SCP-941-JP
評価: +2+x

アイテム番号: SCP-941-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-941-JPは、常時二名以上の監視下に置き、倒壊寸前であり危険であるとして一般人の侵入を防いでください。また、 SCP-941-JPの周囲50mに演劇の台本、脚本を置くことは禁じられます。また、この報告書は改変される可能性があるため改変阻止の措置を施してください。

説明: SCP-941-JPは東京都██区に存在する廃劇場の舞台です。 SCP-941-JPは一般的な演劇用舞台と比較し際立った特徴はありませんが、緞帳部分に赤の塗料で『マクベス』の一節、『Life's but a walking shadow, a poor player that struts and frets his hour upon the stage and then is heard no more. It is a tale told by an idiot, full of sound and fury signifying nothing』が書かれています。

SCP-941-JPの異常性は、SCP-941-JPにおいて10人以上が演劇を演じることで発生します。SCP-941-JP上において演じられる演劇は、どのような作品を用いても必ず以下の役柄が出現します。

  • 殺人者の王
  • 3人の魔女

これらの役柄は演劇に参加した人間の中からランダムに選出され、本来存在する役柄から変更される形で登場します。この際、役柄に選出された人物、あるいはSCP-941-JP内に存在する人物は一切違和感を持ちません、また、使用する台本等にも改変が発生していることが確認されています。その後、演劇の内容に関わらず一定のタイミングで本来の演劇に挿入される形でマクベスイベントが発生します。マクベスイベントは発生後、演劇が終了するまで一切の干渉を受け付けません。マクベスイベントの詳細は以下の通りです。

第1イベント: 劇中に3人の魔女と殺人者の王が出現。3人の魔女が予言を告げる。予言の内容が「おまえは王となる」であった場合、第2段階へ移行し、それ以外の場合はその時点でイベントが終了する。この後、約10分以内に第2イベントが発生。

第2イベント: 劇中に殺人者の王と3人の魔女が出現。殺人者の王は困惑した演技で3人の魔女へ予言を求める。しかし、3人の魔女は消失し、新たに「光を憎む者」と名乗る人型実体(以降、SCP-941-JP-1と指定)が出現する。SCP-941-JP-1は、「あなたの光をいただけるならば、私は光を差し上げましょう」と発言し、これに肯定、あるいは否定の返答をすると、3人の魔女が気絶した状態で再出現し、SCP-941-JP-1は消滅。SCP-941-JP-1の消滅と共にイベントは終了する。

第2イベントにおいて、SCP-941-JP-1の提案に肯定の意を示した場合、イベント終了時、殺人者の王に指定された人物の演技力は飛躍的に向上し、演技を行うことについての非常に高い関心と意欲を示すようになります。この状態は記憶処理を行った場合でも変化はありませんでした。また、他の役柄を演じた人物にはこれらの変化は確認されません。

補遺: 19██/██/██、SCP-941-JPの異常性を正確に検査するため、マクベスイベントにおいて殺人者の王に選出され、SCP-941-JP-1の提案に肯定したDクラス職員、D-1606の記憶処理及び整形手術を行ったうえで財団が所持する芸能プロダクションに雇用、舞台役者として活動させる計画が提案、承認されました。

D-1606は処理後、様々な舞台に参加し、それらの舞台が好評を得たことでD-1606は爆発的な人気を獲得、テレビ番組などへの出演を行うようになりました。しかし、D-1606は20██/██/██、██歳時に不慮の事故により死亡し、その死亡と同時に鋤を持ったSCP-941-JP-1が出現、D-1606の胸部に腕を差し入れていたところを、監視していた職員が目撃、尋問を試みましたが、SCP-941-JP-1は即座に消滅しました。D-1606は眼球を喪失しており、眼窩には以下の一文を記した羊皮紙が詰め込まれていました。

領収書

貴方の輝きを貴方への光の対価として。今この何よりも美しい時に


光を憎む者

D-1606の死亡と同時に、D-1606が芸能界上で残した痕跡が徐々に消滅、置換しているのが確認されました。また、それと同時に関係者及び視聴者の記憶も改変されており、現在時点で芸能界にD-1606を記録した映像、音声及び資料は存在せず、D-1606を役者として記憶している人物も存在しません。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。