SCP-945-JP
評価: +44+x

アイテム番号: SCP-945-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

Loquat.jpg

実を成すSCP-945-JP-A個体

特別収容プロトコル: SCP-945-JP個体を取り扱う際は耐精神汚染ゴーグルを用いるか、機器による遠隔的操作を行ってください。SCP-945-JPはオリジナルと推測されているSCP-945-JP-A-Oと任意の複数個体(SCP-945-JP-A群)が研究・実験目的で常時保護されています。保護個体はその全体を覆うように収容コンテナを設置し、その他に新たな個体が発見された場合、伐採もしくは移植といった措置を取ってください。オブジェクトの影響を受けたとされる人間には、クラスA記憶処理にて対応が可能です。

追記: 20██/10/██をもって、当オブジェクトはNeutralizedにクラス変更されました。詳細については補遺の記述をご参照ください。

説明: SCP-945-JPは一般的な枇杷(学名: Eriobotrya japonica)の姿をし、その遺伝子上には現時点着目すべき相違点は見つかっていません。しかし生態面には明らかな異常が見られ、通常同種が結実に7~8年の歳月を要するのに対し、SCP-945-JPはその種子が蒔かれてからわずか3週間ほどで樹高約1.7mまで急速に成長し、果実をつける事が確認されています。以降、SCP-945-JP個体は季節や気候に関わりなく常に多数の実を生らせ、最大で樹高10m程まで緩やかな成長を見せます。

SCP-945-JPは一種の精神影響をもたらす能力を持つとみられており、視認した人間は対象への強い親近感を覚えると主張します。この際にSCP-945-JPが果実を実らせていた場合、影響下の人間の多くは実った果実を摂食しようと試みました。ただし、この過程は外部からの制止により容易に中断可能です。摂食を行った人間は揃ってこの果実を「これまでに体感した事の無い非常に美味なものである1」と評価し、続いて残った種子を元の個体からより離れた場所にある、任意の土壌へと埋めて個体を殖やす事を求めます。この際影響者はこの行動の理由について尋ねられると、皆一様に「それがあの樹/あの枇杷のためになる」といった返答を行う事が分かっています。この段階はより強い精神的衝動をもたらしますが、前述の行動と同様に強い外部からの制止やクラスA記憶処理といった対処で脱させる事が可能です。

SCP-945-JPは19██/9/██に山梨県一宮町(現:笛吹市)の達沢山にて存在しなかったはずの多数の枇杷の木(後のSCP-945-JP個体)が発見され、さらに登山客や観光者・周辺地域の住民らの多くが市内各所と県内外の土地にこれらの果実から採取された種子を植えようとした"945-JP-α1事案"の発生により財団の注意を引きました。現地調査に当たったエージェントからの精神影響の報告と、植えられた種子の異常な成長が確認された事により、財団は生育個体の一斉確保と地域住民・観光客への大規模記憶処理を行いました。この一件により、財団に確認されていない影響者やSCP-945-JPの果実・種子等が不確定数発生してしまい現在も完全な収容には至っていませんが、その後地域住民や観光客の追跡監視を経る事により、根絶には至らなくとも同様の事案の発生は最小限に抑えられています。ただし、その発生場所については年々遠方への広がりをみせ、台湾・インドネシア・オーストラリア・ニュージーランドといった国外での事案もわずかながら複数確認されている事に留意すべきです。

"945-JP-α1事案"の発生源となった達沢山山間のSCP-945-JP個体群については、担当チームによる当事者達への聞き込みや生育状況からの判断などにより、近辺に住む男性 ██ █氏が単独で殖やしたものである事が判っています。また氏へのインタビューから、SCP-945-JPのオリジナルと考えられるSCP-945-JP-A-Oの存在が判明し、こちらも現在は他の個体同様収容が確立しています。詳細については、当資料に付記されたインタビューログを参照してください。

補遺: 20██/11/██、保護下にあったSCP-945-JP-A群の個体サンプルから果実が一斉に消滅し、以後その特異性が喪失しました。調査を経てこれらは「現状、平凡な枇杷の木と何ら変わり無い」と判断されています。またこの一件の後、現在の記録上最後の確保個体(後にSCP-945-JP-A-8と分類)がキリバス共和国█████諸島の█████で発見されたのを区切りに新たな個体は確認されていません。2その後の審議の結果、SCP-945-JPはNeutralizedにクラス変更されました。それまでに保護されていた個体とSCP-945-JP-B-8については、継続して財団による管理・観察が行われています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。