SCP-978拡張実験記録-JP
評価: +69+x

████/██/██、日本支部より財団本部に対し、日本支部の管理下にある、意志を持つか意志を持っている可能性があると考えられているオブジェクトの研究のため、SCP-978の貸与の申請が行われました。申請は受理され、同年██/██に一時的にSCP-978の管理が日本支部に委譲されました。これらの実験結果はその間に行われたものです。

実験記録

記録形式
被験者:
撮影された行動:
撮影結果:


別のSCPを用いた実験

被験者: SCP-059-JP
撮影された行動: 机で、漢字の読み書きを行っている。
撮影結果: 直立状態の家族や友人に囲まれており、母親に頭を撫でられながら笑っている。

被験者: SCP-120-JP
撮影された行動: 特別収容ケースに収容されている。
撮影結果: 俯瞰構図。寝具の設置された一般的な住宅の一室にて横たわる幼児と添い寝して何か語り掛ける成人女性。後日SCP-120-JP-2に確認したところ、調度品等がかつての自宅の両親の部屋に似ている旨の証言を得られた。

被験者: SCP-120-JP-2
撮影された行動: 施設内の自室にてこちらを向いて椅子に腰かけている。
撮影結果: SCP-120-JPが入った透明素材のナップザックを背負い、東京都██区の繁華街に立っている。手にした携帯端末で一点を目指し、もう一方の手指で何らかの操作をしようとしている。
もうしばらく予備手続01が有効なのはいいとして、位置情報ゲームは許可されないだろうな。 -研究員G

被験者: SCP-155-JP-1
撮影された行動: 収容室内で椅子に座り、カメラの方を向きながら両手でピースサインを作っている。笑顔。
撮影結果: 宇宙空間。背景の下半分には地球が写っている。SCP-155-JP-1の姿はなく、かわりに大小多数のSCP-155-JP-2が浮遊している。

被験者: SCP-349-JP
撮影された行動: 収容ロッカー内のケースに置かれている。
撮影結果: 背景はサイト-81██の実験室で、床一面に何らかの料理が並べられ、写真の中央に顔が黒く塗りつぶされた幼児が写っている。料理はハンバーグやカレーなどの一般的な料理やハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフードが多く見られるが、一部人体と思われる部位が皿に乗っている様子が確認できる。

被験者: SCP-395-JP
撮影された行動: 収容ルートを移動しているを撮影。SCP-395-JP-Aにはピントがあっていない。
撮影結果: 白無垢を着た電話ボックスと袴姿の若い男性が並んだ記念撮影風の写真。男性の顔はボヤけて判別ができない。

被験者: SCP-395-JP-A
撮影された行動: SCP-395-JP内で通話を続けている。ズームしたため、SCP-395-JPはフレームに収まりきっていない。
撮影結果: 東京都渋谷と思われる場所でPHS端末で会話をしながら歩くSCP-395-JP-Aの姿。背景の不自然な位置に1台の電話ボックスが存在している。

被験者: SCP-402-JP
撮影された行動: パスタを茹で、皿に盛りつけている。
撮影結果: 茹でたパスタを、焼かれたバンズにはさんで撮影者に差し出している。背景はより広い本格的な厨房である。

被験者: SCP-488-JP
撮影された行動: 生贄として支給された適切な餌、もとい生きた人間の子ども遊び殺した後に食べている。
撮影結果: 餌を完食してもまだ満ち足りていないようだ。さらなる血肉を求めて収容施設を破壊し、仲間と一緒に人間を襲っている。仲間の一匹が屍の上で眠っている。
SCP-488-JPに関する実験記録は赤く着色された文字だけでなく全体を読むようにしてください。 - 情報管理チーム"赤ずきん"

被験者: SCP-509-JP
撮影された行動: 収容室の隅でうずくまっている。
撮影結果: アンパンマンが顔を分け与えているシーンが現像された。SCP-509-JPと思わしき人物は写っていない。

被験者: SCP-510-JP
撮影された行動: E-818151,52,53の3名に射撃の指導を行っている。
撮影結果: 場所が荒野に変化しており、SCP-510-JPだけが写っている。

被験者: SCP-540-JP-A
撮影された行動: 生命維持装置の中に収容されている。
撮影結果: SCP-540-JP-Aが通っていた学校の教室が写った。
追記: 映し出された教室はSCP-540-JP-Aが元々いた5-3教室ではなく、同学校の5-1教室であることが分かった。また、5-1教室は都市伝説上の「ンボボボさん」が児童らの間でいると噂されている教室である。んぼぼぼ んぼぼぼ んぼぼぼ んぼぼぼ んぼぼぼ ほんかえしに きて

被験者: SCP-606-JP-1
撮影された行動: 被験者のDクラス職員を笑顔で出迎えている。
撮影結果: [諜報局監査部の要請により削除][インシデント-606-JPを受け再開示されました] SCP-606-JP-1の代わりに故エージェント・片岡が、Dクラス職員の代わりにエージェント・蒼井が立っている。エージェント・蒼井はエージェント・片岡に拳銃を突き付けながら、涙を流している。

