SCP-958-JP
評価: +28+x
lgf01a201403201600.jpg

稼働実験中のSCP-958-JP

アイテム番号: SCP-958-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-958-JPはサイト-81██の大型オブジェクト収容倉庫に収容されています。SCP-958-JPに対する実験の際、「表明者」はDクラス職員のみで担当させてください。また実験終了時には、SCP-958-JPを目視した職員全員に直ちにAクラス記憶処理を施すことが義務づけられています。SCP-958-JPに対する実験を行う場合には、担当研究員である███博士の許可が必要です。

説明: SCP-958-JPは全長210m・推定重量12000tで、█████社の物と同系統と見られる不明な型のバケットホイールエクスカベーター、掘削機です。SCP-958-JPに使用の形跡は殆ど見られませんが、全体として老朽化の傾向が見て取れます。また、動力を供給した場合には問題なくその機能を果たすことが確認されています。

SCP-958-JPの異常性は人間がSCP-958-JPを直接視認した場合に発揮されます。SCP-958-JPを直接見た人間(SCP-958-JP-1と指定)は、自分がやってみたいと思ったことを表明したいという軽度の欲求に駆られます。この欲求はそれを表明する機会がなければ無視できる、また別のことに意識が行っていれば気が付かないほどに軽微な物であり、SCP-958-JPから視界から外した場合すぐにその効力を失います。SCP-958-JP-1が複数人の前で自分の「やってみたいこと」を表明し、それを聴いた人間のうち、過半数がそれを「ふさわしい」と思った場合にSCP-958-JPは活性化イベントに入ります。

活性化状態に入ったSCP-958-JPは、動力の有無に関わらず瞬時にホイールをSCP-958-JP-1に向け接近し、その回転によって頭部のみを千切り取ります。SCP-958-JP-1の頭部を奪い取ったSCP-958-JPはホイールの回転をゆるやかに止め、再び不活性状態に戻ります。この時の移動及び本体の回転は瞬間的に行われますが、予想される衝撃や駆動音は発生せず、SCP-958-JP-1までの障害物の破壊も極最小限にしか発生しません。SCP-958-JP-1がSCP-958-JPを距離的に目視不可能な地点に居る場合、SCP-958-JPは即座にSCP-958-JP-1の付近に出現し、結果として出現地点及びSCP-958-JP-1のみの破壊という結果をもたらします。1

活性化イベントを引き起こすのは発声という形式の表明に限られます。また、この異常性はSCP-958-JP-1がSCP-958-JPを直接目視した場合にのみ発揮され、写真や映像などでは活性化を引き起こしません。

SCP-958-JP-1はクラスA記憶処理により影響を取り除くことが可能です。また、記憶処理を行わなくとも1時間程度でSCP-958-JPの影響は無効化されることが判明しています。実験により影響時間の延長を確認。現在の影響時間はおよそ1時間20分程度です。SCP-958-JPは活性化時、見たところ通常通りにホイール及びベルトを稼働させています。しかし、その結果ベルト上に残ると推定されるSCP-958-JP-1の頭部、及び血液の痕跡などを発見することはできませんでした。

発見記録: SCP-958-JPは19██/██/██に熊本県██山の火口付近で不活性な状態で発見されました。発見報告を受け、財団エージェントがオブジェクトの調査に訪れた際、SCP-958-JPが活性化状態に入ったことで正式にSCP-958-JPとして登録されました。2当初SCP-958-JPは自身を調査しようとする物を攻撃するオブジェクトとして、その詳しい条件を調査することを提言されていましたが、エージェントの調査中に再度SCP-958-JPが活性化状態に入ったため、その異常性が判明することになりました。3幸いにも、オブジェクトの早期発見・収容を達成できたため、SCP-958-JPを目撃した人物は全員特定され、記憶処理の後に解放済みです。

補遺958-JP:
以下の文書は19██/██/██の内部調査でSCP-958-JPから発見された物です。

人間の頭部が「人材」になるのかは定かではないが、実験は一時、あるいは永久に停止されるべきであろう。 -███博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。