SCP-982-JP
評価: +40+x
Radio.jpg

回収当時のSCP-982-JP

アイテム番号: SCP-982-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-982-JPは、サイト-81██にあるSafeクラス収容棟の標準収容ロッカーに、緩衝材の裏張りを施した防音ケースに入れた状態で保管されます。SCP-982-JPの意図せぬ活性化を防ぐため、SCP-982-JPの保管場所から半径40m以内には、休憩室や職員の個人オフィスは含まれないようにしてください。

SCP-982-JPの実験は、当該オブジェクトの現任の管理主任、または代理を務める上級研究員の承認を必要とします。

説明: SCP-982-JPは、1925年頃のアメリカ合衆国で製造されていた、ナショナル・エアーフォン社製サマセット・マーズ モデル-5Aバッテリー動力ラジオです。背面に微細な飾り字で“To The Memory Of Your Spirit, With All Our Love”と彫りこまれている点を除き、同型の非異常性ラジオとの差異はありません。上蓋は未知の原理で固着しており、開閉不可能です。

SCP-982-JPは回収以来一貫して、1910年代後半から1980年代後半までの、俗に“ジャズ”と呼称されるジャンルの楽曲を、アレンジを加えながら定常的に流し続けています。これらの楽曲は、曲目ごとに明確な終わりを見せることなく4日~191日間にわたって、歌唱者を交代しながら持続することが判明しています。現時点では、曲目や歌唱者の選択基準は完全に無作為であるように思われます。歌唱者は男女ともに確認されていますが、いずれも曲目本来の歌手とは異なります。音量ダイヤルの操作はSCP-982-JPの放出音声に影響を及ぼしませんでした。

半径20m未満の閉鎖空間に放置されると、SCP-982-JPは第二の異常性質を発現します。閉鎖からおよそ40分以内に、当該空間内に存在するSCP-982-JP以外の無生物および一部の動物は、流れている楽曲に合わせて自発的な運動を開始します。この効果は空間の閉鎖が解除され、より広い場所と接続されるとゆっくり逆転します。


Rocks.jpg

“ウィルバー・ロックス”、1972年

回収経緯: SCP-982-JPは1990/09/10、██県██市にて、ウィルバー・ロックスの名で生活していたアメリカ系高齢男性の自宅でポルターガイスト現象が発生しているという通報を切欠に回収されました1。発見当時、ロックス氏はSCP-982-JPに覆い被さった状態で死亡しており、遺体は異常特性の影響を受けて歌詞を呟いていました。部屋のドアが解放されてSCP-982-JPの効果が途切れると遺体は急速に腐敗したため、正確な死亡日時や死因は不明ですが、エージェントの現場調査で外傷は記録されておらず、突発的な自然死であったと考えられます。

調査によって家屋内からは大量のジャズ・ミュージック音源と、Anomalous相当の異常物品5点が発見され、またロックス氏は1959年に日本に移住する以前の記録が極めて不透明であることが明らかになりました。1970年まで██の個人経営バーにバーテンダーとして勤務していたものの、彼の経歴は ― 1905年に誕生したという主張も含めて ― ほぼ全て自称です。

“ウィルバー・ロックス”の真の素性に関する調査が進行中です。





 


 

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。