被験者: SCP-641-JP-1-82
撮影された行動: SCP-641-JP内部を見まわっている。
撮影結果: 変化なし
本格的に図書館の備品になってしまった、という事らしいね。 -███博士

被験者: SCP-661-JP
撮影された行動: 収容室内で天井を見つめている。
撮影結果: [編集済]。
付記: SCP-661-JPの異常性を用いて撮影結果に関する詳細情報を確認することが検討されたが、日本支部理事会により却下。以降SCP-661-JPを被写体とする実験は全面的に禁止とする。

被験者: SCP-693-JP-A-11
撮影された行動: 収容室内で指定された作業に取り組んでいる。
撮影結果: トビズムカデ(Scolopendra subspinipes mutilans)の頭部を持ち、白衣を着た人型実体が██博士と共に何らかの書類を閲覧し、議論を交わしている。

被験者: SCP-719-JP実例、1冊。
撮影された行動: テーブルに置かれている。
撮影結果: GoI-2601が活動当時、関連オブジェクトに付随させていたエンブレム。精密検査の結果、解散時のGoI-2601構成員██名と、恐らく未特定の構成員と推定される██名の様々な笑顔の写真を組み合わせたモザイク画像であることが判明した。PoI-5796を映した写真は無い。

被験者: SCP-719-JP-A個体。外見上はクロサイ(Diceros bicornis)。
撮影された行動: 切断された頭部のみの状態で撮影用ドローンを見つめている。
撮影結果: GoI-2601のエンブレムが描かれた旗を踏みにじり、その上に糞を垂れている。角の先端にはPoI-5796と思しき人物の生首が突き刺さっている。

被験者: SCP-733-JP
撮影された行動: 実験中。SCP-733-JP自身は睡眠状態にあり、周囲ではDクラス職員3名が雑多な活動を行なっている。
撮影結果: ULTRA JAPANのTwitter公式アカウントのユーザープロフィールのスクリーンショット。ただし閲覧をしているユーザーが当該アカウントにブロックされている旨の表示が出ている。

被験者: SCP-745-JP
撮影された行動: 収容房内で1人でテレビゲームをしている。
撮影結果: 幼い姿のSCP-745-JPが2人の子供とテレビゲームで遊んでいる。
補遺: SCP-745-JPは撮影結果について「僕以外の子供は僕の弟と妹ですね。昔は家族でよくテレビゲームをしたもんですよ。父もよく参加してたんですけど写ってないですね。ところでこの写真、全く覚えがないんですけど、どこにあったんですか?」とコメント。

被験者: SCP-757-JP-1-1
撮影された行動: 収容室の中央に座っている。
撮影結果: 性別や服装など、様々な要素に統一性の見られない多くの人物が規律よく並んだ中に混ざっている。背景には「JSLU日本特殊免許組合」と書かれた壁が写っている。

被験者: SCP-818-JP-1
撮影された行動: 撮影者に向かって笑いかけている。背後には社が存在する。
撮影結果: 酷く写真がぼやけている上、写真全体が強く歪んでいるため詳細は不明。撮影時と同じ表情をしたSCP-818-JP-1の顔のみがはっきりと確認できる。

被験者: SCP-855-JP
撮影された行動: 不活性状態。
撮影結果: 紙細工の王冠を被った阿天坊氏が、膝に空色のビックリ箱を乗せて揺り椅子に座っている。ビックリ箱の蓋は開いているが、中に人形の姿が見られない。阿天坊氏は眠っているように見える。

被験者: SCP-880-JP-8
撮影された行動: 収容ロッカー内に安置されている。不活性化状態。
撮影結果: 白い背景に静置された一本のSCP-880-JPが中央に写る。オブジェクトの空洞部の内部は一見黒色だが、拡大すると[編集済み]であることが確認できる。
SCP-880-JPが意思を持つ可能性を進言するか、現在検討中です。 -███研究員

被験者: SCP-883-JP影響領域-02
撮影された行動: フロント企業“サリングス・カー・パーク”の敷地内に隔離された状態。実験外なので走行車両は無く、他の生物も映っていない。
撮影結果: SCP-883-JP-A1(或いは“Mr. B███”)がアパートの一室と思われる部屋で寛いでいる。間取りや家財道具は、写真で確認できる限り、第10話において描写されている“Mr. B███”の自室と完全に同一である。

被験者: SCP-910-JP
撮影された行動: 道路標識の「一時停止」の姿を保っている。
撮影結果: SCP-910-JPの標識部分が「写真撮影禁止」を意味すると思しきマークに変形。SCP-978を含むその場の撮影機器が原因不明の動作不良を起こした。監督者が実験中止を宣言すると、SCP-910-JPは「一時停止」の姿に戻り、SCP-978及びその他の撮影機器は正常に作動するようになった。
978-910-jp.gif

被験者: SCP-942-JP(Neutralized以前)
撮影された行動: ███████の海域に浮かんでいる。不活性化状態。
撮影結果: 浮かんでいる場所などは同じだが、サン・ナゼール強襲にあたって改修される以前の姿に変化している。マストには英国海軍の軍艦旗を掲げている。
これは…実際には英国を憎んではいない、という事なのか?どう解釈すべきだろうか。 -SCPSいしづち艦長 ██中佐(当時)

