SCP-991-JP
評価: +14+x
UNKNOWN-991.jpg

SCP-991-JPとの戦闘が行われた下水道(修復前)

アイテム番号: SCP-991-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: トイレでの突然死または不審死の情報が傍受された段階で、機動部隊お-0("代弁者")が現場に急行して潜入します。死因がSCP-991-JPによるものだった場合は隠ぺい処理を実施した後、自治体全域の下水道に対して監視装置とセンサー付きの爆薬を設置し、武装したドローンを巡回させ、可能な限りSCP-991-JPの駆逐に努めます。戦闘で破損した下水道の修復も、機動部隊お-0が行います。

しかしながらSCP-991-JP、特に大型の個体は著しい適応力と学習能力を示し、上記の体制をもってしても完璧な殲滅は達成できていません。戦闘記録を元にした分析によれば、現在のSCP-991-JPは常に棲息地から半径約15 km圏内にある水道管の構造を熟知し、近隣の個体同士で連携して逃走経路を構築する事ができると見られています。これまでに、推定堆積10 m^3超の個体が3例、ドローンを破壊して逃亡に成功しています。

SCP-991-JPの能力は明らかに向上し続けており、可及的速やかに野生の個体を根絶する事こそが、SCP-991-JPに対して最も優先すべきプロトコルとなります。ドローン等の対SCP-991-JP兵器については、今後も改良のための研究を続けていかなければなりません。

説明: SCP-991-JPは海綿動物の一種と見られており、下水道を定住地としています。体色は黄土色か黒みがかった茶色で、普段は決まった形を持たず、半固形物の塊のように見えます。通常時におけるSCP-991-JPの身体は柔らかく、人間が手で多少強い力を加えるだけで簡単に崩れます。しかしSCP-991-JPは海綿と同じように、水中で分解されても元に戻る性質を持ちます。水と共にミキサーでかき混ぜられ、濁った液体のような状態となっても、SCP-991-JPは時間が経てば再び固まります。

SCP-991-JP周辺の下水に対する成分分析等により、SCP-991-JPは下水に含まれるどのような化学物質も、その毒性にかかわらず個体維持と活動のエネルギーに変換できると考えられています。更にSCP-991-JPは下水道に充満するガスを推進力として利用し、水の内外でも等しく、最大時速40 km程度(人間が走る速さの2倍程度)で滑るように移動し(泳ぎ)ます。SCP-991-JPの殺害には火が最も有効です。可燃性が高く、非常に良く燃えます。

SCP-991-JPの新たな個体は、大型の個体が身体の一部およそ150 gを切り離すことで誕生します。新生したSCP-991-JPは水道管を移動し、人のいる建物の水洗トイレへと正確に辿り着き、封水トラップ(便器の水溜り部分)の死角に隠れます。

そうしてSCP-991-JPが潜んだトイレを使用した人間が、SCP-991-JPの被害者となります。被害者がしゃがんだ時、SCP-991-JPは先の尖った棒状の姿に変化すると共に、その身体を硬化させます。この時SCP-991-JPのモース硬度は10を記録し、更にビッカース硬度の試験に失敗した事からダイヤモンド以上の硬さを持つことが推測されていますが、依然として良く燃えます。

棒状に硬化したSCP-991-JPは体内で圧縮していたガスを破裂させ、被害者の肛門めがけて自身を撃ち出します。突入に成功したSCP-991-JPは回転しながら被害者の体内を破壊しつつ上昇し、10秒以内に、被害者の肛門から脳までを直通する管状の空間が形成されます。

被害者の脳に突き刺さるとSCP-991-JPの上昇は止まりますが、回転は続きます。そして未解明のプロセスにより、被害者の脳細胞は徐々にSCP-991-JPの細胞へと変異していきます。20分前後で、被害者の脳はSCP-991-JPに置換されます。脳の体積を得たSCP-991-JPは全身を軟化させ、被害者の頭部に約12 gの一部分だけを残して、前述の肛門へ至る直通経路を通り、上昇時と同じ勢いで下降し、やがて便器の中へと噴射されていきます。

最後に、脳に残されたSCP-991-JPの破片が特定パターンの電流を被害者へ流すと、被害者の身体はトイレを流してから活動を停止します。この工程により、SCP-991-JPはここまでの行動でいかに消耗していたとしても、安全に下水道へと戻る事ができます。そしてSCP-991-JPは下水道のどこかに留まるか、既に留まっている個体に同化していき、いずれは新たなSCP-991-JPの生産者となります。

「子」を作るようになった個体についてはその能力以外に、自身の一部を突起物に変えて射出する行動も確認されています。かつてSCP-991-JPの捜索を人手によって行っていたころ、長さ3 mほどもある巨大な「槍」で機動部隊の隊員がヘルメットを貫かれ、脳を奪われたという報告が残っています。この時彼らが遭遇したSCP-991-JPの大きさは、報告に基づくならば推定体積24 m^3(普通自動車と同程度)かそれ以上と見られますが、それ程までに巨大な個体が正式に確認された事はまだありません。SCP-991-JPの個体がどこまで大きくなるのかは分かっていません。

被害状況の調査を重ねていく中で、新たな情報として、SCP-991-JPに脳を置換されつつある被害者はしばしば喋りだし、会話をするという事が判明しています。記録されている言動の多くに、当人と矛盾する発言が見られます。例えばアパート暮らしをしている被害者が「2階の書斎から新聞を取ってきてくれ」と頼んできたり、他の例では、母親が存命にもかかわらず「そろそろお母さんのお墓参りに行かなくちゃ」と話す等の証言が得られています。

特に指定がない限り、このサイトのすべてのコンテンツはクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承3.0ライセンス の元で利用可能です。