SCP-964-JP
評価: +90+x

電子プロトコル964-1の準備ができました。

SCP-964-JP.gif

姿を変えたまま、ドアの面を伝って部屋を出ようとするSCP-964-JP。この直前に、昔話の絵本で殺戮行為を行っていたと見られる。

アイテム番号: SCP-964-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 鉄製の猿轡1、そして収容室内の角からのびた鉄の鎖で、SCP-964-JPは四肢と口を動かせないように拘束されます。収容室の壁、天井、床の面は、できる限り無地の、凹凸のない白色に保たなければなりません2。収容室内で監視カメラは使用できず3、室内の点検や保全を行う要員には特別防護服の着用が義務付けられます: 防護服は皺のできにくい素材で作られ、全身を覆い、無反射の専用ゴーグルと音声遮断機構4が取り付けられており、室内の点検や保全は無音の状況下で行われなければなりません。

収容違反の発生時には、多目的人工衛星「四黒し く ろ号」に搭載された機能の一つ、特別探査・収容プログラム「黒獅子く ろ し し」の使用が許可されます。

説明: SCP-964-JPは人語を話す一頭のオスのライオンです。

ライオンの映像、画像(戯画もしくはそう見える形を含む)、ライオンの事が書かれた文章をSCP-964-JPが認識した場合、それらとSCP-964-JPとの間に障害物がなければ、SCP-964-JPはそれらに「転移」する事ができます: SCP-964-JPの実体は消失し、転移先が映像や画像であった場合は二次元の面を自由に移動できるようになり、文章に転移した場合はその文章を含む本文を改変できるようになります。転移後に移動できる「二次元」の範囲は平らである必要はなく、SCP-964-JPは例えば、開かれた本の上に転移してからテーブルに出て、テーブルの足を伝って床に降り、壁を伝ってドアの隙間から外に出る事ができます。

転移後のSCP-964-JPは二次元上で自由に姿を変える事ができます。しかしSCP-964-JPが実体に戻るには、ライオンの姿になっている(ライオンの姿だと説明されている)こと、元の体積に対して充分な空間があることという条件が必要のようです。SCP-964-JPはどんなに傷付けられても一度転移すれば健康な肉体で実体に戻るため、この転移の能力は回復のために使われる場合があります。

SCP-964-JPは次の者に殺意を示します:

  • フィクションの作者。主に著名な人物を狙いますが、創作活動中のアマチュアを見つけた場合等もそれを殺害する事があります。SCP-964-JPは転移後にできるだけ小さな姿となり、壁や道を伝って殺害対象を追跡し、殺害対象が無防備な状態となった時に実体化して殺害を行います。
  • フィクションの登場人物。転移後のSCP-964-JPは、ドラマ(映画)やアニメのシーン、漫画や小説のページ等に入り込むと、その本編に介入する事ができます。フィクションに介入したSCP-964-JPは作中のどの人物よりも高い攻撃能力を持つ怪物等に姿を変え、全ての本編を登場人物の殺戮シーンに変化させていきます。殺戮を終えたSCP-964-JPがフィクションの媒体を出ると、そのフィクションの内容は始終、登場人物の死体を描写する内容に改変されます。
  • SCP-964-JPと同様にフィクションに介入したり、フィクションを改変あるいは異常な手段で創造するオブジェクト。仮想空間を作成するオブジェクトにも敵意が向けられる場合があります。SCP-964-JPにより、収容価値のある多くのオブジェクトが破壊されたと考えられています。

SCP-964-JPの目標は人類の文化の深刻な破壊であり、それを達成するため、SCP-964-JPは積極的に収容違反を行おうとします。脚注で述べられているような転移の能力の高度な応用は、財団による収容以後、収容違反を実現するために習得したものと考えられています。収容違反への対処難度、著名な作家が連続で殺害された場合の情報隠ぺいの難度とコスト等から、SCP-964-JPはオブジェクトクラス: Keterに分類されました。

しかしながら、創作に携わらない財団の職員にはあまり敵対的でないことから、SCP-964-JPは財団そのものを脅かすような存在ではないとされ、殺害もしくは殺害に至る可能性のある(四肢切断等の)実験や処置はまだ許可されていません。数多くの収容違反事例を受けて人工衛星「四黒号」に探査・収容プログラム「黒獅子」が導入された事で、現在は、収容違反時の捜索難度には若干の緩和が見られています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。