被験者: SCP-965-JP-2(D965-JP-1に対応する形で出現したもの)
撮影された行動: 実験965-JP-11から3日後、特別収容室中の専用房で姿見を見ている。
撮影結果: 被写体に変化はないが、印刷が左右反転している。

被験者: SCP-1249-JP
撮影された行動: 収容ロッカー内で安置されている状態。
撮影結果: 不明な暗い室内に7名の男女が立っており、暗さのため人物を特定することはできないが、辛うじてカメラの方向へ満面の笑みを向けていることが確認できる。

被験者: 未開花のSCP-1330-JP個体
撮影された行動: 収容室内中央に安置されている。
撮影結果: 発見された植物園にて中央にSCP-1330-JP、傍にはオーナー█氏と被害者である██氏、███氏が映っている。皆一様にSCP-1330-JPを見つめ笑顔を浮かべている。

被験者: SCP-1334-JP
撮影された行動: 出現イベント発生時に地上より撮影。複数の個体を同時に被写体とすることとなった。
撮影結果: 複数の画像がコラージュ状に結合している。構成画像のほとんどは、核爆発によるキノコ雲や核戦争後のものとみられる荒廃した都市などであったが、1つのみ衛星打ち上げ用のミノタウロスロケットが離昇する画像が含まれている。


財団職員及び所有物による実験

被験者: 進藤研究員
撮影された行動: サイト-81██の食堂でオムライスを食べている。
撮影結果: 住宅の一室でオムライスを食べている。インタビューの結果、撮影された住宅の一室は進藤研究員の実家である事が判明した。
最近帰ってないしなあ… -進藤研究員

被験者: 塚原博士
撮影された行動: オブジェクト初期収容についての会議の休憩中。サイト-81██の第3中庭にて、ガーデンチェアに腰かけてコーヒーを啜っている。カメラに無関心。
撮影結果: 正装。大型の劇場らしき場所で周囲の観客と共に座席から立ち上がり、笑顔で拍手している様を正面から捉えている。

被験者: エージェント・古本
撮影された行動: ベンチに座り、カメラの方に顔を向けている。現在口内に6個の口内炎が存在しており、痛みで無表情を保っている。
撮影結果: 赤っかな麻婆豆腐の前でカメラを見るエージェント・古本。その表情は非常に爽やかな笑顔であり、口内の痛みに苦しんでいるようには見えない。周囲に数名のエージェント・古本の友人らが存在するが、その口元は糸で縫われ開かないようになっている。
口のアレは妙な噂が存在しないという願望…ですかね?多分。 -エージェント・古本

被験者: エージェント・後醍醐鏡、剣
撮影された行動: カバーストーリー用の映画撮影を行っている。
撮影結果: 後醍醐勾を中心に三人が肩を組み笑いあっている。

被験者: エージェント・後醍醐勾
撮影された行動: テレビ番組に出演し、笑顔を浮かべている。
撮影結果: 感光していた。

被験者: エージェント・後醍醐姉弟
撮影された行動: 財団施設内で行われたライブ会場で三者三様のパフォーマンスを行っている。
撮影結果: 背後にサイリウムが輝くステージ上。笑顔で手を差し伸べる後醍醐勾に対し、後醍醐鏡、剣が花束と拳銃を突きつけている。兄弟の表情は確認できない。

被験者: 奄美祈祷師
撮影された行動: 対象はSite-816Fにて、プロトコルの一環として祈りを奉げている。
撮影結果: ロケーションは何処かの遊園地であると推測される。展示されているアシカの前で笑顔を浮かべる少女と、背景にはロープウェイが写り込んでいる。

被験者: エージェント・東風浦
撮影された行動: サイト-81██併設のトレーニング場での鍛錬を終え、ベンチに座って休憩している。
撮影結果: 醤油と思わしき液体で満たされた浴槽に首まで浸かりながら、ボトルに入った醤油を飲み干している。なお、浴槽の傍には確認できるだけで数百本の空きボトルが無造作に転がっている。
運動の後は塩分が欲しくなりますね。でも流石にここまではしませんよ。まあ、少しはしてみたいですけど……。 - エージェント・東風浦

被験者: エージェント・海野 [RAISAによる削除対象記録]
撮影された行動: 休憩中に仮眠を取っている。
撮影結果: NASAの船外活動ユニットを着た人間が写っている。
諜報機関は所属のエージェントに対する隠し撮りをいかなる場合も容認しません。

被験者: 鳴蝉博士
撮影された行動: 研究室においてオブジェクトに関する書類を纏めている。この時普段鳴蝉博士と共に居るセミは肩に留まっていた。
撮影結果: 人間大のセミが収容室に入れられているのを鳴蝉博士が観察している。鳴蝉博士は表情の確認できない人物と鳴蝉博士が共に写った写真を手にしていた。肩のセミは写っていなかった。

被験者: エージェント・涼代
撮影された行動: サイト-8181の食堂においてエージェント・███とエージェント・██の三人組で食事を取っている。
撮影結果: エージェント・涼代を含む写真に写りこんだ人物が全て影になっており、エージェント・涼代の居た位置に居る影は手元の紙に赤いペンで「私は」と書いている。

