SCP-977-JP
評価: +41+x
c0b578f7bd4c7996e1eefe751682df54_s.jpg

発見当初のSCP-977-JP

アイテム番号: SCP-977-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-977-JPはサイト-8188に存在する対現実改変設備を備えた専用収容室に収容されます。収容室内はカメラによって監視され、常に一般的な藁の縄とバランスボールを収容室内に設置してください。SCP-977-JP-1の呼びかけ以外でSCP-977-JPが自立的に行動を開始した場合、速やかに対現実改変設備を起動し、機動部隊によって鎮圧してください。また、実験目的でのSCP-977-JP-1を伴った起動はレベル3以上の職員3名の許可が必要となります。

SCP-977-JP-1はサイト-81██の託児施設にて保護してください。SCP-977-JP-1には朝、昼、夜に渡り3度、食事を配給されます。SCP-977-JP-1から要求されたものは、それが適切であると判断された限り与えて構いません。毎日、保育士の資格を持つ財団職員の手で発達過程に応じた保育を行ってください。SCP-977-JP-1はその経歴から感情の起伏が非常に小さいです。

説明: SCP-977-JPは全長1.0m、重さ2kgの置物です。金属用のペンキにより、全身に一般的なピエロの装飾が施されています。しかしながら一部の装飾は風化と腐食により剥がれ落ちており、主成分がブリキで構成された表面が露出しています。この表面のブリキで構成された金属のサンプルの採取は、SCP-977-JPが現実改変能力を有しているために成功していません。また、腹部には20目盛りのメーターが存在しており、収容当時、そのメーターは10目盛りの箇所まで黄色に発光していました。SCP-977-JPはネグレクトの通報を受けた児童相談所職員に扮したエージェントがSCP-977-JP-1の居住しているマンションに到着した際、地上50m以上と見られる屋上から落下したにも関わらず、全く破壊されていないSCP-977-JPを不審に思い、財団に報告した事でSCP-977-JP-1と共に収容に至りました。

SCP-977-JPは通常不活性状態であり、SCP-977-JP-1からの呼びかけにのみ反応を示し、起動します。起動したSCP-977-JPはその場にある道具や建造物を利用して、綱渡り等サーカスで行われるような曲芸を開始しようとします。この時、SCP-977-JPの周辺に曲芸を開始するのに適当な道具や建造物が存在しない場合、SCP-977-JPは不活性状態に戻ります。

曲芸に適当な道具や建造物が存在する場合、SCP-977-JPはそれらを利用して曲芸を開始します。しかし、どのような曲芸を行ったとしてもSCP-977-JPは必ず「失敗」し自身に損傷を負います。実験記録977-JP-Gを受け、現在調査中です。その後、SCP-977-JPは損傷個所に対して現実改変を行い、損傷を完全に回復します。この改変は曲芸の失敗以外での損傷に関しても行われ、あらゆる破壊行動に対して耐性を持っていると推測されます。また、腹部のメーターはSCP-977-JP-1の感情の振れ幅によって大きく変動すると推測されています。詳しくは実験記録SCP-977-JP-Aを参照にしてください。

SCP-977-JP-1は5歳の一般的な男性です。SCP-977-JP-1はSCP-977-JPを起動する事のできる唯一の人材のため、財団に保護されています。SCP-977-JP-1は██県の███市にて、マンションの屋上から飛び降りたSCP-977-JPを回収するために外に出たところを事情を聴くために確保されました。SCP-977-JP-1の親族にはカバーストーリー「未解決誘拐事件」が頒布されました。

付記: 200█/██/██、SCP-977-JPの腹部のメーターが0を示している所を職員が発見しました。その後、当該オブジェクトはSCP-977-JP-1の呼びかけで起動する事が不可能となり、現実改変能力も失われたため、200█/█/██に正式にNeutralizedアイテムとして登録されました。それによりSCP-977-JP-1を収容する意義は失われたとされ、尚且つSCP-977-JP-1の親族の家庭環境の改善が確認されたため、SCP-977-JP-1は記憶処理の後に、親族の元へと戻されました。

補遺1: 200█/██/██、SCP-977-JPの腹部のメーターが実験を行っていないにも関わらず、1目盛り減少している事が確認されました。このメーターが現在何を表しているのか、このメーターが0となった時に何が発生するのかは調査中のため、メーターを上昇させる試みとして実験回数の増加が進言されています。

補遺2: SCP-977-JPの無力化後、保育士に扮していたエージェント██の通報により、記憶処理を施したにも関わらず、SCP-977-JP-1が当該オブジェクトを記憶している可能性があるとして、SCP-977-JP-1にインタビューを行いました。その後、より強力な記憶処理を施しましたがSCP-977-JP-1の記憶に変化は見られませんでした。

補遺3: 無力化後の当該オブジェクトの管理、及び調査を行っていた██管理員によって、当該オブジェクトの腹部が開き、内部に以下の文章が掘られている事が確認されました。収容時の定期調査では、腹部の開閉の有無は確認されていませんでした。以下がその文章となります。

お元気ですか? こちらでは厳しい寒さが続いています。
そんな場所でも、私達は笑顔です。貴方も笑顔ですか?
そちらにいつも私たちを笑顔にしてくれる彼を送りました。笑顔になってくれるといいな。
笑う事のできない、そんな人生はきっとつまらないでしょう。
どうか貴方も誰かを笑顔にできる人になってください。

              酩酊街より 愛を込めて

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。