SCP-973-KO
評価: +3+x
973.jpg

SCP-973-KO-1の全身像

アイテム番号: SCP-973-KO

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-973-KO-1は常時監視をすることのできる空間に置いておき、消失した場合は犯人が不明な銃殺事件を中心に調査を行って再収容してください。そして、その事件によって利益を得た人物を調査し、依頼者を捜索してください。依頼者がSCP-973-KO-2を所持しているかどうかを確認したら、クラスB記憶処理を施してください。追加で発見されたSCP-973-KO-2は、サイト-██の██ファイルに保管し、レベル4以上の許可を受けた職員のみがアクセスを許可されます。

説明: SCP-973-KOは、スーツを着た男性の絵であるSCP-973-KO-1と暗殺依頼書の紙であるSCP-973-KO-2に分類されます。SCP-973-KO-1は常に右手に拳銃を持っており、左手は腕組みをしている姿勢を維持しています。

SCP-973-KO-2には、特定の対象の名前、年齢、性別、居住地、写真などの個人情報を記入するスペースがあり、右下に依頼者の署名欄が存在します。書き込みが完了すると暗殺の費用が表示され、費用と一緒にSCP-973-KO-2を完全に燃やし尽くすことでSCP-973-KO-1に依頼を行うことができ、依頼後最長で7日以内にSCP-973-KO-1は暗殺対象の近くの紙類の中に現れて暗殺対象を銃殺します。この時、オブジェクトが出現した紙類に書かれていた内容は抹消されて白紙になります。SCP-973-KO-2に記入する内容は名前と写真だけが不可欠であり、残りは記入しなくとも依頼が実行されます。暗殺費用は暗殺対象の社会的地位と暗殺の難易度に応じて異なり、支払いできない場合は依頼は実行されません。

+補遺
依頼者の証言によって、白紙を2枚重ねて上の紙に[編集済]を記入することで下の紙をSCP-973-KO-2に変更することが可能であるという事実が判明したため、依頼者だけでなく周辺の人物たちにも全員にクラスB記憶処理を施すことになりました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。