被験者: AI-"神州"の開発班
撮影された行動: 三名が白衣、一名が黒のスーツを着てサイト内のラウンジで仁王立ちをしている。全員、ガイ・フォークスの仮面を装着している。
撮影結果: 開発班の四名がラウンジで仁王立ちしている点は変わらないが、その手前側に人形のような印象を与える少女が椅子に座っている。撮影結果を確認した開発班は四人とも、彼女をAI-"神州"であると述べた。

被験者: エージェント・楢屋
撮影された行動: サイト-8181の廊下を歩きながら撮影者に対してピースサインを向けている。
撮影結果: 人型オブジェクト用の標準拘束衣を着用し、両手両足を過剰に拘束している。アイマスクを着け、舌を[編集済]。また、フリルのついた少女的なドレスが引き裂かれバラバラになった状態で足元に散乱している。
あの、なんで撮影結果を教えてくれないんですか? ─エージェント・楢屋

被験者: カメラマン・甘梨
撮影された行動: 休憩室にて一眼レフに簡易的なメンテナンスを施している。顔は此方に向いている。
撮影結果: 自身のオフィスと見られる場所でSCP-978を分解し構造を調べている。後方には壁一面に風景写真や動物写真が飾られている。
そういやどうして俺を撮影実験に使ってくれないんです?撮影条件の難しいSCPオブジェクトや職員もいるはずでしょう? - カメラマン・甘梨

被験者: 紅屋教授、東研究員
撮影された行動: 紅屋教授が、実験中に負傷した東研究員を治療している。
撮影結果: 教授と東研究員が居酒屋でビールを飲んでいる。居酒屋の壁には「Safe」と書かれたSCPオブジェクトの報告書が貼り出されており、特別収容手順の項目は1~2行の簡素な内容である。
これ以上ない望みです。 ‐ 東研究員

被験者: 兎歌博士
撮影された行動: 研究室で記憶補強剤を調合している。
撮影結果: 髪が伸び、派手に染色された状態で撮影者側と反対方向を向いている。

被験者: 磯日井博士、エージェント・BBA
撮影された行動: 磯日井博士はFoundation AIがインストールされているコンピュータを背景に右手が写る状態で撮影し、エージェント・BBAはその左側に立つ。
撮影結果: 磯日井博士の右側に全体がノイズがかった全裸の女性がまとわりつき、それを引き離そうと磯日井博士が悶絶する姿が映し出される。エージェント・BBAには目立った様子は見られなかったが、磯日井博士の様子を楽しげに観察している。
具体的なFAIのイメージが無いために服装に関するデータはあまり取り入れていなかったのが裏目に出たか……それよりもまずBBAの様子が正直気に食わないが。 - 磯日井博士

被験者: エージェント・桜庭
撮影された行動: 頭を抱えて書類を読んでいる。
撮影結果: 多数の女性職員に囲まれている。どの女性職員もエージェント・桜庭に対して好意の目線を向けている様に見える。エージェント・桜庭は恍惚の表情を浮かべている。
どうして私が写っているのですか? - 堀田博士
どうして私が写っていないのですか。 - 前原博士
……えーと、あーアレですよ!前原博士は尊敬の対象であって、その、決して前原博士のことを女性として見てないとか、堀田博士の方が可愛いとかそういう訳じゃないですから! - エージェント・桜庭
追記: エージェント・桜庭は不慮の事故により全治1週間の怪我を負いました。現在サイト-81██医療棟のE-█号室で療養中です。

被験者: エージェント・五月蠅
撮影された行動: 食堂にて、██教授による講義を他の職員と共に傍聴している。
撮影結果: 「祝!セキリュティクリアランス3!」と書かれた選挙たすきのようなものを着け、ぼろ布を纏ったマネキンらしき物を右足で踏んで腕を組んでいる。背後の風景は財団の保有するシェルターの内部に酷似している。周囲には多数のマネキンの残骸らしきものが転がっている他、何かが入れられた大小様々な複数の檻が置かれているが、内部はぼやけており判別不能。

被験者: エージェント・椎名
撮影された行動: 椅子に足を組んで座っている。
撮影結果: エージェント・椎名を含めた5人の女性が写っている集合写真。5人全員が近未来的な服装をしている。
椎名さんの隣に写ってる青い髪の女性、なんだか私に似てませんか? ―萩埜学芸員
…古い友人。あんまり気にしないで。 ―エージェント・椎名

被験者: 薄氷博士
撮影された行動: サイト-81██の廊下を漂っている。
撮影結果: サイト-81██の食堂と思われる場所で、██代に見えるモンゴロイド男性が卓の前に座っている。卓の上にはサイト-81██の食堂で提供されている全ての料理が並べられており、男性はその内の1つに箸を伸ばそうとしている。

被験者: 御先稲荷
撮影された行動: 業務中。
撮影結果: 一般的なワンルーム。赤いイヤリング、男性用白衣、アイドル衣装、スーツ、巫女服、蓄音器。その他AOアイテムとして登録された物品などが映っているものの、上記以外に色彩を持つ物は存在せず、写真に写っているものの殆どは黒と白で構成されている。御先稲荷本人は蓄音器の前で後ろ向きに佇んでいる。

