SCP-954-JP
評価: +21+x
water_boiler.jpg

収容前のSCP-954-JP

アイテム番号: SCP-954-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-954-JPは内部が空の状態で標準静物収容ロッカーで保管してください。実験はレベル2以上の職員によって行われます。実験はレベル4以上の職員の監視下で行われます。Dクラス職員以外が活性化中のSCP-954-JPの影響下に入ることは許可されません。また実験室外でSCP-954-JPを活性化させることは禁止されています。破損を防ぐためSCP-954-JPの活性化に使用する液体は水のみが認められます。

説明: SCP-954-JPは一般的に電気ポットと呼称される電気機械器具です。高さ20cm、直径15cmで外部には「ON/OFF」と書かれた切り替え式のスイッチが1つ付いており、████社製の商品に酷似しています。SCP-954-JPは内部に液体を入れて電力を供給し、液体を沸騰させることで活性化します。沸騰した蒸気が存在する空間はSCP-954-JPの影響下となり確率の高い事象が必然的に発生します。活性化中のSCP-954-JPの影響下では概ね現実改変に近い現象が発生しますが、その発生プロセスは不明なため現在調査が進められています。

SCP-954-JPは福岡県██大学の学生のSNSへの投稿の拡散がきっかけで財団の興味を惹きました。投稿された内容は「コンピューターRPGのコマンドが20回すべて失敗した」という旨のものでした。学生の選択が成功する確率は30%であり、これが全て失敗する確率は0.08%となります。当初は非異常性の事象だと考えられていましたが、この生徒と同じ研究室に所属する学生による同様の投稿が複数回あったため調査が行われました。現地エージェントによる調査の結果、この現象がSCP-954-JPによるものだと判明し回収されました。SCP-954-JPは同研究室の助教授が個人的に購入したもので、2週間前から使用されていたことが明らかになっています。この製品を製造・販売していた████社の同製品には異常は確認されていません。SCP-954-JPが発見された研究室が確率論を研究対象としていたことは特筆に値します。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。