SCP-981-JP
評価: +51+x
SCP-981-JP-2.jpg

SCP-981-JPに関する蒐集院の資料の1つ。

アイテム番号: SCP-981-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-981-JPはアクリルガラス製の収容室内に収容されます。SCP-981-JP収容室が存在する洞窟の周辺には変電施設に偽装された財団の建造物が設置され、部外者の侵入を防止します。

1日に1度、SCP-981-JP-1に定められた量の抑制剤を投与し、SCP-981-JP-1の低レベル活動状態を維持してください。投与のために収容室内に立ち入る人員は、必ず指定された防護服を身につけるようにしてください。抑制剤にはクロラゼプ酸、プラゼパム、ジアゼパム、フルニトラゼパムのいずれかを使用し、同じ薬剤を連続して投与することは避けなければなりません。また、投与の直前に最低3名以上の職員が投与に用いられる注射器の検査を行い、指定の薬剤で満たされていることを確認してください。指定外の薬剤が補充されていた場合、補充を行った担当者は確保の後隔離され、場合によっては終了されます。

SCP-981-JP-1からSCP-981-JP-2が放出された場合、SCP-981-JP-2が終了されるまで収容室内に立ち入らないようにしてください。SCP-981-JP-2を実験目的で移送する場合、移送容器は必ず非金属物質から構成されたものでなければなりません。また、実験目的でない限りSCP-981-JP-2、及びSCP-981-JP-2が分泌する粘液をヒトと接触させてはなりません。

説明: SCP-981-JPはSCP-981-JP-1とSCP-981-JP-2から構成されています。SCP-981-JP-1はサハリン島チェーホフ山の洞窟1に存在する半径約18mの半球状の生物学的実体です。SCP-981-JP-1の体表は全てなめらかな皮膚で覆われており、感覚器官や摂食器官、排泄器官等は見当たりません。SCP-981-JP-1の身体は非常に脆く、指で押した程度の力で簡単に崩壊します。しかしながら、SCP-981-JP-1は極めて高い自己再生能力を有しており、これまでに負った傷はいずれも35分以内に再生しています。この再生の過程でSCP-981-JP-1が何らかのエネルギーを消費しているようには見えず、またSCP-981-JP-1がどのようにして生命活動のためのエネルギーを得ているのかも明らかになっていません。

SCP-981-JP-1の遺伝子はヒトのものと一致することが明らかになっていますが、その体内には複数の異なる個人の遺伝子を持つ細胞が混ざり合って存在しています。財団が行った検査によると、SCP-981-JP-1内部には脳を含む人体の主要な臓器2の殆どが14組存在しており、このことからSCP-981-JP-1は14個体のヒトが異常な手段によって結合されたものであると考えられています。また、14組の臓器全ては血管系・リンパ系・末端神経系を共有しており、リンパ節はウイルス性感染症の罹患者と類似した肥大を見せています。骨格の構造は通常の人間のものとは完全に異なっており、傘の骨組みのような形に広がってSCP-981-JP-1の身体を半球状に保っています。これら多数の異常な形質にも関わらず、SCP-981-JP-1は問題なく生物的活動を維持しているように見えます。

SCP-981-JP-2はSCP-981-JP-1から放出される生物学的実体群です。その外見はヒトの大腸に類似していますが、実際には全く異なる内部構造を持つことが解剖により示されています。SCP-981-JP-2は先端部に付属した虫垂3に似た器官から成分不明の粘液を分泌することができ、この粘液はそれに触れた金属、及びヒトに対してそれぞれ異なった作用を示します。金属が粘液に触れた場合、接触した部分は未知のプロセスによって瞬時に消失します。ヒトが粘液に触れた場合、対象者はその直後に激しい腹痛を訴え、約6時間後に死亡します。この時点で対象者の大腸がSCP-981-JP-2に変化し、腹部を突き破って出現します。なお、SCP-981-JP-2は脳や筋肉に当たる組織の欠如にも関わらずヘビのような動きで自立活動することができ、何らかの手段によって周囲の金属やヒトを感知して粘液を吹きかけようとすることが確認されています。周囲に金属とヒトの両方が存在する場合、SCP-981-JP-2は金属を優先して排除しようとすることが分かっています。また、SCP-981-JP-2は自己再生能力を有しておらず、放出後3日程度で寿命を迎えます。

SCP-981-JP-1は定期的に自身の身体の一部を大きく破裂させ、そこから1~3体のSCP-981-JP-2を放出します。このイベントの発生頻度はSCP-981-JP-1の脳の活動レベルに依存しており、このためSCP-981-JP-1は常に抑制剤によって低レベル活動状態に置かれています。同じ薬物を連続して投与すると効果が薄れることが確認されているため、投与ごとに異なる種類の薬剤を用いることが義務づけられています。なお、SCP-981-JP-1は低レベル活動状態にあっても大凡1ヶ月に1度の頻度でSCP-981-JP-2放出イベントを発生させます。


 

 
 
特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。