被験者: 黒瀬博士
撮影された行動: 食堂にて、アレルギー物質を摂食したらしく白目をむき泡を吹いて倒れ痙攣している。
撮影結果: 『異常性に侵された人間の治療分野』において表彰されている。髪が黒く、瞳の色も茶色である。

被験者: エージェント・ヤマトモ
撮影された行動: 笑いながら舌を垂らし両手でVサインをしながら地面に突っ伏した状態で昏倒している。
撮影結果: 無数の死体と破壊されたオブジェクトが積み上げられた上に座っている。
追記: 精神分析および職務適正検査の再テストが行なわれましたが問題はありませんでした。

被験者: 大和博士・ハンス清掃員・ガーデルマン清掃員・リヒトホーフェン清掃員・ハインツ清掃員
撮影された行動: それぞれの業務
撮影結果: それぞれの撮影場所で幼児が泣いているのみで、被験者の姿はなかった。大和博士のみ映らなかった。

被験者: 諸知博士
撮影された行動: 正面を向いて座り、微笑んでいる。
撮影結果: [注:写真に諸知博士は写っていません。]
978-shochi.jpeg
補遺: 全ての人物の身元が現在不明です。

被験者: 前原博士
撮影された行動: 施設の廊下で白衣姿で書類を持ち、咄嗟に片手でピースサインを出している。
撮影結果: 白衣でなく一般的なスーツ姿である以外は特に変化は見られない。

被験者: エージェント・カナヘビ
撮影された行動: 西日本統括サイトの管理者オフィスで書類仕事を行っている。
撮影結果: 未知の男性1945年に死亡が確認されているPOI、葦船龍臣がエージェント・カナヘビの位置に存在する。葦船は鼻孔に右手の親指を突っ込み、左手で左目の下瞼を押し下げ、舌を口から出した、いわゆる「あかんべえ」のポーズを、壁に掛けられた前西日本統括サイト管理者であるアンドリュー・カウフマンの写真に向けて取っている。

被験者: 三人博士、三人研究員、エージェント・三人
撮影された行動: それぞれ業務を行っている。なお同時に三人を撮影できるタイミングが無かったため、撮影は個別に行われた。
撮影結果: 三枚とも全く同じ構図で、白衣姿の人物の後姿が俯瞰視点で撮影される。被写体の後姿は三人に酷似しているが、顔を確認できない角度で撮影されているため詳細不明。被写体は封筒と「また会う日まで」と書かれた手紙のような物体を所持しており、手紙の筆跡は写真に対応する各被験者のものと一致。

被験者: エージェント・戸神
撮影された行動: サイト-L7(第7図書館)にて文献調査中。
撮影結果: エージェント・戸神は、漆黒のローブを身に付けている。足元には赤黒い染料で魔法陣が描かれ、周囲には無数のロウソクが立ち並び、背後にはヤギの頭部を持つ悪魔の彫像が立ち、壁に[削除済]でソロモン王72柱の魔神の名が書かれ、天井から[削除済]が吊るされ、本棚の影から[削除済]、窓に[削除済]
あー、一度、これぐらい本格的にやってみたいですねぇ。 - エージェント・戸神
何をだよ。 - エージェント・蒼井

被験者: 収容スペシャリスト小鈴谷
撮影された行動: 収容プロトコル見直し会議に参加している。
撮影結果: 恐らくは小鈴谷本人のものと思われる手が写真のスペースを圧迫している。そのため、手の他に映っているものは無い。

被験者: 天見補助員
撮影された行動: ██博士のオフィスで資料整理をしている。
撮影結果: ほとんどが黒い暗転で何も写り込まず。 解析により、拡大された眼孔部であることが判明。網膜照合の結果は、天見補助員とは異なる人物の眼部であることを示した。
追記: 撮影時、担当者は自身の撮影ミスと考え2枚目の写真を撮影しており、その写真には「研究衣を着た天見補助員が何らかの表彰を受けている場面」が写されていた。追加実施された撮影でも同様の場面しか写ることはなく、1枚目の再現には成功していない。

被験者: 近藤研究員
撮影された行動: 全面を過剰な水玉柄に装飾された貸与デスクの前で、設備担当者に叱責を受けている。
撮影結果: デスクは装飾の無い本来の姿であり、近藤研究員はそこに着席している。周囲を同年代の男女数人が囲み、共に談笑している。

被験者: エージェント・星原
撮影された行動: オフィスにてインスタントコーヒーを飲みながら、吹上人事官より受け取った書類の確認をしている。
撮影結果: インスタントコーヒーがクリームの乗ったキャラメルマキアートに変化しており、デスクの上には小皿に載ったココアマフィンがひとつ置かれている。また書類の文面が宮沢賢治の「よだかの星」に変化している。

被験者: 泥云隊員
撮影された行動: 昼食を食べながら、撮影者に向けて中指を立てている。
撮影結果: 顔に痣のない泥云隊員が、昔のチームメイトとテレビゲームで遊んでいる。月国隊員の状態を撮影した際も同じ結果となった。

