無味で、0.0015mg×分/m3の吸入で50%効果濃度 (EC50) に達すると推定されています。よく換気されているか、開放された環境下でEC50のリスクは大幅に減少しますが、無視できるレベルではありません。AMN-C227は通常、被曝を中断してから60分間は血液から検出できません。当該物質で飽和した環境から解放された直後の見当識障害や軽度の幻覚症状の報告は、向精神物質の断続的使用に似ており、非常に誤認しやすいです。

ノート 2005/03/23: この報告は形態学アルファに関係しています。形態学ベータに関する情報は ████/██/██の[編集済]武装機動部隊ニュー-7による作戦報告後の[編集済]実験記録914を参照してください。

補遺 1981/11/14: SCP-939との最初の接触の際の捕獲チームとの無線通信記録をここで閲覧できます。

補遺 1982/04/11: SCP-939の明るい光を避ける傾向のため、逃亡の可能性は最小限と判断しました。暗室のSCP-939-1をとどまらせるには標準的な廊下蛍光灯で十分です。 補遺 1991/09/20を参照してください。

補遺 1987/06/29: AMN-C227に関する予備試験で、これが汎用的な忘却処理に使用できる可能性があることが示唆されました。この物質の大量生産の手段、および逆効果の研究は生物収容研究サイト-06で行われています。

補遺 1990/10/03: AMN-C227をクラスC記憶処理に使用することが承認されました。生物研究エリア-12でSCP-939の呼吸組織の培養を行うことで、年間3リットル以上の生産が予測されます。

補遺 1991/09/20: 生物収容研究サイト-06での9体のSCP-939による以下の「沈黙の夜」脱走事件が収拾しました。近隣の民間人は嵐の接近に偽装して避難させました。復旧チームが周辺地域に配備されました。

補遺 1991/10/16: [編集済]この事実に照らして、北半球では9月9日から10月7日にかけて、および南半球では3月6日から4月4日にかけて、SCP-939とのあらゆる接触は厳禁とする。[編集済]。[編集済]クラスB記憶処理のある[編集済]と識別されたSCP-939のオスの個体は存在しない。

SCP-939の繁殖を参照してください。

補遺 1992/02/20: AMN-C227の記憶処理としての使用は無期限に中止となりました。さらなる情報はAMN-C227の事件記録を参照してください。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。