SCP-960-JP
評価: +24+x
960.gif

5秒周期のSCP-960-JP

アイテム番号: SCP-960-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-960-JPはサイト-81██の特別収容ロッカーに上部を固定された状態で保管され、真下に設置された貯水バケツは水位が一定まで上昇すると自動的に交換されます。実験以外でSCP-960-JPから排出される水を直接飲まないように、十分に注意してください。また常に設置された時計を確認し、SCP-960-JPとの15分以上の接触は避けてください。

説明: SCP-960-JPは長さ1.2mの鉄パイプです。周囲に水が存在しないにもかかわらず、その下部からは常に一定の質量の滴が発生しており、変則的な周期で落下しています。落下周期は一時間ほどで変動し、現在0.01~10秒が確認されています1。発生した水に異常性はありません。

滴の落下を何らかの形で20分以上認識した場合、認識した生物は時間感覚が変化し、その時の落下周期が1秒であるように誤認するようになります。この影響は軽度のもので、正確な時間を認識することによって容易に抑えることが可能です。またAクラス記憶処理によって認識による影響は消失し、通常の時間感覚を取り戻すことができます。20分以下の接触の場合、滴の落下を認識している間のみこの影響が発生します。SCP-960-JPから発生した滴を直接飲んだ生物はSCP-960-JP-1と指定されます。

SCP-960-JP-1はSCP-960-JPの落下周期を1秒として行動する生物です。身体能力、知能などは以前と同様ですが、動作は物理法則に反した速度で行われます。例えば落下周期が1秒よりも長い時間であった場合、SCP-960-JP-1の行動は常にスローモーションのように見えます。また肉体もこの影響を受けるため、SCP-960-JP-1は通常とは異なった速度で成長します。このような状態にもかかわらず、SCP-960-JP-1は通常通りに生活することができます。詳しくは実験記録を参照してください。

SCP-960-JPの下部を地面、壁などに接着させると、大量の水が発生することが分かっています。この時発生した水を認識した生物は同様の影響を受け、多くの場合は体感時間と現実時間の大幅な差異ために錯乱状態に陥ります。

19██年から██県██村において、動物がおかしな動きをする、突然動かなくなるなどの現象が多数報告されました。調査の結果、一軒の廃屋の天井に固定されたSCP-960-JPが発見されました3。また、SCP-960-JP-1-aとなった人物が発見されました。以下はSCP-JP-1-aへのインタビュー記録です。

補遺1: SCP-960-JPが発見された廃屋の部屋からは、鳥や猫、犬などの白骨化死体が複数発見されました。これはSCP-960-JPの水滴落下周期が極端に短い時に、水滴を認識したためだと考えられます。

補遺2: SCP-960-JP-1となったDクラス職員の他実験への参加は現在検討中です。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。