被験者: 味 研究員
撮影された行動: 上機嫌でCD"Florence Foster Jenkins"のライナーノーツを読んでいる。
撮影結果: 舞台上の後方から満員の観客席に向けたアングルの写真。舞台上にはマジシャンの格好をした日本人と思われる白髪の男性の後姿が写っている。味研究員の姿は写真の中に確認できない。

被験者: 七町研究員補佐官
撮影された行動: サイト-81██内カフェテリア喫煙所にてコーヒーと煙草を嗜んでいる。
撮影結果: サイト-81██内カフェテリア喫煙所にて白衣を着た██代のモンゴロイド系男性と、数名の研究者が談笑している様子。モンゴロイド系男性は七町研究員補佐官の財団加入当時の姿と特徴が一致している。
申し訳ありませんが、この写真はすぐに破棄していただけませんか。 - 七町研究員補佐官
 
被験者: 宇喜田 博士
撮影された行動: サイト-8198の自室前、宇喜田博士-1と接続した状態で両手でピースサインを出している。
撮影結果: 全裸の宇喜田博士-1が、太った白髪の男性(1989年当時の宇喜田博士の証明写真に一致する外見)に殴りかかっている。男性はそれに応戦する形で、本来なら宇喜田博士-1の顎のある位置にアッパーをいれていて、宇喜田博士-1は相応の衝撃を受けているように見える。
やっぱり嫌われているのですね。しかし受け入れて欲しいものです。私たちはもはや一心同体なのですから ── 宇喜田博士

被験者: 梁野博士
撮影された行動: 女子トイレから出てきたところを長夜博士に見つかり高笑いをしながら逃げている。
撮影結果: 眼孔(眼球が喪失している)、口、鼻孔から大量に出血しながら地べたに座り、背中には無数の槍のような物が突き刺さっている。また、心臓部分に大きな穴が開いており、場所も詳細不明な鍾乳洞に置き替わっている。
別に驚くことじゃない。愛とは常に悍ましいものだよ。-梁野博士

被験者: 坂枝研究助手
撮影された行動: 食堂の片隅で午後の紅茶をストローを使って飲んでいる。
撮影結果: 泣きながら項垂れている梁野博士を黒髪長髪の女性が優しく抱きしめている。
…いけません…! これは、いけないことなんです…!-坂枝研究所助手

被験者: エージェント・許さん
撮影された行動: 食堂にてアルバイト中。財団職員に生姜焼き定食を受け渡している。
撮影結果: 道着に身を包んだ財団職員達が、敵性組織の戦闘員と乱闘を起こしている。許さんは写真中央で2本のお玉を手にし、不敵な笑みを浮かべている。
中国では食堂は一番戦場になりやすい場所ネ。ドサクサに紛れて食い逃げする奴は許さないヨ。……あっ、財団仙拳の入会者は年中無休で募集中デス!カメラマンのお兄さんもぜひ見学しに来てくだサイ! - エージェント・許さん

被験者: 因幡博士
撮影された行動: 基礎開発サイト-8178の制作室内で、75mm木槌を用いて試作ライオットシールドの鍛造を行なっている。
撮影結果: 因幡博士本人と制作室には通常の写真との差異は見られなかったが、白衣を着た身元不明の40代の女性と、ゴルフクラブを所持している10代の男子2名が博士に寄り添うようにして立っていた。

被験者: R-178
撮影された行動: O-92を着用した状態で、基礎開発サイト-8178地下の動物実験室内で活動停止中。通常のカイウサギにおける睡眠に相当する行動だと見なされている。
撮影結果: 撮影時にO-92に挿入されていた媒介ミームエージェントの画像がそのまま出力された。

被験者: 麻倉博士
撮影された行動:自室にて休息中。画角外のイァグトゥイル研究補佐に対し「地球外知性体とはかくあるべき」という身勝手な持論を長々と述べている。
撮影結果: 長時間露光で撮影された写真に類似する星空を背景に、モノクロームの荒野にうずくまる麻倉博士。背中には巨大な機械が癒着しているが、その各部には「LOCKED」「RESTRAINED」などと書かれたフラッグがついたピンが突き刺さっている。解析によって、機械の構造は恒星間航行用のバサード・ラムジェットに類似していることが確認されている。

被験者: エージェント・一条
撮影された行動: 食堂でメロンパンを食べている。
撮影結果: 木の床に置かれた1本の刀のみが写っている。一般的な日本刀と違い、刀身に黒と赤で構成された幾何学的な模様が描かれている。
補遺: 撮影された物品について、エージェント・一条は「見たことないけど、なんとなく使いやすそう」とコメントしています。

被験者: 今田研究員
撮影された行動: セクター-81██の食堂で昼食をとりながら長谷川研究員と測定の精度について議論している。
撮影結果: マントの留具などの形状と定食の付け合わせが変化している。それ以外の風景に一切の変化は見られなかった。
本来これは僕の手元にあるべきものではないからでしょうね。 - 今田研究員
マント自体は結構気に入ってるんだな。「約束だからしょうがない」とか言ってたけど - 長谷川研究員

