SCP-990
評価: +12+x
scp990.jpg

SCP-990の予言を表した絵画

アイテム番号: SCP-990

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 現在、SCP-990を封じ込める方法は見つかっておりません。SCP-990の封じ込め方を思いついた職員は██████████博士に報告してください。誰でもどんな提案でも歓迎します。

説明: SCP-990は通常、冷戦時代のビジネススーツを着た成人男性の見た目をしていて財団職員の夢を通じて現れます。これまで財団職員はSCP-990と現実世界で接触できていません(もし彼が実在する人物だとしても、我々はまだ彼を見つけていない)。現在、財団職員以外の人物の夢にSCP-990が現れるとの報告はあがっていません。

SCP-990は[削除済]から財団職員の夢に登場し始めています。複数のエージェントが似たような夢を見たとの報告が出されSCP-990の存在が確認されました。多くの他のエージェントでもSCP-990の特徴と同じ夢が報告されています。事案-990-07の発生まで正式にクラスは格付けされませんでした。

事案記録990-07:

エージェント██████は勤務時間までに出勤せず。すぐに自身の部屋で寝ているところを発見。何をしても起きることはなく18時間眠り続ける。医療隔離室へと搬送。

40時間の睡眠後、非常に動揺した状態で起床する。報告によるとエージェントは「世界の終わりだ」と大声で叫び施設を走り去る。鎮静後、エージェントのすべての身体機能は危険な状態になる(心拍数の増加、高血圧など)。

エージェントはSCP-990の特徴と一致した男性を証言。██████████博士の報告によると中央ヨーロッパと東アジアに戦術核ミサイルが打ち込まれ人類の98%が死に絶え、最終的に人間社会は崩壊する様子を事細かに説明。この情報はエージェントの夢のなかでSCP-990が教えてくれたものだと主張。

きっかけとなりうる脅威と関連した事件に対処するため機動部隊██-█を派遣。部隊██-█は対処に成功し危機は避けられる。しかし、エージェント██████は心労に耐え切れずショック死する。

事案-990-07以降、SCP-990は多くの財団職員の夢に現れ同様の事案を発生させています。まだ事案-990-07と同規模の事案は発生していません(しかし、SCP-990は████博士、██████博士、████博士の死亡と監視室Ε-38の崩壊、[削除済]を予知)。規模の大きさにかかわらずSCP-990が予言する脅威はすべて財団当局に報告してください。

SCP-990が夢に現れたら、情報を得るために会話をしてください。加えてSCP-990が現実世界に存在するものなのか否か判明できた者には██████████博士から報酬を与えられます。

文書990-02:
以下は██████████博士がSCP-990と接触した時の会話を記したものです。██████████博士が起床するまで記録はしていないが、彼の記憶が非常に正確なので信頼出来ます。

██████████博士: あなたの名前は。

SCP-990: 君は私に質問しに来たのかな?

██████████博士: その通り。

SCP-990: そうか、では楽しもうか。

██████████博士: あなたの名前を教えてくれ。

SCP-990: トニーなんてのはどうだい?

██████████博士: トニー?あなたの名前はトニーというのか?

SCP-990: 人には自分が呼ばれたい名前を名乗る権利があると思うよ。

██████████博士: わかった、トニーと呼ぼう。

SCP-990: うむ、気が変わった。リチャードはどうかな?

██████████博士: わたしは良いと思う。

SCP-990: リチャードにしよう。それで次の質問はなにかな?

██████████博士: なぜあなたは財団職員に脅威を与えるんだ?

SCP-990: 脅威?誰か怯えているのかい?

██████████博士: あなたは世界の崩壊や財団に関して多くの不吉のことを予言しているね。

SCP-990: それで誰か傷ついたのかい?

██████████博士: あなたはエージェント██████を殺している。

SCP-990: [長い沈黙後]博士、君は私のことを誤解しているよ。

██████████博士: 誤解?

SCP-990: 私はここでは悪い人間じゃない。

██████████博士: わたしもあなたを"悪い人間"とは思っていない。

SCP-990: お、あそこにいるのは。

██████████博士: 誰か居るのか?

SCP-990: [また長い沈黙後]SCP██████████。

██████████博士: 何度見てもあそこにはSCPなんていないぞ。

SCP-990: ああ、もちろんいない。彼女はまだ生まれてないからね、だから君の財団は確認できないさ。

██████████博士: それは予言か?

SCP-990: 君の目覚まし時計の音だね。

この時██████████博士は時計のアラームに起こされ、すぐにインタビューについて書き起こしました。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。