SCP-989-JP
評価: +63+x
Bocian_czarnodzioby_Ciconia_boyciana_RB7.jpg

収容中のSCP-989-JP個体

アイテム番号: SCP-989-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: オブジェクトの特性上SCP-989-JPの収容方法は未だに確立されていません。しかし、財団とSCP-989-JP間での協議により、SCP-989-JPは20██年█月まで全ての活動を停止し財団の収容下に置かれることを承諾、SCP-989-JP自ら収容施設内に留まらせる試みに成功しています。

現在サイト-81██の大型鳥類収容檻内に1羽のSCP-989-JPがGPSを取り付けられた状態で収容されています。SCP-989-JPは代謝を行わないため、給餌や檻内の清掃は必要ありません。SCP-989-JPの収容違反を防ぐことは現時点では不可能であるため、監視や施錠等は外部からの侵入を防ぐ事に重点を置いて行ってください。

SCP-989-JPが理性的な判断が可能な状態を保っているか、また財団に対し不信感・疑心感を抱いていないか、1日1度カウンセリングによる調査を行ってください。

SCP-989-JPが財団との取り決めに違反していない事を確認するため、日本国内でSCP-989-JPによる活動が行われていないか監視を行ってください。特に、性的内容を主体とした書籍や性的使用を目的とした物品の大規模、かつ広範囲の盗難が発生した場合、事件の調査とともに収容中のSCP-989-JPに対する尋問を行ってください。

SCP-989-JPに対する実験やインタビューを行う際は、SCP-989-JP研究責任者による許可を得た後に行ってください。現在の研究責任者は根本博士です。

説明: SCP-989-JPは日本国内に出現する異常性を持ったコウノトリ(Ciconia boyciana)の群れの総称です。SCP-989-JP個体は食事や睡眠が必要ないことを除き、通常のコウノトリと身体的特徴において異なる点はありません。SCP-989-JPは集団内で一つの意識を共有しており、また声帯が存在しないのにも関わらず未知の方法で日本語を用いて会話を行うことが可能です。

SCP-989-JP個体は日本の排他的経済水域以内の範囲において、任意の地点への出現と消失、SCP-989-JP個体数の増加・減少を行うことが可能です。このとき追加で出現するSCP-989-JP個体は完全な別個体であり、体長・性別の違いが存在します。SCP-989-JPを日本の排他的経済水域外へ連れ出そうと試みた場合、公海へ侵入を行った時点でSCP-989-JPは瞬時に消失します。出現・消失の際、SCP-989-JPは自身の保有する物品や身体に取り付けられた物品を任意に自身とともに移動させることが可能です。

SCP-989-JPの個体数は常に増減を繰り返しており、その正確な数を把握することは困難です。SCP-989-JPの協力の元に行われた財団保有土地内での実験では、最大約3,000,000羽のSCP-989-JP個体が確認されました。SCP-989-JPはこれが自身の最大個体数であると主張していますがその真偽は不明です。

SCP-989-JPは自身の持つ異常性を「コウノトリが赤ん坊を運んでくる」という、ドイツの言い伝えを元とした一般的に広く知られている迷信を日本国内から消滅させる目的にのみ使用します。

現在までに確認されている、SCP-989-JPが目的達成のために使用した手段は以下の通りです。

●単独、もしくは少人数で存在する児童を狙ったゲリラ的な性教育。
 (その際、SCP-989-JP同士による人間の体位を模した性行為の実演と解説が行われる事が確認されています)

●幼稚園・保育園・小学校などを占拠しての児童に対する強制的な性教育
 (上記と同様)

●通学路や交通機関を狙った大規模なSCP-989-JPによる「正しい性行為の方法」や「妊娠から出産までの過程」を主題とした歌の合唱。

●街中における性的使用を目的とした娯楽品、および性的内容を主体とした書籍の無差別な散布

●未成年の人間が存在する教育機関・住居内への性的目的で使用される物品の投入

●人通りの多い場所を狙っての「児童に幼少期から、正しい性教育を行うべき」といった内容の演説

●上記と同内容のビラの無差別な散布
 (児童を対象したビラの散布の際、菓子や玩具が共に散布された)

●上記と同内容の無差別な落書き

●テレビ局・新聞社などの報道機関に対する取材活動への協力を約束した上での、自身の主張の放送・掲載の要求、または脅迫

●議員などの政治関係者に対する政治活動への協力を約束した上での、性教育の促進や性的な物事に関する法律・条例の施行・緩和の要求、または脅迫

●「コウノトリの迷信」が内容に含まれる書籍・娯楽作品の回収、および日本国内の排他的経済水域への遺棄

いずれの手段を用いる場合も、SCP-989-JPは「コウノトリが赤ん坊を運んでくるという迷信は嘘である」といった内容の主張を繰り返し行います。

これらの行動に使用される物品は、全て日本国内から盗難されたものであり、SCP-989-JP自身もそれらの物品が自身が盗み出したものであることを認めています。盗難された物品及び交通機能の停止・落書き等の清掃作業・多数の一般市民への記憶処理など、現在までにSCP-989-JPによってもたらされた被害総額は約█億5000万円です。

SCP-989-JPが「コウノトリの迷信」を消滅させる理由として、SCP-989-JPは「この地を呪いから解放するため」または「我々自身を救うため」と答えています。

当初、財団はSCP-989-JPの収容を計画しましたが、SCP-989-JPの持つ日本国内であれば自由に出現・消失する特性、および日本各地で発生したSCP-989-JPの性教育活動に対する対応に追われ適切な収容手順の確立を行うことができませんでした。しかし、最初にSCP-989-JPの活動が確認されてから10日後、今まで会話に応じなかったSCP-989-JPが、SCP-989-JPの収容方法確立のため現地調査を行っていた根本博士との会話に応じました。その後のSCP-989-JPと根本博士の協議の結果、20██年█月までに日本国内からの「コウノトリの迷信」の完全な消滅・もしくはその手段を確立させることを条件にSCP-989-JPは活動の停止および財団の監視下に置かれることに承諾しました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。