被験者: SCP-███-JP-α
撮影された行動: セクター-81██の標準型生物収容ユニット内で休止状態に入っている。
撮影結果: 一匹の白い翅を持つ巨大な鱗翅類(Lepidoptera)が星空の下を飛んでいる。背景は歪んでいるもののセクター-81██の南棟近辺の風景と一致している。
補遺: この実験は当オブジェクトが意識ならびにエージェント・██の人格を保持しているかを調査する目的で行われた。また、撮影は日中に行われている。

被験者: エージェント・那澤和
撮影された行動: 被験者の背後上方からの撮影。被験者は休暇中であり、サイト-8181のカフェテリアの椅子でカプチーノを飲みながら、携帯端末でTwitterを閲覧している。
撮影結果: SCP-978の解像力の限界で細部が不明瞭なものの、携帯端末の画面に映っているものは、被験者が業務上調査しているGOIの関係者らの情報が記載されたものであるように見える。被験者の向かいの席には、20歳代に見える黒い長髪の女性が座っている。
補遺: 事前に被験者に許可を得て、不意に背後から撮影した。

被験者: エージェント・那澤和
撮影された行動: 撮影者の対面の椅子に座っている。撮影者に向かって微笑み、右手でピース・サインを出している。場所は那澤至博士のオフィス。
撮影結果: 有意な変化は無い。
補遺: 撮影者は那澤至博士。
なるほど……兄と遊んでいることで精神が満ち足りているのね。 - 那澤至
積極的に否定はしないけどさ、カメラの裏に回ったら撮影者が人間の見た目してるんじゃないの。いや、θ″はかっこいいけどさ。 - 那澤和

被験者: 那澤至博士
撮影された行動: 撮影者の対面の椅子に座っている。場所は被験者のオフィス。
撮影結果: 明らかに体型が痩せており、█年前の容姿に近くなっている。
補遺: 撮影者はエージェント・那澤和。
戻りたくはないんだね。 - 那澤和
戻りたくはないのよね。惜しむことはあるけど……それよりも今は痩せたい……。 - 那澤至

被験者: ギレ技能士
撮影された行動: 夏季休業中、サイト-8181大広間の一角にてボンゴの独奏を披露している。数人の研究員が手拍子や声援を送っている。
撮影結果: 夕刻のサバンナを背景として、写真手前側方向へ激しく疾走する2頭の動物が撮影されている。写真手前側の動物はトムソンガゼルに類似しているが、その頭部は驚愕したような表情を浮かべている60〜70代の白人男性のものに置換されている。写真奥側の動物はライオンに類似しており、その頭部はギレ技能士が常用している仮面で覆われている。
補遺: 複数の閲覧者から、写真手前側の動物の顔面が、+35°世界に存在する北アメリカ大陸連合共和国の大統領であるPoI-3693-0604(“サミュエル・ガーランド”)のものに酷似しているとの指摘がなされている。

被験者: エージェント・塚峰
撮影された行動: サイト-8122の給湯室にて紅茶を淹れている。
撮影結果: 暗い物置のような場所で、20代程度に見える男性と共に紅茶を飲んでいる。エージェント・塚峰は満面の笑みを浮かべている。

被験者: 濃霧院博士
撮影された行動: 研究室の椅子に座って、エージェント・塚峰から受け取った紅茶を啜っている。
撮影結果: 椅子にエージェント・塚峰と並んで座り、彼女と手を繋いでいる。両者は互いを見つめて微笑んでおり、エージェント・塚峰には外傷が見られない。
削除をお願いします。─濃霧院博士

被験者: 黒埼会計主任
撮影された行動: 焼きまんじゅうを網で焼きながら、事前配布された予算会議の資料に目を通している。
撮影結果: 私服でペストマスクを装着していない状態の黒埼会計主任が、複数人の部下と共に映画館で201█年に公開された映画『██████』を鑑賞している。観客の状態から応援上映であると推定され、黒埼会計主任も同様に大声を出して上映を楽しんでいる様子が確認された。
自分では諦めがついたものと思っていたのですが……ちょっと恥ずかしいですね。 -黒埼会計主任

被験者: 睦月研究員補佐
撮影された行動: ███研究員の資料を整理している。
撮影結果: 睦月研究員補佐の隣にいる███研究員が彼女の頭を撫でている。それに対し睦月研究員補佐はうれしそうな表情を示している。
ははは……頑張って失敗を減らさないとですね。 -睦月研究員補佐
貴方は頑張ってますよ、毎日ね。 -███研究員

被験者: 桐原美容師
撮影された行動: ██博士の頭をカットしている。
撮影結果: かつての同僚と共にエージェント業務を遂行している。桐原美容師の眼には異常な様子は見られない。
うーん……今の仕事も楽しんでやってるんですが……やはり心の中のどこかで思っているのでしょうか。また戻れる日の事を。 -桐原美容師

被験者: アイあい案内人
撮影された行動: ███博士に対してデスクトップ上に目的地への地図を映している。
撮影結果: 丘の上に位置する大樹の下で二人仲良くサンドイッチを食べている。場所を特定した所、アイあい案内人が産まれた██県に位置する███の丘である事が判明した。
懐かしいですね。あの頃はよくピクニックに行きましたっけ。 -アイ
また仲良くアイ特製のサンドイッチが食べたいのです。 -あい

被験者: 角宇野記録官
撮影された行動: 撮影者に向かって右手で控えめにピースサインをしている。少し困った様子ではあるが、笑顔を浮かべている。
撮影結果: サイト内と思われる場所に1人で立っている。画面は全体的に暗く、撮影者が懐中電灯のようなもので照らしているように見える。足元には細かく破かれた紙が散乱している。角宇野記録官は両手で持った1枚のメモを笑顔でカメラに向けている。メモには「Forget Me.」と書かれている。目元には涙の跡が見受けられる。
補遺: これらに関する記憶は既に処理済みである。

被験者: 秋津洲博士
撮影された行動: 「黒鉄の星団」の児童たちを腕に乗せてポーズを取っている。
撮影結果: [データ削除済み]。撮影者は集合恐怖症となったため記憶処理を実施。画像解析に出した結果、██大学院の教室で五月雨研究員と思しき女性がホワイトボードの前に立ち、素顔の秋津洲博士が最前列の席でノートを取っている光景が現れた。
ああよかった、ちゃんと私のも反映されていたんですね。 - 秋津洲博士

被験者: 五月雨研究員
撮影された行動: 休憩室にて真顔でお茶を飲んでいる。
撮影結果: 向かいの席に19██ごろの秋津洲博士と酷似した男性が座っている。五月雨研究員はわずかに微笑んでいる。

被験者: エージェント・██
撮影された行動: セクター-81JHの諜報員談話室の椅子に腰かけている。
撮影結果: アロハシャツを着たエージェント・██がハワイの民芸品グッズが詰まった袋を大量に持っている。隣にはエージェント・██が交際している女性が写っている。
なにこれ?新婚旅行はハワイにでもいく予定なの? ―小沢博士
籍もまだなんですけど、ハワイがいいかなーって。いや、これ恥ずかしいな。 -エージェント・██

おい、これ消しとけよ。██とかいうヤツは財団には存在しねェんだろ? -ももちパレス運転手

被験者: 土橋博士
撮影された行動: SCP-978でいわゆる「自分撮り」をしている。自然な笑顔。
撮影結果: 変化なし。

被験者: 稲森博士
撮影された行動: 研究室で、隣の██研究助手(写真には写っていない)に指示して報告書を代筆させている。起きている。
撮影結果: 研究室のデスクに突っ伏して眠っている。傍らには空になった日本酒の4合瓶が1本転がっている。

これ、博士が寝たら異常性で逆に起きるんじゃないですかね。 - ██研究助手

注記: 撮影の約1分後、稲森博士が突然居眠りを始めた。これと同時に、撮影結果に変化が現れた: 大学の教室内に██名の生徒がおり、中には稲森博士と思われる人物も確認される。全員[編集済]。稲森博士の希望により写真は破棄され、撮影者および██研究助手はクラスA記憶処理を受けた。

被験者: 空木博士
撮影された行動: 自室のオフィスで居眠りをしている。
撮影結果: 首から上が存在しない瘦せこけた裸の子供が、座敷牢のような部屋で体を撮影者のほうに向けて正座をしている。部屋の隅にはタバコの吸い殻、ドクターペッパーの空き缶と原形を留めない黒ずんだ肉塊がうずたかく積まれている。

被験者: 潮海冬真補佐
撮影された行動: 化学測定室にて勤務中、部屋全体を撮影。同室に勤務中の職員が他に4名おり、潮海補佐はそのうち1名と向き合った状態で会話している。
撮影結果: 室内の構造及び備品類に変化は無し。4名の職員は写っておらず、撮影時に各々が立っていた場所に書籍が縦1列で積み上がっている。潮海補佐は自身の目の前にある積み上げられた書籍から、1冊を抜き取ろうとしている。写真内の殆どの書籍は実在する化学関連の専門書と一致しており、日記帳もしくはスケジュール帳と思われる装丁のものが1列につき必ず1冊以上混入している。日記帳と思われる装丁のもののみ、例外なく潮海補佐が直立した時の目線から30cm以上ずれた高さに入っており、加えて潮海補佐からは小口しか見えない角度になっている。
補遺: 撮影前、潮海補佐から「ここで撮ったら私は写らないと思う」との発言があった。

いつものことだけど誤解されそうなレポに仕上がってるから、米書いとく。写ってよかった。−潮海補佐

被験者: 刈遠博士
撮影された行動: 自室の書庫の整理をしている。
撮影結果: 小学校低学年程度の子供がステレオタイプな宇宙人、幽霊、妖怪、UMAと呼ばれる物と手を繋ぐ様子が映されている。中央の子供は笑っている。

懐かしいね。昔はこんなことを夢想していたな。いや、今も対して変わらないがね。 - 刈遠博士

被験者: ステアリン酸捨亜研究員
撮影された行動: 自身が開発した機器のメンテナンス中。
撮影結果: 「財団の活動への多大なる貢献」を表彰されている。また、写真中の捨亜研究員に対する言及はミーム的異常を起こさなかった。

写真の僕には面倒なミームは付いてないみたいですね。興味深い結果です。 - 捨亜研究員


実験が行われた場合には随時こちらの記事に書き足すようお願いします。 -██博士

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。